前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
101件中 1 - 10件表示
  • 2006年の日本シリーズ

    2006年の日本シリーズから見た里崎智也里崎智也

    実況:植草朋樹(TX) 解説:川崎憲次郎(TX)、駒田徳広(TX)、水上善雄(TX) ゲスト解説:里崎智也(ロッテ)2006年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 初芝清

    初芝清から見た里崎智也里崎智也

    プレーオフ第2ステージ第5戦に代打で出場。対戦相手はまたもや三瀬。三遊間へのボテボテの当りを放ってしまいサードゴロと思われたがサードのトニー・バティスタがショートの川崎宗則と交錯、初芝自身がアウトは確実な状況にもかかわらず一塁へ全力疾走していた事も重なり神がかり的な内野安打となる。続く福浦和也がヒットで繋ぎ、里崎智也が起死回生の逆転適時二塁打を放った。出塁した時点で内野手を使い切っており、代走を出されることなくランナーとして同点となるホームインをする。さらにそのまま守備にもつき、8回裏からはサード初芝、セカンド今江の守備陣になる。初芝清 フレッシュアイペディアより)

  • 的場直樹

    的場直樹から見た里崎智也里崎智也

    里崎智也が離脱したこともあり、リードや守備での実力が認められ、一軍での出場機会を昨シーズンから大幅に増やした。同年9月25日のオリックス戦ではプロ入り初の猛打賞を達成し、この年は自己最多となるシーズン30安打を放った。CSでは里崎と併用でスタメンマスクを被り、優勝した古巣・ソフトバンクを相手に下剋上を果たす。的場直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 西岡剛 (内野手)

    西岡剛 (内野手)から見た里崎智也里崎智也

    里崎智也に代わってキャプテンに就任し、ユニフォームシャツの左胸に「C」マークが追加される。この年より社会貢献運動として、山田邦子が代表理事を務める「リボン運動・がんの薬を普及する会」に共鳴し、ヒット1本につき1万円を寄付する活動を始めた。レギュラーシーズンでは開幕から好調を続け、5月は打率.417、4本塁打、OPS1.167の成績を残し月間MVPを獲得。7月24日にはファッションモデルの徳澤直子と結婚することを自身のブログで報告し、26歳の誕生日である同月27日に婚姻届を提出。西岡剛 (内野手) フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た里崎智也里崎智也

    全日本野球会議が、第24回アジア野球選手権大会兼北京オリンピック野球競技アジア地区予選の第1次日本代表候補選手60人を発表。社会人、大学生からの候補選出はなく、すべてプロ選手からの選出となった。候補となったのは以下の60人。投手(29人)?ダルビッシュ有、武田久、八木智哉、MICHEAL(以上日本ハム)、西口文也、小野寺力、涌井秀章(以上西武)、馬原孝浩、新垣渚、和田毅、杉内俊哉(以上ソフトバンク)、薮田安彦、渡辺俊介、小林宏之(以上ロッテ)、田中将大、青山浩二(以上楽天)、川上憲伸、岡本真也、岩瀬仁紀(以上中日)、藤川球児(阪神)、林昌範、上原浩治、高橋尚成、内海哲也、金刃憲人(以上巨人)、黒田博樹、大竹寛(以上広島)、那須野巧、木塚敦志(以上横浜)。捕手(5人)?里崎智也(ロッテ)、谷繁元信(中日)、矢野燿大(阪神)、阿部慎之助(読売)、相川亮二(横浜)。内野手(15人)?中島裕之(西武)、松中信彦(ソフトバンク)、TSUYOSHI、今江敏晃(以上ロッテ)、北川博敏(オリックス)、荒木雅博、井端弘和(以上中日)、鳥谷敬、今岡誠(以上阪神)、宮本慎也(ヤクルト)、小笠原道大、二岡智宏(以上巨人)、梵英心、新井貴浩(以上広島)、村田修一(横浜)。外野手(11人)?稲葉篤紀(日本ハム)、和田一浩(西武)、多村仁、大村直之(以上ソフトバンク)、村松有人(オリックス)、礒部公一、鉄平(以上楽天)、福留孝介(中日)、青木宣親(ヤクルト)、谷佳知、高橋由伸(以上巨人)。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見た里崎智也里崎智也

    10月26日 - 里崎智也が出場辞退の意向を示す。2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • ベニー・アグバヤニ

    ベニー・アグバヤニから見た里崎智也里崎智也

    は7月まで4番の座を守ったが、またこの年も夏場に離脱。里崎智也に4番を譲る形となった。足の故障から半分以上が指名打者としての出場だった。ベニー・アグバヤニ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見た里崎智也里崎智也

    大胆な若手選手の先発起用、ほぼ全てのポジションに複数の選手を充て競争意識を高めつつ適度に休養を取らせる、里崎智也、橋本将の2人の捕手を先発投手に合わせ入れ替える(両選手ともに打撃も良く、スタメンマスクを外れても指名打者として出場することもあった)、クリーンナップを2組作って投入するなど独特の起用法が当たり、「ボビーマジック」と呼ばれた。特に目覚しい活躍を見せた西岡剛、今江敏晃らは「ボビーチルドレン」と呼ばれた。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • エステバン・ロアイザ

    エステバン・ロアイザから見た里崎智也里崎智也

    の第1回ワールド・ベースボール・クラシックではメキシコ代表に選ばれ、1次リーグのカナダ戦では好投した。しかし続く2次リーグの日本戦では里崎智也に本塁打を浴びたり、松坂大輔に投げ負けるなど、結果を残せなかった。シーズンが開幕すると、左手首を痛めてDL入りしたり、6月には飲酒運転とスピード違反で逮捕される不運に見舞われた。エステバン・ロアイザ フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤吉宏

    佐藤吉宏から見た里崎智也里崎智也

    初盗塁:7月12日、対千葉ロッテマリーンズ11回戦(札幌ドーム) - 12回裏一死、投手:伊藤義弘、捕手:里崎智也佐藤吉宏 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
101件中 1 - 10件表示

「里崎智也」のニューストピックワード