150件中 101 - 110件表示
  • 嶋基宏

    嶋基宏から見た里崎智也里崎智也

    初盗塁:2007年4月20日、対千葉ロッテマリーンズ3回戦(フルキャストスタジアム宮城)、7回裏に二盗(投手:藤田宗一、捕手:里崎智也嶋基宏 フレッシュアイペディアより)

  • CTCマリーンズナイター

    CTCマリーンズナイターから見た里崎智也里崎智也

    里崎智也 - テレビ東京(BSジャパン)・TVQ九州放送・ロッテ球団制作中継・フジテレビONEプロ野球ニュース・ニッポン放送解説者兼任CTCマリーンズナイター フレッシュアイペディアより)

  • 元木商店

    元木商店から見た里崎智也里崎智也

    捕手 里崎智也のビジネス配球術 - 同じく元プロ野球選手の里崎智也がMCの、当番組と同種の番組で、チバテレ制作元木商店 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤政義

    加藤政義から見た里崎智也里崎智也

    初盗塁:2010年3月28日、対千葉ロッテマリーンズ3回戦(千葉マリンスタジアム)、5回表に二盗(投手:小野晋吾、捕手:里崎智也加藤政義 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た里崎智也里崎智也

    千葉ロッテ正捕手だった里崎智也は、谷繁の捕球技術の高さを示す一例としてミットの面を常に投手に見せたまましている点を挙げ、「僕がナマで見た中で一番上手い」と絶賛している。2017年シーズンから中日1軍バッテリーコーチに再就任した田村藤夫は、谷繁のキャッチングは「高度」「特殊」「難しい」としており、一般的な捕球でも低めの球をストライクに取って貰えたらいいと指導している。チームメイトの山本昌からは「バッテリーを組んだ勝ち星順でいえば、中村武志、谷繁元信、矢野輝弘」と前置きをされた上で、リード面に関しては「3人の中で最も長けていると思う。なおかつ、度胸満点。いわゆる『ばくち』を一番打てる捕手と言ってもいい」と評価されている。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 松井稼頭央

    松井稼頭央から見た里崎智也里崎智也

    自身初の経験となるクライマックスシリーズでは、第1戦、第2戦では無安打で終わったが、第3戦では2回に初安打を放ち、続く嶋基宏の安打の際に一塁から好走塁で本塁に生還し、この時に相手の千葉ロッテマリーンズ捕手の里崎智也の股下から左手を伸ばし本塁に触れたことから、多くのメディアに「神の手」と称された。第4戦でも2安打を放ち、チームのCS優勝と日本シリーズ進出に貢献した。日本シリーズでは全7試合にフルイニング出場。第1戦では第2打席で安打を放ち出塁したが、続く嶋の安打で遊撃手坂本勇人のミスを突き三塁を狙うも一塁手ホセ・ロペスの好守備によって阻まれた。更に2点ビハインドの8回裏、二死一、二塁の場面で打席が回り、レフトへの大飛球を放ったが亀井善行の好守備に阻まれ、結局チームは0-2で敗戦した。第2戦では無安打に終わったが(チームは勝利)、第3戦ではマルチ安打を記録した他、2回表に好走塁を見せ、5回裏にはジョン・ボウカーが放った遊撃後方への打球を背走してダイビングで好捕した。更に第4戦、第5戦、第6戦でもマルチ安打を記録。シリーズ通算では2013年の日本シリーズ出場選手中最多安打(9安打)を放ち、打率も出場選手最高の.333を記録した他、再三好守備を見せ、チームの日本一に貢献した。西武時代を含め四度目で初の日本一であり、MLB時代を含めても初のポストシーズン制覇となった。優勝祝勝会ではチームキャプテンとして、乾杯音頭を務めた。松井稼頭央 フレッシュアイペディアより)

  • 金星根

    金星根から見た里崎智也里崎智也

    には日本へ戻りパ・リーグに加盟する千葉ロッテマリーンズのチームコーディネーター(コーチ待遇)に就任、日本の野球へ適応できずに苦しんでいた李承燁の担当コーチとして、復活を影で支えた。また、今江敏晃、里崎智也の打撃指導も担当。韓国時代から選手の小さなフォームの変化による技術的な問題点を見抜く能力があり、李承燁のほかに、大松尚逸などロッテの若手選手たちにもその能力を認められ、彼らにもワンポイントアドバイスを求められるようになった。2005年シーズンの後、ロッテ球団は、李承燁の残留を目論む一方、金の指導能力を高く評価してには1・2軍巡回コーチに就任させ、KBO出身者で初めてNPBの正式コーチとなる。2006年度シーズン限りで、契約満了に伴い退団。金星根 フレッシュアイペディアより)

  • フリーエージェント (日本プロ野球)

    フリーエージェント (日本プロ野球)から見た里崎智也里崎智也

    元千葉ロッテマリーンズ選手の里崎智也は選手がFA権を行使する理由として下記の4つに類型化している。フリーエージェント (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 秋山翔吾

    秋山翔吾から見た里崎智也里崎智也

    初盗塁:2011年4月20日、対千葉ロッテマリーンズ2回戦(QVCマリンフィールド)、3回表に二盗(投手:唐川侑己、捕手:里崎智也秋山翔吾 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉マリンスタジアム

    千葉マリンスタジアムから見た里崎智也里崎智也

    ロッカールームの再現。選手から寄贈を受けた使用済みのスパイクやグローブ、バット他が置かれており、里崎智也がワールド・ベースボール・クラシックに出場した際に着用した日本代表ユニフォーム、成瀬善久が北京オリンピック野球日本代表として出場した際に着用したベースボールキャップとグラウンドコートも飾られている。千葉マリンスタジアム フレッシュアイペディアより)

150件中 101 - 110件表示

「里崎智也」のニューストピックワード