124件中 81 - 90件表示
  • サクラ

    サクラから見た酸性雨酸性雨

    桜は街路樹として植えられることも多いことなどから、車などの排気ガスによって傷められることも多い。このような場合対策はとりづらいため、その他の要因で樹木が弱らないようにすることが大切である。山高神代桜では桜を守るために近くを通っていた道路に迂回路が作られた。酸性雨も木を弱める要因になる。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • ハイブリッドロケット

    ハイブリッドロケットから見た酸性雨酸性雨

    最も単純なハイブリッドロケットの形式は、高圧で充填された液体または気体の酸化剤をバルブで制御することで燃焼室に導き、燃焼室内に成形済みの固体燃料と反応することで燃焼する。燃焼ガスはポートと呼ばれる燃焼室内の燃料間に形成された通路を通り、ノズルから噴出して反動で推力を生み出す。酸化剤には通常、気体か液体酸素もしくは酸化窒素等を使用する。燃料にはABS樹脂やアクリル樹脂や合成ゴム、あるいは氷で固めたアルミニウム粉末などが用いられる。固体燃料ロケットの推進剤に含まれる酸化剤の過塩素酸アンモニウムを含まないので燃焼ガスに有毒で発癌性があり、酸性雨や地球温暖化やオゾン層の破壊をもたらす塩素化合物を排出せず環境に優しい。燃焼によって生成される生成物の分子量が小さいので従来の固体燃料ロケットよりも比推力が高いという特徴を有する。ハイブリッドロケット フレッシュアイペディアより)

  • マーセナリーズ

    マーセナリーズから見た酸性雨酸性雨

    核燃料再処理施設の南にある核関連施設。北側にある施設はSOM原子炉、南側がSOMW原子炉である。国連軍査察団が度々、調査に訪れている。酸性雨の影響か、周辺には枯れ木が多い。マーセナリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見た酸性霧酸性雨

    また近年、地上では視程も低下しないため黄砂として観測されない時に、自由大気(自由対流圏)と呼ばれる高層で薄い砂塵が観測されることが分かってきた。これは「バックグラウンド黄砂」と呼ばれている。普段地上でほとんど黄砂が観測されない夏や秋にも発生するほか、高山では酸性霧の中和に関与していることが解明されてきている。バックグラウンド黄砂の特徴として、発生地付近で砂塵嵐の発生が無く、砂塵を巻き上げて運ぶ低気圧さえ無い状態にも拘らず、発生することが挙げられる。また、バックグラウンド黄砂の成分の特徴として、通常ではCa(カルシウム)が主にCaSO(硫酸カルシウム)の形で存在しているのに対して、バックグラウンド黄砂では主に CaCO(炭酸カルシウム)の形で存在していることが挙げられる。これは、バックグラウンド黄砂が、地上から排出される大気汚染物質に含まれているSO(硫酸イオン)とほとんど混ざっていないことを意味し、普通の黄砂とは異なる経路を通ってきていることを示している。黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見た酸性雨酸性雨

    砂や砂に付着した物質によって、土壌や海洋へミネラルが供給され、植物や植物プランクトンの生育を促進する作用もあり、黄砂に土壌を肥やす効果があることも指摘されている。黄砂の成分であるリン、鉄、アルミニウムなどが、海洋のプランクトンや、ハワイの森林の生育に関わっているとの研究結果もある。また、黄砂に含まれる炭酸カルシウムには中和作用があり、黄砂の飛来と雨が重なると、雨を中性・アルカリ性に変える。そのため、酸性雨の被害軽減にも寄与している。地力を失いやすい太平洋の古い火山島に養分を与えるプロセスの1つであり、黄砂の流れから遠い東太平洋ほど森林は失われやすいとの指摘もある。黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • ディーゼル機関車

    ディーゼル機関車から見た酸性雨酸性雨

    近年、環境問題(機関車からの排気ガスによる大気汚染・酸性雨・地球温暖化など)の高まりと共に、従来、環境負荷の少ないとされてきた鉄道車両にもエネルギー効率の向上が求められつつある。発電機、電動機の交流化、コンピューター制御の大幅な採用等、技術革新の成果を取り入れて改良が進められつつある。1ディーゼル機関車 フレッシュアイペディアより)

  • ニンジャスレイヤー

    ニンジャスレイヤーから見た酸性雨酸性雨

    本作での日本は、衛星から地上が撮影できないほどの大気汚染により昼でも薄暗く、汚染された重金属混じりの酸性雨が降り注ぐなど、環境汚染が深刻化している。また 磁気嵐による航空機への影響と、海に生息する殺人マグロのためほぼ鎖国状態となっており、外国との往来は磁気対策が施されたガイオンの空港など一部に限られている。社会面ではカチグミとマケグミの経済格差が激しく、二極化が進んでいる。ニンジャスレイヤー フレッシュアイペディアより)

  • 農業

    農業から見た酸性雨酸性雨

    国連職員でこの問題に関する国連報告の共著者であるヘニング・スタインフェルドは「畜産は今日の環境問題の最も重要な原因の1つだ」と述べている。畜産は農業が使用する総面積の70%を占めており、地球全体の30%の土地を使っている。温室効果ガスの最大の発生源でもあり、CO2 に換算すると全温室効果ガス発生量の18%が畜産に由来する。ちなみに、交通機関・輸送機関が放出するCO2の総計は全体の13.5%である。人間の活動で排出される亜酸化窒素の65%が畜産によるもので(CO2の296倍もの温室効果がある)、メタンの37%が畜産によるものである(CO2の23倍の温室効果がある)。また、アンモニアの64%が畜産によるもので、酸性雨や生態系の酸性化の原因とされている。畜産は森林伐採の主要因とされており、アマゾンで開墾された土地の70%が牧草地になっている(残りは耕作地)。森林伐採や開墾を通して、畜産が生物多様性を低下させているとも言える。農業 フレッシュアイペディアより)

  • タージ・マハル

    タージ・マハルから見た酸性雨酸性雨

    大気汚染によるタージ・マハルの損傷が問題化している。排ガスによる直接的な汚れの他、酸性雨によって大理石が溶解する現象などが報告されている。地下水の過度な汲み上げにより地盤が沈下し、4本の尖塔が外側に傾きつつあるとの報告もある(現地ガイドによれば、創建当時か大地震時に尖塔が本堂側に倒れ込まないよう、外側にわずかに傾けて設計されたという)。開発による世界遺産への悪影響の顕著な例である。タージ・マハル フレッシュアイペディアより)

  • コンクリート

    コンクリートから見た酸性雨酸性雨

    酸性雨によって、セメント水和物の化学変化による軟化や破壊が起こるコンクリート フレッシュアイペディアより)

124件中 81 - 90件表示

「酸性雨」のニューストピックワード