124件中 21 - 30件表示
  • 恒心

    恒心から見た酸性雨酸性雨

    中華人民共和国で環境破壊が深刻化し、特に2010年代に入ってから様々な問題が露呈している。日本では平成期になり三重県四日市市の四日市ぜんそくや首都圏の光化学スモッグなどの大気汚染による公害病被害が沈静化した。しかし中華人民共和国の首都である北京市などで北京咳が発生して、自動車の排気ガスや工場から排出される汚染物質によって大気汚染が深刻化した。その結果、PM2.5(浮遊粒子状物質)が日本列島にも飛来した。酸性雨や中国由来の海洋汚染の問題、内モンゴルの砂漠化で黄砂に含まれる汚染物質の日本列島への飛来が増大するなどが、日本を含む東アジア・東南アジアの周辺各国の環境にも影響を及ぼしている。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • 持続可能な開発のための文化

    持続可能な開発のための文化から見た酸性雨酸性雨

    保護のみであれば国家主義・大きな政府が有効に思えるが(保護名目での強制強要は許されない)、社会主義の中国ですら市場経済を導入したことで格差は広がっており、例えば北京の都市化により昔ながらの路地胡同が失われ、深刻な大気汚染は酸性雨をもたらし歴史的建造物を危機に晒し、経済発展に伴い伝統的な生活様式も忘れられつつある。持続可能な開発のための文化 フレッシュアイペディアより)

  • フィンランドの地理

    フィンランドの地理から見た酸性雨酸性雨

    環境問題としては製造業と発電所の大気汚染による酸性雨、工業水、農薬による水質汚濁、生息地の喪失による野生動物の減少の危機などがあげられる。これらの環境問題に対し、さまざまな条約を他国と結んでおり、残留性有機汚染物質に関する条約を結んでおり、京都議定書にも調印し、2002年に批准した。フィンランドの地理 フレッシュアイペディアより)

  • 排出取引

    排出取引から見た酸性雨酸性雨

    1990年代前半から、アメリカ合衆国で硫黄酸化物の排出証取引が行われた(国内排出証取引制度)。大気汚染や酸性雨の原因となる硫黄酸化物 (SOx) に排出枠を定めたうえで、排出枠を下回った者がその削減分に付加価値をつけて排出枠を上回った者と取引するもので、硫黄酸化物の排出量の削減に大きく貢献したと見られている。排出取引 フレッシュアイペディアより)

  • 檜洞丸

    檜洞丸から見た酸性雨酸性雨

    この森林衰退の要因の一つとして考えられているのが、首都圏から風に乗って流れてくる大気汚染物質、およびそれ由来の酸性雨・酸性霧である。檜洞丸 フレッシュアイペディアより)

  • タイドプール

    タイドプールから見た酸性雨酸性雨

    それより上の位置のタイドプールは、日射や降水により、水温や溶存酸素量、塩分濃度、pH(海水は約8程度で弱アルカリ性、雨水は5.6以下で弱酸性、)が短時間で変化する。一般に気温が高いときほど、塩分濃度が高くなり、溶存酸素量は低くなる。酸性雨が降ればpHが低下する。特に規模の小さなものほどそれらの乱高下する過酷な環境である。タイドプールの生物にはこれらに対する耐性が要求されるため、一般に大きなタイドプールの方が、生物相が大きさの差以上に豊富である。しかし、そのために外洋には生息しない潮間帯独自の生物も多い。タイドプール フレッシュアイペディアより)

  • フライブルク・イム・ブライスガウ

    フライブルク・イム・ブライスガウから見た酸性雨酸性雨

    フライブルクの主な環境政策は、廃棄物・リサイクル政策、自然エネルギー政策、交通政策、都市計画・景観政策などである。きっかけは1970年代に酸性雨によってシュヴァルツヴァルトが枯死の危機に瀕し、なおかつ近郊のヴィールに原子力発電所を建設する計画が持ち上がり、原発反対運動が起きたのがきっかけであった。1975年にフライブルクに設立されたBUND(ドイツ環境自然保護連盟)などが中心となって、フライブルクはシュヴァルツヴァルトを守るために、エネルギーでは脱原発・自然エネルギー推進をとり、大気汚染対策として自動車依存からの脱却と公共交通・自転車の強化を採用した。自然エネルギーでは太陽光発電の普及を中心にしている。交通面では都心への自動車乗り入れを制限し、以前より走っている路面電車 (LRT) を強化すべく、郊外部への延伸工事を行い、パークアンドライドを整備するなどの諸政策をとった。また、旧フランス軍駐留地である市南部のヴォバーン (Vauban) 地区では、フォーラム・ヴォバーンというNPOの活動により、エコロジーを重視した団地が造成されている。フライブルク・イム・ブライスガウ フレッシュアイペディアより)

  • 創造性の育成塾

    創造性の育成塾から見た酸性雨酸性雨

    「雨」についての研究には、雨の降り方、降水量、雨滴の大きさ、pH、酸性雨など、さまざまなテーマが考えられます。あなたなら、どのような研究をしますか。あなたが独自に考えた観測装置や観測方法と、観測計画について説明してください。創造性の育成塾 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本和彦 (環境化学者)

    坂本和彦 (環境化学者)から見た酸性雨酸性雨

    専門分野は環境化学(大気汚染、酸性雨、地球温暖化の制御)、エアロゾル科学(エアロゾル計測や除去)、環境制御工学。光化学スモッグや酸性雨の発現機構解明と汚染制御手法の開発、黄砂と硫黄酸化物の反応、石炭クリーン燃料化、循環型汚染制御技術の開発、光触媒等による空気浄化を研究。坂本和彦 (環境化学者) フレッシュアイペディアより)

  • 三酸化硫黄

    三酸化硫黄から見た酸性雨酸性雨

    三酸化硫黄(さんさんかいおう、)は、硫黄の酸化物で、化学式 SO3 で表される。無水硫酸とも呼ばれ、水に溶かすと硫酸となるため大量に工業生産されている。酸性雨の原因物質の1つであり、日本では大気汚染防止法により特定物質に指定されている。三酸化硫黄 フレッシュアイペディアより)

124件中 21 - 30件表示

「酸性雨」のニューストピックワード