前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
85件中 1 - 10件表示
  • 里崎智也

    里崎智也から見た渡辺俊介

    この年は試合後に行うライブが話題になった。5月29日の対横浜ベイスターズ戦(千葉マリンスタジアム)で自身初の満塁本塁打を放ち、この試合好投した渡辺俊介と共にヒーローインタビューで「今日は球場正面入り口で俊介と歌いまーす!」と宣言。千葉ロッテマリーンズの公式応援歌『We Love Marines』を歌う。8月8日の渡辺俊介と今江敏晃がヒーローの試合後、渡辺に指名され三人で歌う。野球選手の次に歌手になりたかったと言い、人前で歌うのは小さい頃からの夢であったという。8月28日の対オリックス・バファローズ戦で黒木知宏が復帰登板勝利を果たしたその日、ステージに来たのは本塁打を打った里崎であり(黒木がステージに出演しない事は、場内アナウンスで説明があった)、黒木がヒーローインタビューでかけていた「本日の主役」タスキをかけて歌いに来る。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見た橋本将

    清水将海に代わる正捕手の座を巡って橋本将などと争い、開幕から暫くマスクを任された。4月3日の福岡ダイエーホークス戦にて山田秋親からプロ入り初本塁打を放った。しかし同年放った安打はこの本塁打のみで、公式戦出場は12試合に終わり目立った活躍はできなかった。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見た成瀬善久

    最優秀バッテリー賞:2回 (2005年、投手:渡辺俊介、2007年、投手:成瀬善久)※渡辺俊介とは同年齢で受賞したが、バッテリーが同年齢で受賞したケースはパ・リーグ初。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見た石井貴

    4月6日の対西武ライオンズ戦にてプロ初スタメン、初出場を果たす。なおこの試合では7回裏に石井貴から左翼へ適時二塁打を放ち初安打、初打点も記録した。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見たボビー・バレンタイン

    監督にボビー・バレンタインが就任した同年は正捕手の座を確実視されたが、4月に左ひざの半月板を損傷し手術したため、出場は61試合に終わり、前年より出場機会を減らしてしまった。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見た山田秋親

    清水将海に代わる正捕手の座を巡って橋本将などと争い、開幕から暫くマスクを任された。4月3日の福岡ダイエーホークス戦にて山田秋親からプロ入り初本塁打を放った。しかし同年放った安打はこの本塁打のみで、公式戦出場は12試合に終わり目立った活躍はできなかった。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見た東北楽天ゴールデンイーグルス

    8月2日に行われた東北楽天戦で相手選手のトッド・リンデンと一触即発の状態となる。発端は3回表の胸元への投球にリンデンが挑発行為を行い、6回表の次打席でリンデンがバントの構えから引いたバットが、里崎のマスクを掠め、それをリンデンが謝罪しなかったことにより報復行為とみなされたことである。両選手の争いはベンチより選手・コーチらが飛び出し両チームを巻き込むものへと発展したが、幸い乱闘騒ぎが起こるようなことはなかった。しかし延長11回裏に今度は里崎の頭部付近への投球があり、次打者福浦和也の頭部への死球により有銘兼久が危険球退場になるなど、遺恨を残した。シーズン通算では打率を更に下げてしまったものの橋本の不調もあり正捕手に復帰し、再び規定打席到達。リーグトップの盗塁阻止率.382も記録。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見た長澤まさみ長澤 まさみ

    ロッテ ガーナ(2006年、長澤まさみと西岡剛チームメイトと共に共演)里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見た愛敬尚史

    元東北楽天ゴールデンイーグルスの愛敬尚史とは帝京大学の同級生(背番号も同じであった。)。バッテリーを組み活躍した。現在でも親交は厚く、また対戦の時には互いを意識するコメントが両者のブログで見受けられた。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見た美馬学

    100本塁打:2012年7月4日、対東北楽天ゴールデンイーグルス9回戦(QVCマリンフィールド)、3回裏に美馬学から右越ソロ ※史上265人目里崎智也 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
85件中 1 - 10件表示