112件中 91 - 100件表示
  • 里崎智也

    里崎智也から見た三塁打

    5月4日、対ダイエー戦の延長11回表、3対3の同点の場面でロッテ監督の山本功児は清水将海の代打に井上純を送る。直後、ダイエー監督の王貞治が左投手の渡辺正和を出したので、山本は里崎を代打に送る。ここで里崎は見事期待に応え、決勝適時三塁打を放った。実は前日に祖母を亡くし、告別式を欠席してまでの出場だった。里崎はヒーローインタビューで涙を流した。ウイニングボールは祖母の墓前に手向けられた。(このエピソードは2004年3月20日に放送された『徳光&所のスポーツえらい人グランプリPart19』(日本テレビ)でドキュメンタリー形式にて取り上げられた)。それ以後、規定打席未到達ながら打率.319、本塁打8本の成績を残すなど活躍し一軍定着を果たした。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見た西武ドーム

    初盗塁:2005年8月17日、対西武ライオンズ15回戦(インボイスSEIBUドーム)、7回表に二盗(投手:松坂大輔、捕手:野田浩輔)里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見たビックリマン

    里崎 智也(さとざき ともや、1976年5月20日 - )は、徳島県鳴門市出身の元プロ野球選手(捕手)。野球解説者。千葉ロッテマリーンズスペシャルアドバイザー。タレント。 ビックリマン終身名誉PR大使。愛称は『サト』。所属事務所はレプロエンタテインメント。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見た帝京大学

    鳴門市大津西小学校、鳴門市第一中学校、鳴門市立鳴門工業高等学校(現在の徳島県立鳴門渦潮高等学校)を卒業。高卒後は首都大学野球連盟所属の帝京大学に入学。大学では当初、打撃を生かして指名打者として出場し、4年から捕手のレギュラーとなる。愛敬尚史とバッテリーを組み、4年秋にはチーム22季ぶりの優勝に貢献し、明治神宮野球大会に出場。3年春に4試合連続本塁打のリーグ戦記録、ベストナイン3回。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見た2005年のパシフィック・リーグプレーオフ

    橋本将との併用で活躍した。基本的に相手先発投手が左投げなら里崎、右投げなら橋本だったが、右投げ投手が先発の場合でも出場することがあった。4月27日の対西武戦ではプロ入り初の4番打者に抜擢されるなど、チームの躍進に攻守にわたって大きく貢献した。福岡ソフトバンクホークスとのプレーオフ2ndステージでは、第5戦(ヤフードーム)の八回表に1対2の1点ビハインドの場面から逆転適時二塁打を打ったほか、第1戦では同年沢村賞の杉内俊哉、第4戦でも和田毅から本塁打放つなど活躍し、大舞台に強いところを存分に示した。日本シリーズでも阪神タイガースを相手に活躍し、日本一に貢献した。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見た2010年の日本シリーズ

    自らの故障や守備面での的場直樹の高評価もあり、出場機会が前年より減った。守備では盗塁阻止率が前年の38%から17%へ急落。打撃面では10本塁打を放ち6年連続二桁本塁打を記録したが、ケガによる欠場が多く78試合の出場に終わった。それでもクライマックスシリーズ1stステージに合わせて復帰すると、第1戦では同点タイムリー、第2戦では同点ソロホームランをいずれもビハインドの9回に放ち、抜群の勝負強さを見せつけた。またファイナルステージ進出に際し「史上最多の下克上を見せる!」と発言。レギュラーシーズン3位からの日本シリーズ制覇はメディアにおいて“史上最大の下克上”と用いられるようになった。なお日本シリーズでは左肩にガングリオンができたことを隠しながらプレーしていた。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見た尺骨

    8月に左尺骨茎状突起(左手首)を骨折。2度の手術後、長期のリハビリが必要となったため、公式戦出場を果たせずに終わった。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見た鳴門市

    里崎 智也(さとざき ともや、1976年5月20日 - )は、徳島県鳴門市出身の元プロ野球選手(捕手)。野球解説者。千葉ロッテマリーンズスペシャルアドバイザー。タレント。 ビックリマン終身名誉PR大使。愛称は『サト』。所属事務所はレプロエンタテインメント。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見た球辞苑

    球辞苑 〜プロ野球が100倍楽しくなるキーワードたち〜(NHK BS1)※第4, 6, 7回里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見たドキュメンタリー

    5月4日、対ダイエー戦の延長11回表、3対3の同点の場面でロッテ監督の山本功児は清水将海の代打に井上純を送る。直後、ダイエー監督の王貞治が左投手の渡辺正和を出したので、山本は里崎を代打に送る。ここで里崎は見事期待に応え、決勝適時三塁打を放った。実は前日に祖母を亡くし、告別式を欠席してまでの出場だった。里崎はヒーローインタビューで涙を流した。ウイニングボールは祖母の墓前に手向けられた。(このエピソードは2004年3月20日に放送された『徳光&所のスポーツえらい人グランプリPart19』(日本テレビ)でドキュメンタリー形式にて取り上げられた)。それ以後、規定打席未到達ながら打率.319、本塁打8本の成績を残すなど活躍し一軍定着を果たした。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

112件中 91 - 100件表示

「里崎智也」のニューストピックワード