85件中 21 - 30件表示
  • 里崎智也

    里崎智也から見た清水将海

    清水将海に代わる正捕手の座を巡って橋本将などと争い、開幕から暫くマスクを任された。4月3日の福岡ダイエーホークス戦にて山田秋親からプロ入り初本塁打を放った。しかし同年放った安打はこの本塁打のみで、公式戦出場は12試合に終わり目立った活躍はできなかった。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見た埼玉西武ライオンズ

    同年は橋本将との併用で活躍した。基本的に相手先発投手が左投げなら里崎、右投げなら橋本だったが、右投げ投手が先発の場合でも出場することもあった。4月27日の対埼玉西武ライオンズ戦ではプロ入り初の4番打者に抜擢される。10月17日のプレーオフ2ndステージ・対福岡ソフトバンクホークス第5戦(ヤフードーム)で8回表、1対2の1点ビハインドの場面から逆転タイムリー二塁打を放ちチームを31年ぶりの優勝へ導く。その後の日本シリーズでも阪神タイガースを相手に活躍し、日本一に貢献した。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見た福岡ソフトバンクホークス

    同年は橋本将との併用で活躍した。基本的に相手先発投手が左投げなら里崎、右投げなら橋本だったが、右投げ投手が先発の場合でも出場することもあった。4月27日の対埼玉西武ライオンズ戦ではプロ入り初の4番打者に抜擢される。10月17日のプレーオフ2ndステージ・対福岡ソフトバンクホークス第5戦(ヤフードーム)で8回表、1対2の1点ビハインドの場面から逆転タイムリー二塁打を放ちチームを31年ぶりの優勝へ導く。その後の日本シリーズでも阪神タイガースを相手に活躍し、日本一に貢献した。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見た福岡ダイエーホークス

    清水将海に代わる正捕手の座を巡って橋本将などと争い、開幕から暫くマスクを任された。4月3日の福岡ダイエーホークス戦にて山田秋親からプロ入り初本塁打を放った。しかし同年放った安打はこの本塁打のみで、公式戦出場は12試合に終わり目立った活躍はできなかった。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見た千葉ロッテマリーンズ

    里崎 智也(さとざき ともや、1976年5月20日 - )は、千葉ロッテマリーンズに所属するプロ野球選手(捕手)。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見た袴田英利

    WBC代表に選出され出場。正捕手として世界一に貢献し、22打数9安打で打率.409、1本塁打に5打点をマークしラッキーボーイとして知名度を上げる。ベストナイン(捕手部門)にも選出される活躍をみせた。4月26日にはWBCでの活躍が評価され、出身地の徳島県から特別功労賞が贈られた。5月2日の対ソフトバンク戦では前年にチームメイトの渡辺俊介が記録した日本記録タイの5打席連続三振を喫した。6打席目はヒットを放ち不名誉記録更新は免れた。また、オールスターゲームに初のファン投票(捕手)での選出(2005年にも監督推薦で出場)。高校時代1本もヒットを打てなかった同郷の川上憲伸から初ヒットとなるソロホームランを放っている。この年、橋本将の故障と不調もあり正捕手に座った。球団としては1985年の袴田英利以来、捕手として21年ぶりの規定打席に到達(球団名がマリーンズに変更されてからは初)、ゴールデングラブ賞とベストナインにも選出された。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見た谷繁元信

    内角を執拗に突く強気なリードを持ち味とする。遠投120メートルと地肩は強く、送球はシュート回転することが多いものの、谷繁元信の下半身の動きを手本として上達したという捕球してから送球するまでの動作が非常に素早く、盗塁阻止率が高い。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見た井上純

    5月4日、対福岡ダイエーホークス戦の延長11回表、3対3の同点の場面でロッテ監督の山本功児は清水将海の代打井上純を送る。しかし直後、ダイエー監督の王貞治が左投手の渡辺正和を出したので、山本は里崎を代打に送る。ここで里崎は見事期待に応え、決勝タイムリー三塁打を放った。実は前日に祖母を亡くし、告別式を欠席してまでの出場だった(本来は忌引が認められる)里崎はヒーローインタビューで涙を流した。ウイニングボールは祖母の墓前に手向けられた。(このエピソードは2004年3月20日に放送された『徳光&所のスポーツえらい人グランプリPart19』(日本テレビ)でドキュメンタリー形式にて取り上げられた)。それ以後、規定打席未到達ながら打率.319、本塁打8本の成績を残すなど活躍し一軍定着を果たした。この出来事がきっかけで2005年以降リーグを代表する正捕手へと飛躍していくことになる。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見た野田浩輔

    初盗塁:2005年8月17日、対西武ライオンズ15回戦(インボイスSEIBUドーム)、7回表に二盗(投手:松坂大輔、捕手:野田浩輔里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見た山本功児

    5月4日、対福岡ダイエーホークス戦の延長11回表、3対3の同点の場面でロッテ監督の山本功児は清水将海の代打井上純を送る。しかし直後、ダイエー監督の王貞治が左投手の渡辺正和を出したので、山本は里崎を代打に送る。ここで里崎は見事期待に応え、決勝タイムリー三塁打を放った。実は前日に祖母を亡くし、告別式を欠席してまでの出場だった(本来は忌引が認められる)里崎はヒーローインタビューで涙を流した。ウイニングボールは祖母の墓前に手向けられた。(このエピソードは2004年3月20日に放送された『徳光&所のスポーツえらい人グランプリPart19』(日本テレビ)でドキュメンタリー形式にて取り上げられた)。それ以後、規定打席未到達ながら打率.319、本塁打8本の成績を残すなど活躍し一軍定着を果たした。この出来事がきっかけで2005年以降リーグを代表する正捕手へと飛躍していくことになる。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

85件中 21 - 30件表示

「里崎智也」のニューストピックワード