124件中 31 - 40件表示
  • 地球環境ファシリティ

    地球環境ファシリティから見た酸性雨酸性雨

    中国北西部の砂漠化に関する取組みは主にNGO及び民間セクターによって進められ、国境を越える黄砂及び酸性雨等についてはGEFが直接的に関与することになり、2003年1月、アジア太平洋経済社会委員会(UNESCAP)、砂漠化対処条約事務局(UNCCD)、UNEP及びアジア開発銀行(ADB)からなる4国際機関と日本、中国、韓国、モンゴルの4カ国による「ADB-GEF黄砂対策プロジェクト」を発足した。地球環境ファシリティ フレッシュアイペディアより)

  • 過塩素酸アンモニウム

    過塩素酸アンモニウムから見た酸性雨酸性雨

    燃焼生成物には有毒で発癌性がありオゾン層を破壊し、酸性雨や地球温暖化の原因になる塩素化合物が含まれる。過塩素酸アンモニウム フレッシュアイペディアより)

  • 有機硫黄化合物

    有機硫黄化合物から見た酸性雨酸性雨

    また、天然ガスを一般用途に利用する際や、煙突や排気口から排気を行う前に除去しておくべき、臭気を持った不純物として認識される。後者については、有機硫黄化合物は酸性雨の原因となる硫黄酸化物の元となり、化石燃料、特に石炭を使用する場合に最も頻繁に見られる汚染物質であるとされている。有機硫黄化合物 フレッシュアイペディアより)

  • 窒素酸化物

    窒素酸化物から見た酸性雨酸性雨

    窒素酸化物は硫黄酸化物とならび酸性雨(酸性降下物)粒子状物質の原因物質で、硫黄酸化物は脱硫装置により液体の化石燃料由来の発生抑制させる事が可能であるが、燃焼(高温との接触)で生成される窒素酸化物の生成抑制は困難である。生成された窒素酸化物は降雨や霧(湿性沈着)や粒子状物質の降下(乾性降下)などにより地上に沈着し森林生態系に蓄積されると共に、森林への蓄積量が飽和量を超えると流下する水の硝酸イオン濃度を上昇させる。窒素酸化物 フレッシュアイペディアより)

  • ソーラーカー

    ソーラーカーから見た酸性雨酸性雨

    1982年にQuiet Achieverによるオーストラリア大陸の横断に成功したHans Thostrupは1987年にワールド・ソーラー・チャレンジを開催する。以後このレースは世界中のソーラーカーレースの最高峰として注目を集め、最先端の技術が導入され、各国のチームがしのぎを削る舞台へと発展し、現在に至る。近年では地球温暖化や酸性雨、大気汚染等で環境問題への関心が高まり、太陽光は豊富だが、それまでは開催されなかった南アフリカやチリ等でも開催されるようになり、ソーラーカーレースの開催地も徐々に増えつつある。一方、日本国内でのレースの開催状況は1990年代に一時的に関心が高まり、各地でレースが開催され大学や高校を含む参加者により盛り上がりを見せたが、ソーラーカー フレッシュアイペディアより)

  • 装甲騎兵ボトムズ Case;IRVINE

    装甲騎兵ボトムズ Case;IRVINEから見た酸性雨酸性雨

    アービン達が住む「鉄の街」はテレビシリーズに登場するウド市に酷似しており、時系列的にもテレビシリーズと同じ第3次銀河大戦=百年戦争終了後(休戦中)である。巨大な宇宙船が地表に突き刺さったまま放置され、重度の環境破壊により高濃度の赤い酸性雨が降り、普通の植物は屋外で生育できない状態と思われる。一部の富裕層は汚染されたこの惑星(名称不明であるがギルガメス星系らしい)を見限り、より環境の良い惑星に移住している。アービンとシラフがバトリングに携わったのも移住するための資金を稼ぐのが目的だった。装甲騎兵ボトムズ Case;IRVINE フレッシュアイペディアより)

  • ゴジラアイランド

    ゴジラアイランドから見た酸性雨酸性雨

    ゴジラアイランドの片隅にある「ゴラス火山」。そしてその近くにあるモスラのどうくつでは、成虫モスラの死期が迫っていた。成虫モスラは幼虫モスラに遺言を伝えていた。「愛されるより愛すること」「困難から逃げないこと」。トレマはそんなモスラの姿を見て、自分の母親を思い出す。その時、突如としてゴジラアイランドに隕石が落下してくる。隕石は島の下水処理施設を破壊するが、近くにあった「化学プラント工場」は破壊を免れる。隕石を送り込んだのはザグレスではないかと疑うトレマ。更にザグレスは、出前持ちや占い師に変装し、基地に盗聴器を設置し、化学プラント工場を爆破する。工場から立ち上った有毒物質を謎の隕石が拡大させ、島中を化学物質が席巻。酸性雨や窒素酸化物の影響で怪獣たちがバタバタ倒れてしまう。しかしトレマはザグレスの裏をかき、中和剤を放射させる事に成功する。これにて有毒物質の浄化は成功するが、隕石からは公害怪獣ヘドラが誕生する。ザグレスの目的はヘドラを成長させる事だった。ゴジラ以下の怪獣たちは有毒物質で身動きがとれず、ヘドラは唯一残るモスラを狙った。モスラは接近したヘドラを迎え撃つが、逆にヘドラの光線に撃墜されてしまう。パンナトルテのビーム砲もヘドラには効かず、ゴジラが助けに入るが、有毒物質の影響で満足に戦えない。幼虫を守ろうとした成虫モスラは、ヘドラを火口へ放り込むべく、単身ヘドラを掴みゴラス火山まで空輸した。モスラはヘドラを放り込むと逃げ出そうとするが、その時火山が大爆発。成虫は爆発に巻き込まれてしまう。ゴジラアイランド フレッシュアイペディアより)

  • 亜硫酸

    亜硫酸から見た酸性雨酸性雨

    亜硫酸(ありゅうさん、sulfurous acid)は、化学式 H2SO3 で表される硫黄のオキソ酸で、二酸化硫黄の水溶液中に存在するとされる酸である。分子量 82 。酸性雨に含まれる物質の1つである。亜硫酸 フレッシュアイペディアより)

  • 炭酸

    炭酸から見た酸性雨酸性雨

    大気中の二酸化炭素 (0.033 %) が溶け込んだ水の pH は 5.6 である。通常の雨水は二酸化炭素で飽和状態になってはいないため、大気汚染物質がなければその pH は 6 前後である。これは二酸化硫黄などの工業廃棄物によって雨水の pH が激しく低下する酸性雨現象とは異なる。しかし、雨の酸性度はチョークや石灰岩などの炭酸塩鉱物に関する重要な地質学的問題である。岩石に含まれる炭酸カルシウムと炭酸水素カルシウムの間には、以下のような溶液中での平衡が成り立っている。炭酸 フレッシュアイペディアより)

  • ポルチーニ

    ポルチーニから見た酸性雨酸性雨

    ヨーロッパでは20世紀後半に酸性雨などの環境破壊によって森林の衰退が進み、菌根菌の発生量が減少した。そのことが大いに影響し、21世紀においては、中国にて収獲されるポルチーニ(ヤマドリタケ(美味牛肝菌)の近縁種ムラサキヤマドリタケ)が多く世界に流通している。狭義のポルチーニであるヤマドリタケは、亜高山帯の針葉樹林のほかではほとんど見られない。ポルチーニ フレッシュアイペディアより)

124件中 31 - 40件表示

「酸性雨」のニューストピックワード