103件中 21 - 30件表示
  • 地球環境局

    地球環境局から見た酸性雨酸性雨

    地球環境局(ちきゅうかんきょうきょく)は、日本の環境省の内部部局の一つ。地球温暖化防止、オゾン層・酸性雨・黄砂対策、海洋環境の保全、森林・砂漠化対策、南極地域の環境保護等の地球環境保全に関する政策及び国際機関・海外諸国との調整や開発途上地域に対する環境協力等の環境省に関する国際的な事務をおこなっている。地球環境局 フレッシュアイペディアより)

  • カナダとアメリカ合衆国の関係

    カナダとアメリカ合衆国の関係から見た酸性雨酸性雨

    両国政府はほぼ毎年国境を越えた大気汚染に関しても協議している。1991年大気質協定では、両国が酸性雨の管理計画で協調し実行することで少なからぬ前進があり、2000年には地表面のオゾンについても付属書に調印した。これらの動きにも拘わらず国境を越えた大気汚染の問題は、特に夏季の五大湖からセントローレンス川流域で残っている。国境を越えた大気汚染の主たる排出源は石炭焚き火力発電所であり、その大半はアメリカ合衆国中西部内に位置している。カナダとアメリカ合衆国の関係 フレッシュアイペディアより)

  • 炭酸

    炭酸から見た酸性雨酸性雨

    大気中の二酸化炭素 (0.033 %) が溶け込んだ水の pH は 5.6 である。通常の雨水は二酸化炭素で飽和状態になってはいないため、大気汚染物質がなければその pH は 6 前後である。これは二酸化硫黄などの工業廃棄物によって雨水の pH が激しく低下する酸性雨現象とは異なる。しかし、雨の酸性度はチョークや石灰岩などの炭酸塩鉱物に関する重要な地質学的問題である。岩石に含まれる炭酸カルシウムと炭酸水素カルシウムの間には、以下のような溶液中での平衡が成り立っている。炭酸 フレッシュアイペディアより)

  • メルキア

    メルキアから見た酸性雨酸性雨

    しかし、惑星自体は破壊を免れこそしたものの、バララント艦隊による爆撃によって、地表は放射能などによる汚染が進み、大気中の汚染も深刻で、雨は酸を含むようなものとなっていった。メルキア フレッシュアイペディアより)

  • カワマス

    カワマスから見た酸性雨酸性雨

    カワマスは澄んでいて冷涼でpH範囲の安定した湖、川、流れ込みを好み、低酸素、汚染及び酸性雨などの環境の影響をうけたpHの変化に敏感である。食生活は完全な動物食性だが多様で、甲殻類、カエル及び他の両生類、昆虫、軟体動物、小型の魚類、ハタネズミのような哺乳類、ミミズなどに渡る。天敵は鳥類であり、またヤツメウナギからの吸血の被害を受ける。自然環境下においては、4-5年を超えて生存することは稀である。カワマス フレッシュアイペディアより)

  • バンカー・パレス・ホテル

    バンカー・パレス・ホテルから見た酸性雨酸性雨

    空から容赦なく酸性雨が降り続け、政府軍と反乱軍の戦いが続く世紀末。戦いは終局を迎えようとしていた。政府が壊滅寸前になる事を予知していたのか、大統領は政府高官達に招集をかける。政府高官達は荒れ果てた地上から地下の避難壕「バンカー・パレス・ホテル」へと避難するが、そこで彼らを出迎えたのはホテルに従事するアンドロイド達だった。アンドロイドの従業員達に迎えられ、ディナーをとる高官たち。ところがその場には反乱軍のスパイや高官に変装したスパイが潜入していたのだ。閉ざされた空間の中で高官達は次第に誰が敵なのかを見失い、混乱に陥っていく。さらには絶対安全のバンカー・パレスの壁まで崩れ始め、殺し合いを始める高官達。地上への道を求め決死の脱出劇が図られるが、脱出することのできた地上で見たものはアンドロイド達によって占拠されてしまった地上の世界だった。バンカー・パレス・ホテル フレッシュアイペディアより)

  • フィンランドの地理

    フィンランドの地理から見た酸性雨酸性雨

    環境問題としては製造業と発電所の大気汚染による酸性雨、工業水、農薬による水質汚濁、生息地の喪失による野生動物の減少の危機などがあげられる。これらの環境問題に対し、さまざまな条約を他国と結んでおり、残留性有機汚染物質に関する条約を結んでおり、京都議定書にも調印し、2002年に批准した。フィンランドの地理 フレッシュアイペディアより)

  • 水質汚濁

    水質汚濁から見た酸性雨酸性雨

    酸性雨など、降水や霧が大気中の物質を溶解(湿性沈着)し、高濃度の汚染物質を含んでいても、やはり水質汚濁とはいわない。水質汚濁 フレッシュアイペディアより)

  • 石弘之

    石弘之から見た酸性雨酸性雨

    酸性雨』(岩波新書、1992)石弘之 フレッシュアイペディアより)

  • ケネス・ヘア

    ケネス・ヘアから見た酸性雨酸性雨

    ヘアが研究上の関心を寄せていた主題には、大気中の二酸化炭素、気候変動、旱魃、砂漠気候などがあった。ヘアは自然環境の保護を強く主張した人物であり、酸性雨、砂漠化、重金属、原子炉(および放射性廃棄物)、オゾン、温室効果ガス、気候変動などに関する様々な委員会等に関わった。カナダ原子力公社の研究開発助言パネル (the Research and Development Advisory Panel ) にも加わっており、スウェーデンやフランスにおける放射性廃棄物処理についての研究にも取り組んだ。ケネス・ヘア フレッシュアイペディアより)

103件中 21 - 30件表示