150件中 41 - 50件表示
  • 2012年の日本プロ野球

    2012年の日本プロ野球から見た里崎智也里崎智也

    千葉ロッテマリーンズの里崎智也が対楽天で、プロ野球史上265人目の通算100本塁打。2012年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 燃える男 中畑清の1・2・3絶好調

    燃える男 中畑清の1・2・3絶好調から見た里崎智也里崎智也

    捕手 里崎智也のビジネス配球術 - 2016年1月から4月に当番組と同じ土曜22:15枠で放送の、同じく元プロ野球(千葉ロッテマリーンズ)選手の里崎智也によるビジネス対談番組。燃える男 中畑清の1・2・3絶好調 フレッシュアイペディアより)

  • 森山周

    森山周から見た里崎智也里崎智也

    初盗塁:2006年7月28日、対千葉ロッテマリーンズ11回戦(スカイマークスタジアム)、3回裏に二盗(投手:渡辺俊介、捕手:里崎智也森山周 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井秀悟

    藤井秀悟から見た里崎智也里崎智也

    1000投球回:2008年8月28日、対千葉ロッテマリーンズ22回戦(千葉マリンスタジアム)、6回裏3死目に里崎智也を右直併殺で達成 ※史上315人目藤井秀悟 フレッシュアイペディアより)

  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見た里崎智也里崎智也

    また、代表に最も多く選出された球団は2005シーズンで日本一・アジア優勝を達成した千葉ロッテの8選手で、先発投手が3人(清水、渡辺俊、小林宏之)、中継ぎ投手が2人(藤田、薮田)、捕手1人(里崎智也)、内野手2人(西岡、今江敏晃)が選出された。2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック

    2006 ワールド・ベースボール・クラシックから見た里崎智也里崎智也

    しかし、7回の表、先頭打者の4番松中信彦がライト線への二塁打を放ち、試合は大きく動いた。ここで韓国は金炳賢をマウンドに送り、後続の多村仁を凡退させた。日本は、これまで完全に抑えこまれていたためにスタメン落ちしていた福留孝介を代打として送り出した。福留は期待に応えてライトスタンドへ2点本塁打。金炳賢はこれに動揺したか次打者の小笠原道大に死球、審判により警告を受け、さらに暴投で1死2塁となったところで里崎智也にエンタイトルツーベースを打たれ、3点目を献上。その後、川崎宗則のセカンドゴロが進塁打となったものの二死。しかし、ここから日本は宮本慎也、西岡剛、イチローが三連打。打者一巡で5点を挙げた。8回の表にも多村のソロ本塁打で追加点を挙げ、日本は上原が7回を無失点、8回は薮田安彦、9回には守護神大塚晶則を投入し完封リレー。6-0と完勝で決勝へと駒を進めた。一方の韓国は日本に1次、2次の両ラウンドでは勝利していたが、まさかの敗戦を喫した。2006 ワールド・ベースボール・クラシック フレッシュアイペディアより)

  • 2001年の野球

    2001年の野球から見た里崎智也里崎智也

    7月20日 - フレッシュオールスターゲームはイースタン・リーグが10-4でウエスタン・リーグに勝利、MVPはロッテの里崎智也2001年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の日本プロ野球

    2014年の日本プロ野球から見た里崎智也里崎智也

    9月11日 - ロッテの里崎智也が今季限りでの現役引退を表明。球団を通じてコメントを発表2014年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2014年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た里崎智也里崎智也

    実況:茅野正昌、解説:浜名千広、ゲスト解説:里崎智也(前千葉ロッテマリーンズ、レギュラーシーズン終了時に引退)、リポーター:田中友英(ソフトバンクサイドのみ)2014年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 鳴門市立鳴門工業高等学校

    鳴門市立鳴門工業高等学校から見た里崎智也里崎智也

    里崎智也 - 元プロ野球選手鳴門市立鳴門工業高等学校 フレッシュアイペディアより)

150件中 41 - 50件表示

「里崎智也」のニューストピックワード