101件中 51 - 60件表示
  • 福浦和也

    福浦和也から見た里崎智也里崎智也

    2010年は、金泰均の加入で主にDHや代打の切り札として出場。この年はここ数年の不振から脱却し、序盤は7番や代打で出場していたものの後半戦は里崎智也、サブローの離脱や大松尚逸の不振から6番や5番を打つことも多くなり、9月8日の対オリックス戦では不振の金泰均に代わって、7年ぶりに4番でのスタメン出場を果たした。5月13日の対横浜戦(横浜スタジアム)にて6回表1死満塁の場面で代打出場し、真田裕貴から、ライトポール際へ大飛球を放ち、最初は一塁塁審にファウルを宣告されるも、2010年から導入されたビデオ判定により本塁打と認定され代打逆転満塁ビデオ判定弾となった。ビデオ判定導入以降ファウルが本塁打に覆ったのは初。規定打席には到達しなかったものの最終的に打率は.295を記録し、ここ数年減少していた本塁打も13本と2004年以来の2桁を記録した。また、指名打者部門でベストナインに選ばれた。ベストナイン受賞は自身初である。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • うえむら ちか

    うえむらちかから見た里崎智也里崎智也

    里崎智也のラジカントロプス2.0(2007年12月14日、2007年12月21日、ラジオ日本 1422kHz) アシスタント兼インタビュアーうえむらちか フレッシュアイペディアより)

  • 嶋基宏

    嶋基宏から見た里崎智也里崎智也

    初盗塁:2007年4月20日、対千葉ロッテマリーンズ3回戦(フルキャストスタジアム宮城)、7回裏に二盗(投手:藤田宗一、捕手:里崎智也嶋基宏 フレッシュアイペディアより)

  • 吉村裕基

    吉村裕基から見た里崎智也里崎智也

    初盗塁:2006年5月18日、対千葉ロッテマリーンズ3回戦(横浜スタジアム)、3回裏に二盗(投手:久保康友、捕手:里崎智也吉村裕基 フレッシュアイペディアより)

  • 大村直之

    大村直之から見た里崎智也里崎智也

    200盗塁:2009年4月28日、対千葉ロッテマリーンズ4回戦(千葉マリンスタジアム)、7回表に二盗(投手:伊藤義弘、捕手:里崎智也) ※史上67人目大村直之 フレッシュアイペディアより)

  • 小瀬浩之

    小瀬浩之から見た里崎智也里崎智也

    初盗塁:同上、5回表に二盗(投手:小林宏之、捕手:里崎智也小瀬浩之 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本シリーズ

    2008年の日本シリーズから見た里崎智也里崎智也

    文化放送(独自) 実況:長谷川太 解説:山崎裕之 ゲスト解説:里崎智也(ロッテ)2008年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 山本功児

    山本功児から見た里崎智也里崎智也

    ロッテ監督としての選手起用については、当初は大塚明や立川隆史など、生え抜きの若手を積極的に起用したものの、決定的な実力不足を痛感し、ベテラン勢や外部補強選手を中心に戦いながらサブローや里崎智也、小林宏之などの台頭を気長に待つことになる。こうして監督を務めた5年間、ロッテはチームは全て5位か4位に終わっているが、年々勝率を上げ2003年には借金1にまでチームを戻したところで辞任した。山本功児 フレッシュアイペディアより)

  • 新井良太

    新井良太から見た里崎智也里崎智也

    初盗塁:2010年6月5日、対千葉ロッテマリーンズ4回戦(ナゴヤドーム)、8回裏に二盗(投手:秋親、捕手:里崎智也新井良太 フレッシュアイペディアより)

  • 脇谷亮太

    脇谷亮太から見た里崎智也里崎智也

    初盗塁:2006年6月11日、対千葉ロッテマリーンズ6回戦(千葉マリンスタジアム)、4回表に二盗(投手:渡辺俊介、捕手:里崎智也脇谷亮太 フレッシュアイペディアより)

101件中 51 - 60件表示

「里崎智也」のニューストピックワード