58件中 31 - 40件表示
  • 酸性雨

    酸性雨から見た大気

    酸性雨の原因は、石炭などの化石燃料の燃焼や火山活動などにより発生する、硫黄酸化物 (SOx) や窒素肥料由来の窒素酸化物 (NOx) 、塩化水素 (HCl) などである。これらが大気中の紫外線、水や酸素と反応することによって硫酸や硝酸、塩酸などの強酸が生じ、雲に取り込まれ、雨を強い酸性にする。また、アンモニアは大気中の水と反応し塩基性となるため、酸性の降雨により土壌に運ばれた後に硝酸塩へと変化することで広義の意味で酸性雨の一因とされる。大気中に放出されるアンモニアについては、人間の活動や家畜糞尿に起因するものが問題視されている。酸性雨 フレッシュアイペディアより)

  • 酸性雨

    酸性雨から見たコークス

    元々19世紀のイギリスでは、産業革命の進展により大量の石炭やコークスが消費されるようになっており、その排ガスが原因で降水が酸性化していたことが分かっている。酸性雨 フレッシュアイペディアより)

  • 酸性雨

    酸性雨から見た丹沢山地

    日本では、群馬県赤城山、神奈川県丹沢山地などでの森林の立ち枯れなどがある。これらの被害は、狭義の「酸性雨」でなく、光化学オキシダントのような広義の酸性雨(酸性降下物)の影響が強いのではないかといわれている。酸性雨 フレッシュアイペディアより)

  • 酸性雨

    酸性雨から見た燃焼

    酸性雨の原因は、石炭などの化石燃料の燃焼や火山活動などにより発生する、硫黄酸化物 (SOx) や窒素肥料由来の窒素酸化物 (NOx) 、塩化水素 (HCl) などである。これらが大気中の紫外線、水や酸素と反応することによって硫酸や硝酸、塩酸などの強酸が生じ、雲に取り込まれ、雨を強い酸性にする。また、アンモニアは大気中の水と反応し塩基性となるため、酸性の降雨により土壌に運ばれた後に硝酸塩へと変化することで広義の意味で酸性雨の一因とされる。大気中に放出されるアンモニアについては、人間の活動や家畜糞尿に起因するものが問題視されている。酸性雨 フレッシュアイペディアより)

  • 酸性雨

    酸性雨から見た純水

    一般的に、雨の水素イオン濃度(pH)値が5.6以下であるときに酸性雨と呼ぶ。これは、標準的な大気中において、雨水と二酸化炭素が平衡状態にあるときの値、つまり大気中の二酸化炭素を飽和溶解度になるまで純水に溶かしたときのpH値である。酸性雨 フレッシュアイペディアより)

  • 酸性雨

    酸性雨から見た窒素酸化物

    酸性雨の原因は、石炭などの化石燃料の燃焼や火山活動などにより発生する、硫黄酸化物 (SOx) や窒素肥料由来の窒素酸化物 (NOx) 、塩化水素 (HCl) などである。これらが大気中の紫外線、水や酸素と反応することによって硫酸や硝酸、塩酸などの強酸が生じ、雲に取り込まれ、雨を強い酸性にする。また、アンモニアは大気中の水と反応し塩基性となるため、酸性の降雨により土壌に運ばれた後に硝酸塩へと変化することで広義の意味で酸性雨の一因とされる。大気中に放出されるアンモニアについては、人間の活動や家畜糞尿に起因するものが問題視されている。酸性雨 フレッシュアイペディアより)

  • 酸性雨

    酸性雨から見た重金属

    土壌を酸性化し、植物に有害なアルミニウムや重金属イオンを溶け出させる。また、溶け出した金属イオン(特にアルミニウムイオン)が河川に流入することで、水系の動物に被害を与えている。酸性雨 フレッシュアイペディアより)

  • 酸性雨

    酸性雨から見たアメリカ

    実際、酸性雨や酸性霧による環境への影響は、土壌や水中、建造物などに含まれる、酸性雨や酸性霧を中和する成分の濃度にも左右されてくる。pH5.6を下回ったからといってすぐに被害が現れるというわけではない。こういった異論を踏まえて、基準値を緩めているところもある。たとえばpH5.0としているアメリカなどがある。酸性雨 フレッシュアイペディアより)

  • 酸性雨

    酸性雨から見たカルシウムイオン

    土壌を酸性化し、植物の生存に必要なカルシウムイオンやマグネシウムイオンが溶解、雨で地中深くや地下水に浸透して流失する。酸性雨 フレッシュアイペディアより)

  • 酸性雨

    酸性雨から見た立ち枯れ

    植物を枯死させる。樹木が立ち枯れする原因となる。酸性雨 フレッシュアイペディアより)

58件中 31 - 40件表示

「酸性雨」のニューストピックワード