150件中 11 - 20件表示
  • 着信御礼!ケータイ大喜利

    着信御礼!ケータイ大喜利から見た里崎智也里崎智也

    里崎智也(回答読み上げ兼任)(2016年12月3日)着信御礼!ケータイ大喜利 フレッシュアイペディアより)

  • ベースボールLive

    ベースボールLiveから見た里崎智也里崎智也

    里崎智也(2017年 - 。) ※主にTVQ九州放送・BSジャパンに出演。ベースボールLive フレッシュアイペディアより)

  • 西岡剛 (内野手)

    西岡剛 (内野手)から見た里崎智也里崎智也

    里崎智也に代わってキャプテンに就任し、ユニフォームシャツの左胸に「C」マークが追加された。この年より社会貢献運動として、山田邦子が代表理事を務める「リボン運動・がんの薬を普及する会」に共鳴し、ヒット1本につき1万円を寄付する活動を始めた。レギュラーシーズンでは開幕から好調を続け、5月は打率.417・4本塁打・OPS 1.167の成績を残し月間MVPを獲得。7月にはファッションモデルの徳澤直子と結婚することを24日に自身のブログで報告し、26歳の誕生日である同月27日に婚姻届を提出。9月1日の対楽天戦でシーズン21回目の猛打賞を達成し、の別当薫の球団記録を更新。9月12日の対埼玉西武ライオンズ戦で1回に左前打を放ってシーズン181安打とし、に榎本喜八が記録したシーズン180安打を更新する球団新記録を達成。9月21日の対楽天戦でシーズン26回目の猛打賞を達成しイチローに並び、9月25日の対オリックス・バファローズ戦の4回に金子千尋から3安打目を放ち日本プロ野球新記録となる27回目の猛打賞を達成した。またイチロー以来パ・リーグ2人目、日本人のスイッチヒッターおよび内野手としては初となるシーズン200本安打を達成し、史上4人目となるスイッチヒッターでの首位打者かつ史上4人目の全試合フルイニング出場首位打者となり、最多安打のタイトルも獲得。フルイニング出場も果たし、日本プロ野球新記録となるシーズン692打席を記録。シーズン後には遊撃手部門でベストナインとゴールデングラブ賞を受賞した。シーズン終了後、リック・サーマンを代理人としてポスティングシステムによるメジャーリーグ移籍を申請。11月に自身のブログで「メジャーで野球をすることは子供の頃からの夢だった。自分の力も知った上で挑戦したい」と述べ、メディアには「若いうちに挑戦して、日本人内野手の評価を上げたい気持ちが強い」と、ポスティングを希望した理由を説明した。ミネソタ・ツインズが532万9,000ドルで交渉権を獲得した。西岡剛 (内野手) フレッシュアイペディアより)

  • MBSベースボールパーク

    MBSベースボールパークから見た里崎智也里崎智也

    中継の時期・カードによっては、MBS野球解説者とのダブル解説を前提に、他局の野球解説者を随時ゲストに迎えている。『 - ライブ』時代の2013年には、高津臣吾・吉井理人・西山秀二などが出演。『- パーク』への移行後は、2015年に西山・金村・山?武司・里崎智也、2016年には、建山義紀・山本昌・里崎・佐々木主浩が登場したほか、西山が定期的に出演するようになった。MBSベースボールパーク フレッシュアイペディアより)

  • 千葉ロッテマリーンズ

    千葉ロッテマリーンズから見た里崎智也里崎智也

    開幕から5連敗を喫し、チームは5月のルイス・クルーズから始まり6月の荻野、7月のクレイグ・ブラゼルと主力選手の怪我による離脱、成瀬・涌井・唐川といった主力の投手の不調などが響き、思うように順位を延ばすことができず、夏には最下位争いを繰り広げる羽目になった。シーズン途中にキューバ出身でメキシカンリーグの大砲・アルフレド・デスパイネを獲得、9月25日の対日本ハム戦(QVC)に敗れ、Bクラスが確定しロッテのクライマックスシリーズ進出の可能性がなくなった。最終結果は4位に終わった。里崎智也が現役を引退し、成瀬がFA権を行使してヤクルトに移籍した。千葉ロッテマリーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 大天使里崎

    大天使里崎から見た里崎智也里崎智也

    大天使里崎 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤吉宏

    佐藤吉宏から見た里崎智也里崎智也

    初盗塁:2009年7月12日、対千葉ロッテマリーンズ11回戦(札幌ドーム)、12回裏1死に二盗(投手:伊藤義弘、捕手:里崎智也佐藤吉宏 フレッシュアイペディアより)

  • 藤本敦士のDASH宣言!

    藤本敦士のDASH宣言!から見た里崎智也里崎智也

    2015年1月24日・31日:里崎智也(プロ野球)藤本敦士のDASH宣言! フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のパシフィック・リーグプレーオフ

    2005年のパシフィック・リーグプレーオフから見た里崎智也里崎智也

    ソフトバンクは2回裏、ホルベルト・カブレラのソロ本塁打で先制。一方ロッテは4回に2死1塁から4番サブローの2塁打で1塁走者の大塚明が生還し同点。7回表には第1ステージを風邪で棒に振った里崎智也が左翼席へソロ本塁打を放つが、ソフトバンクもその裏、城島健司の負傷でマスクをかぶる的場直樹が2死3塁から適時打を放ち再び同点に。しかしロッテは8回、堀と福浦の連打で無死2、3塁とし杉内をマウンドから引きずり下ろすと、1死後代わった吉武真太郎からベニーが左翼フェンス直撃の適時打を放ち2点を勝ち越す。リードを奪ったロッテは7回の藤田に続き8回を薮田安彦、9回を小林雅と「YFK」が1イニングずつを抑え、幸先よく1勝を挙げた。2005年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2010年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た里崎智也里崎智也

    里崎智也(ファーストステージ)2010年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

150件中 11 - 20件表示

「里崎智也」のニューストピックワード