124件中 61 - 70件表示
  • 粒子状物質

    粒子状物質から見た酸性雨酸性雨

    自然環境や人間以外に与える影響としては、含有物質にもよるが金属の腐食、塗装面の劣化、彫刻などの芸術作品や人工構造物の劣化などの物理的被害、降雨へ取りまれて酸性雨の発生に寄与する間接的影響が挙げられる。また、煙霧の原因物質として視程を悪化させる作用、凝結核として働き雲を生成する作用、雪の表面に堆積し太陽光を吸収する作用、大気中のエアロゾル粒子として働き太陽光を吸収する作用(日傘効果、地球薄暮化)による気候への影響も考えられている。粒子状物質 フレッシュアイペディアより)

  • 白華

    白華から見た酸性雨酸性雨

    酸性雨が主要因とされることもあるが、原因が多岐にわたるため、断言することは非常に難しい。白華 フレッシュアイペディアより)

  • 気候学

    気候学から見た酸性雨酸性雨

    近年クローズアップされている、地球温暖化、ヒートアイランド、エルニーニョ、酸性雨などの環境問題へのアプローチにも、気候学が果たす役割は欠かせないものである。気候学 フレッシュアイペディアより)

  • 豆炭

    豆炭から見た酸性雨酸性雨

    中華人民共和国の一部では今も調理用の燃料として用いられている。以前は豆炭の材料となる石炭の硫黄成分の問題により、硫黄酸化物など酸性雨の原因物質を大量に発生させるなどの問題点があった。このため、中国政府と日本のボランティアにより消石灰や籾殻などを混ぜる独自の豆炭の普及活動が行われ、酸性雨問題の軽減に役立っている。豆炭 フレッシュアイペディアより)

  • 二酸化硫黄

    二酸化硫黄から見た酸性雨酸性雨

    二酸化硫黄は火山活動や工業活動により産出される。石炭や石油は多量の硫黄化合物を含んでおり、この硫黄化合物が燃焼することで発生する。火山活動でも発生する。二酸化硫黄は二酸化窒素などの存在下で酸化され硫酸となり、酸性雨の原因となる。二酸化硫黄 フレッシュアイペディアより)

  • 開けゴマ

    開けゴマから見た酸性雨酸性雨

    実際に「開けゴマ」と唱えることで扉が開く装置を持つ施設もある。例えば胡麻の郷のゴマミュージアム(岐阜県関ケ原町)は「開けゴマ」と唱えると開く扉があり、四国電力の伊方ビジターズハウス(愛媛県伊方町)には「開けゴマ」で自動的に開く絵本がある。過去には酸性雨分取器「レインゴーランド」の自動蓋開け装置が開発され、その名称として「ひらけごま」が採用されている。開けゴマ フレッシュアイペディアより)

  • 気候

    気候から見た酸性雨酸性雨

    熱帯雨林の伐採は、人間の活動が主原因となる人為的なものであり、また19世紀以降の地球の平均気温の上昇に関しては化石燃料の使用を中心とする人間活動の活発化に伴うものであると考えられている。また、オゾン層の破壊・酸性雨などの地球環境問題も、気候変化と関連して考えていく必要がある。気候 フレッシュアイペディアより)

  • モーダルシフト

    モーダルシフトから見た酸性雨酸性雨

    排気ガスに含まれる有害物質による大気汚染・酸性雨の削減モーダルシフト フレッシュアイペディアより)

  • 世界気象機関

    世界気象機関から見た酸性雨酸性雨

    全球大気監視計画 () - 温室効果ガス、オゾン層、エアロゾル、酸性雨など、地球環境に関わる大気成分を地球規模で観察し、科学的な情報を提供する国際観測計画。1989年に開始。世界気象機関 フレッシュアイペディアより)

  • ノルウェー

    ノルウェーから見た酸性雨酸性雨

    酸性雨が降り注ぎ、国連環境計画(UNEP)の1986年調査では、666万ヘクタールのうち26%に当たる171.2万ヘクタールが被害面積であった。ノルウェー フレッシュアイペディアより)

124件中 61 - 70件表示

「酸性雨」のニューストピックワード