112件中 61 - 70件表示
  • 里崎智也

    里崎智也から見たThe BAY☆LINE

    1月、千葉ロッテマリーンズのスペシャルアドバイザーに就任。同年よりニッポン放送、千葉テレビ、TBSニュースバード(ロッテ球団制作の中継)、日刊スポーツの野球解説者に就任する。2月より「芹澤信雄のゴルフアカデミー(WOWOW)に出演中。4月よりレギュラー番組『The BAY☆LINE』の月曜パーソナリティをきゃんひとみ(BAY LINE GO!GO!から続投)と共に担当。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見た2007年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    監督のバレンタインにより主将に任命される(ユニフォームにも四芒星の中に「C」入りのキャプテンマークが付いた。位置は左腕のペットマークパッチ直上)。この年も規定打席に到達し、自己最多となる75打点を記録。クライマックスシリーズでも活躍した。また、2年連続でゴールデングラブ賞とベストナインを受賞。北京五輪アジア予選日本代表メンバーに選出され、台湾で行われた最終予選の第3戦の対台湾戦に先発フル出場した。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見た捕手

    里崎 智也(さとざき ともや、1976年5月20日 - )は、徳島県鳴門市出身の元プロ野球選手(捕手)。野球解説者。千葉ロッテマリーンズスペシャルアドバイザー。タレント。 ビックリマン終身名誉PR大使。愛称は『サト』。所属事務所はレプロエンタテインメント。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見た2010年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    自らの故障や守備面での的場直樹の高評価もあり、出場機会が前年より減った。守備では盗塁阻止率が前年の38%から17%へ急落。打撃面では10本塁打を放ち6年連続二桁本塁打を記録したが、ケガによる欠場が多く78試合の出場に終わった。それでもクライマックスシリーズ1stステージに合わせて復帰すると、第1戦では同点タイムリー、第2戦では同点ソロホームランをいずれもビハインドの9回に放ち、抜群の勝負強さを見せつけた。またファイナルステージ進出に際し「史上最多の下克上を見せる!」と発言。レギュラーシーズン3位からの日本シリーズ制覇はメディアにおいて“史上最大の下克上”と用いられるようになった。なお日本シリーズでは左肩にガングリオンができたことを隠しながらプレーしていた。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見た1998年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    1998年のドラフト会議において、千葉ロッテマリーンズから2位指名され、入団。背番号は22に決まった。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見た里崎智也のスポーツ直球勝負!

    里崎智也のスポーツ直球勝負!(ニッポン放送)- 2017年10月8日 - 2018年4月1日里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見た本塁打

    橋本将との併用で活躍した。基本的に相手先発投手が左投げなら里崎、右投げなら橋本だったが、右投げ投手が先発の場合でも出場することがあった。4月27日の対西武戦ではプロ入り初の4番打者に抜擢されるなど、チームの躍進に攻守にわたって大きく貢献した。福岡ソフトバンクホークスとのプレーオフ2ndステージでは、第5戦(ヤフードーム)の八回表に1対2の1点ビハインドの場面から逆転適時二塁打を打ったほか、第1戦では同年沢村賞の杉内俊哉、第4戦でも和田毅から本塁打放つなど活躍し、大舞台に強いところを存分に示した。日本シリーズでも阪神タイガースを相手に活躍し、日本一に貢献した。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見た二塁打

    橋本将との併用で活躍した。基本的に相手先発投手が左投げなら里崎、右投げなら橋本だったが、右投げ投手が先発の場合でも出場することがあった。4月27日の対西武戦ではプロ入り初の4番打者に抜擢されるなど、チームの躍進に攻守にわたって大きく貢献した。福岡ソフトバンクホークスとのプレーオフ2ndステージでは、第5戦(ヤフードーム)の八回表に1対2の1点ビハインドの場面から逆転適時二塁打を打ったほか、第1戦では同年沢村賞の杉内俊哉、第4戦でも和田毅から本塁打放つなど活躍し、大舞台に強いところを存分に示した。日本シリーズでも阪神タイガースを相手に活躍し、日本一に貢献した。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見たBAY LINE GO!GO!

    1月、千葉ロッテマリーンズのスペシャルアドバイザーに就任。同年よりニッポン放送、千葉テレビ、TBSニュースバード(ロッテ球団制作の中継)、日刊スポーツの野球解説者に就任する。2月より「芹澤信雄のゴルフアカデミー(WOWOW)に出演中。4月よりレギュラー番組『The BAY☆LINE』の月曜パーソナリティをきゃんひとみ(BAY LINE GO!GO!から続投)と共に担当。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見た双生児

    開幕戦の3月28日の対ソフトバンク戦で8番捕手で出場。7月には双子の男児が産まれた。しかし、左膝が回復せず、9月11日に現役引退を発表。同月28日の対オリックス戦(QVCマリンフィールド)に引退試合として、プロ入り初の1番・指名打者で出場、本塁打を打てば捕手では史上初となる全打順本塁打達成だったが、2打席で2三振に終わり達成ならず、この後3打席目にデスパイネが代打に送られ、試合から退いた。12月2日、自由契約公示された。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

112件中 61 - 70件表示

「里崎智也」のニューストピックワード