124件中 51 - 60件表示
  • 銃器の安全な取り扱い

    銃器の安全な取り扱いから見た酸性雨酸性雨

    自然界に残された鉛の弾は、酸性雨によって溶け出す可能性がある。銃器の安全な取り扱い フレッシュアイペディアより)

  • 同盟90/緑の党

    同盟90/緑の党から見た酸性雨酸性雨

    州レベルや欧州議会の選挙でのいくつかの成功の後に、1983年の連邦議会選挙で初めて議席を勝ち取った。その時の重要な争点の中で、アメリカ合衆国および NATO による、パーシング II (IRBM) および核巡航ミサイルの西ドイツへの配備が、一般住民の強い反対を生みだしていた。新しく形成された党は、人々の運動への支援を補充することができた。部分的に、1986年のチェルノブイリ原子力発電所事故のインパクトとドイツの大気汚染と森林への酸性雨の脅威に対する意識を育てることで、1987年1月に行なわれた連邦議会選挙で得票率を8.3%に増加させた。同盟90/緑の党 フレッシュアイペディアより)

  • メルキア

    メルキアから見た酸性雨酸性雨

    しかし、惑星自体は破壊を免れこそしたものの、バララント艦隊による爆撃によって、地表は放射能などによる汚染が進み、大気中の汚染も深刻で、雨は酸を含むようなものとなっていった。メルキア フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄酸化物

    硫黄酸化物から見た酸性雨酸性雨

    石油や石炭など硫黄分が含まれる化石燃料を燃焼させることにより発生する。大気汚染や酸性雨などの原因の一つとなる有毒物質。また、自然界においても火山ガスなどに含まれている。無色で刺激臭があり、水にとけやすい。硫黄酸化物 フレッシュアイペディアより)

  • カナダとアメリカ合衆国の関係

    カナダとアメリカ合衆国の関係から見た酸性雨酸性雨

    両国政府はほぼ毎年国境を越えた大気汚染に関しても協議している。1991年大気質協定では、両国が酸性雨の管理計画で協調し実行することで少なからぬ前進があり、2000年には地表面のオゾンについても付属書に調印した。これらの動きにも拘わらず国境を越えた大気汚染の問題は、特に夏季の五大湖からセントローレンス川流域で残っている。国境を越えた大気汚染の主たる排出源は石炭焚き火力発電所であり、その大半はアメリカ合衆国中西部内に位置している。カナダとアメリカ合衆国の関係 フレッシュアイペディアより)

  • ロケットエンジンの推進剤

    ロケットエンジンの推進剤から見た酸性雨酸性雨

    過塩素酸アンモニウム等の塩素化合物を酸化剤として使用する場合、燃焼生成物には有毒で発癌性がありオゾン層を破壊し、酸性雨や地球温暖化の原因になる塩素化合物が含まれる。そのため、塩素等のハロゲンを含まない酸化剤の開発も進められている。ロケットエンジンの推進剤 フレッシュアイペディアより)

  • ソーラーカーレース

    ソーラーカーレースから見た酸性雨酸性雨

    1982年にQuiet Achieverによるオーストラリア大陸の横断に成功したHans Thostrupは1987年にワールド・ソーラー・チャレンジを開催する。以後このレースは世界中のソーラーカーレースの最高峰として注目を集め、最先端の技術が導入され、各国のチームがしのぎを削る舞台へと発展し、現在に至る。近年では地球温暖化や酸性雨、大気汚染等で環境問題への関心が高まり、太陽光は豊富だが、それまでは開催されなかった南アフリカやチリ等でも開催されるようになり、ソーラーカーレースの開催地も徐々に増えつつある。一方、日本国内でのレースの開催状況は1990年代に一時的に関心が高まり、各地でレースが開催され大学や高校を含む参加者により盛り上がりを見せた。しかしながら、ソーラーカーレースが正当なスポーツとして認知されず、公的資金を得ている学校として参加するには不適切であると誤解されたことや、バブル経済崩壊後の不況により経済状況が悪化したことも重なり、大会によっては参加チームが減少したものがある。ソーラーカーレース フレッシュアイペディアより)

  • 石炭

    石炭から見た酸性雨酸性雨

    特に硫黄は原油同様0.数 %含まれているが、これは燃やすと酸性雨の主要因となる硫黄酸化物になる。窒素成分も他のエネルギー源より多く、これは燃やすと窒素酸化物となるため、酸性雨の原因となる。これらの環境汚染物質については(日本では)国や地方自治体で排出基準が定められている。環境対策として 硫黄酸化物については湿式石灰石-石膏法による脱硫装置、窒素酸化物については燃焼方法の改善や排煙脱硝装置の稼動により排出基準を遵守している。また灰分を含んでいるため、燃焼後にその処分が必要である。石炭 フレッシュアイペディアより)

  • 緑のカーテン

    緑のカーテンから見た酸性雨酸性雨

    打ち水に似た原理である。夏季高温時において、太陽光の遮断と断熱、および植物葉面からの蒸散による気化熱を利用して、建築物の温度上昇を抑えることを主な目的とするが、居住環境整備としての遮光や目隠し、植物の鑑賞も目的の内である。また、地球温暖化対策の一環として、植物の生体活動による大気中の二酸化炭素の減少を期待する向きもある。太陽光が建築物内部に入射することを抑えるため、窓を覆うように設置されるのが基本であるが、建物全体を覆えば外壁の蓄熱を防止したり、日射による急激な温度変化や酸性雨、紫外線がもたらす外壁の劣化予防にも繋がる。緑のカーテン フレッシュアイペディアより)

  • 秋山豊子

    秋山豊子から見た酸性雨酸性雨

    酸性雨と大気汚染調査 -生物学実習プログラムへの導入」(共著)(『慶應義塾大学日吉紀要 自然科学』 (41), 15-26, 2007年)秋山豊子 フレッシュアイペディアより)

124件中 51 - 60件表示

「酸性雨」のニューストピックワード