103件中 81 - 90件表示
  • ディーゼル機関車

    ディーゼル機関車から見た酸性雨酸性雨

    近年、環境問題(機関車からの排気ガスによる大気汚染・酸性雨・地球温暖化など)の高まりと共に、従来、環境負荷の少ないとされてきた鉄道車両にもエネルギー効率の向上が求められつつある。発電機、電動機の交流化、コンピューター制御の大幅な採用等、技術革新の成果を取り入れて改良が進められつつある。1ディーゼル機関車 フレッシュアイペディアより)

  • フライブルク・イム・ブライスガウ

    フライブルク・イム・ブライスガウから見た酸性雨酸性雨

    フライブルクの主な環境政策は、廃棄物・リサイクル政策、自然エネルギー政策、交通政策、都市計画・景観政策などである。きっかけは1970年代に酸性雨によってシュヴァルツヴァルトが枯死の危機に瀕し、なおかつ近郊のヴィールに原子力発電所を建設する計画が持ち上がり、原発反対運動が起きたのがきっかけであった。1975年にフライブルクに設立されたBUND(ドイツ環境自然保護連盟)などが中心となって、フライブルクはシュヴァルツヴァルトを守るために、エネルギーでは脱原発・自然エネルギー推進をとり、大気汚染対策として自動車依存からの脱却と公共交通・自転車の強化を採用した。自然エネルギーでは太陽光発電の普及を中心にしている。交通面では都心への自動車乗り入れを制限し、以前より走っている路面電車 (LRT) を強化すべく、郊外部への延伸工事を行い、パークアンドライドを整備するなどの諸政策をとった。また、旧フランス軍駐留地である市南部のヴォバーン (Vauban) 地区では、フォーラム・ヴォバーンというNPOの活動により、エコロジーを重視した団地が造成されている。フライブルク・イム・ブライスガウ フレッシュアイペディアより)

  • メトロイドシリーズ

    メトロイドシリーズから見た酸性雨酸性雨

    惑星ゼーベスを脱出した一部のパイレーツが新たな拠点としていた惑星。惑星ターロンIVや惑星エーテルの事件以前から拠点としており、それらの惑星の基地のログにも「最高司令部」という形で間接的に登場している。重度の大気汚染が進行し(後述のフェイゾンによるものかは明言されていない)、ゼーベスのもの以上の強毒性を持つ酸性雨(アシッドレイン)が絶えず降っている。銀河連邦が発見時には、ダームサムスによってフェイゾン汚染が故意に加速され、惑星自体がフェイゾンになりかけていた。メトロイドシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 日韓共同宣言

    日韓共同宣言から見た酸性雨酸性雨

    地球環境問題に関し、とりわけ温室効果ガス排出抑制、酸性雨対策を始めとする諸問題への対応における協力を強化するために、日韓環境政策対話を進める日韓共同宣言 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力発電

    原子力発電から見た酸性雨酸性雨

    酸性雨や光化学スモッグなど大気汚染の原因とされる窒素酸化物や硫黄酸化物を排出しない。原子力発電 フレッシュアイペディアより)

  • 農業

    農業から見た酸性雨酸性雨

    国連職員でこの問題に関する国連報告の共著者であるヘニング・スタインフェルドは「畜産は今日の環境問題の最も重要な原因の1つだ」と述べている。畜産は農業が使用する総面積の70%を占めており、地球全体の30%の土地を使っている。温室効果ガスの最大の発生源でもあり、CO2 に換算すると全温室効果ガス発生量の18%が畜産に由来する。ちなみに、交通機関・輸送機関が放出するCO2の総計は全体の13.5%である。人間の活動で排出される亜酸化窒素の65%が畜産によるもので(CO2の296倍もの温室効果がある)、メタンの37%が畜産によるものである(CO2の23倍の温室効果がある)。また、アンモニアの64%が畜産によるもので、酸性雨や生態系の酸性化の原因とされている。畜産は森林伐採の主要因とされており、アマゾンで開墾された土地の70%が牧草地になっている(残りは耕作地)。森林伐採や開墾を通して、畜産が生物多様性を低下させているとも言える。農業 フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ民主共和国

    ドイツ民主共和国から見た酸性雨酸性雨

    東ドイツで生産されたトラバントやヴァルトブルクのような乗用車は、時代に合わない2ストローク機関で動き、青い排気ガスを出したが、それらは環境汚染を感じさせることになった。2ストローク機関の排気ガスは、高い炭化水素を含んでいたため、はっきりと見ることも嗅ぐこともできるものであった。酸性雨やスモッグの原因となる窒素酸化物は、トラバントは同時代の4ストローク機関に比べて、10分の1しか排出しなかった。ドイツ民主共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 世界気象機関

    世界気象機関から見た酸性雨酸性雨

    全球大気監視計画 () - 温室効果ガス、オゾン層、エアロゾル、酸性雨など、地球環境に関わる大気成分を地球規模で観察し、科学的な情報を提供する国際観測計画。1989年に開始。世界気象機関 フレッシュアイペディアより)

  • 排気ガス

    排気ガスから見た酸性雨酸性雨

    通常の燃焼では極微量しか発生しないが、高温・高圧状態になる燃焼室では窒素が酸化しやすく、発生量が増加する。燃焼効率向上のために圧縮比が平均的に高くなっている近年では排出量も無視できないレベルに達している。排出ガス全体のうち、自動車の排出ガスによる発生量が3割を占める。窒素酸化物には酸素の結合量によっていくつか種類があるため通常は酸素の数をxと表記し、各種の窒素酸化物をまとめて示している。微量の窒素酸化物は植物の生育に役立つが、濃度が高いと大気汚染、光化学スモッグ、酸性雨の原因となる。圧縮比や燃焼温度を低くすることで抑制できる。排気ガス フレッシュアイペディアより)

  • サケ類

    サケ類から見た酸性雨酸性雨

    魚種による差はあるが、サケ科魚類は浮上稚魚期のpH低下に弱い。河川生活性の高い魚種ほど耐酸性が高い傾向が報告されていて、魚種間では太平洋サケ属(ヒメマス、ホンマス、ニジマス)は耐酸性が低く、大西洋サケ属(イワナ、カワマス、ブラウントラウト)は耐酸性が高い。従って、酸性雨や酸性雪の融雪水による河川水のpH低下は、天然河川の生息数の減少だけでなく絶滅につながる深刻な問題となる可能性がある。同時に、養殖用水源にも影響を得る為、養殖業者への影響も懸念される。実際に、ヨーロッパやカナダでは、サケ科魚類が死滅した水域が多数報告されている。サケ類 フレッシュアイペディアより)

103件中 81 - 90件表示