283件中 21 - 30件表示
  • I&I

    I&Iから見た野口五郎野口五郎

    「この冬最高のデュエットラブソング」というキャッチフレーズで発売された、デュエット・バラードソング。歌いやすさを重視したメロディとシンプルな構成が印象的である。「I&I」のギターソロは、プロデューサーである野口五郎が弾いている。I&I フレッシュアイペディアより)

  • あなたに夢中〜内気なキャンディーズ〜

    あなたに夢中〜内気なキャンディーズ〜から見た野口五郎野口五郎

    オリジナル歌唱:野口五郎あなたに夢中〜内気なキャンディーズ〜 フレッシュアイペディアより)

  • TKman

    TKmanから見た野口五郎野口五郎

    漫画内で何度も募集した上に、読売新聞に広告まで出している。募集期間は1999年7月5日-28日。8月にオーディション。小学館から白井勝也、長崎尚志、漫画家から江口寿史、赤塚不二夫、ミュージシャンから野口五郎、マーク・パンサーなどが1次選考を通過している。最終的に合格者は2名だったが、もう1人は顔出しNGだったために辞退し、清水まなぶ1人が合格。TKman フレッシュアイペディアより)

  • 困ったなア

    困ったなアから見た野口五郎野口五郎

    1977年3月7日から3月24日までの間、NHK少年ドラマシリーズで全12回(月曜日から木曜日放映)のドラマが放映された。原作で主人公の桃子はファンである野口五郎にサインをもらいに行く場面があるが、ドラマでも野口五郎本人がそのシーンに出演した。困ったなア フレッシュアイペディアより)

  • THE FAKES

    THE FAKESから見た野口五郎野口五郎

    野呂五郎(野口五郎のそっくりさん)THE FAKES フレッシュアイペディアより)

  • ビーチボーイズ (曲)

    ビーチボーイズ (曲)から見た野口五郎野口五郎

    「宮古島活性化プロジェクト」(企画内容は該当記事参照)の一環として開かれた民宿『夢来人』のサポートスタッフとして働いていたミキヤ・ケイスケ・ハットリ・セイゴの「ビーチボーイズ」4名が、島田紳助からの辞令でCDデビュー。全員が歌手経験のない一般人であったため、番組秘書を務める新選組リアンの関義哉が助っ人として加入(CD制作プロデューサー、ディレクターも新選組リアンと同じスタッフ)。レコーディングは東京都内で行われ、野口五郎が編曲・歌唱指導を担当した。ビーチボーイズ (曲) フレッシュアイペディアより)

  • チャンスは一度

    チャンスは一度から見た野口五郎野口五郎

    1972年12月4日 - 『夜のヒットスタジオ』に初出演した。以来、1988年11月23日放送(曲は『33才』)まで約16年の間で190回にわたり出演した。これは郷ひろみの175回、野口五郎の123回を凌ぎ、新御三家の中では最多で、五木ひろしの222回、森進一の204回に続き、歴代3位の出演回数である。チャンスは一度 フレッシュアイペディアより)

  • 樋浦一帆

    樋浦一帆から見た野口五郎野口五郎

    若い頃は野口五郎や郷ひろみのバックバンドでギターを担当した。現在は芸名を「ひうら一帆」とし、作曲家として活動している。樋浦一帆 フレッシュアイペディアより)

  • 真夜中のヒーロー (テレビドラマ)

    真夜中のヒーロー (テレビドラマ)から見た野口五郎野口五郎

    本番組の放映日に同局で放送される『カックラキン大放送』で野口五郎が歌う童謡の替え歌が、この番組でも出演者によって繰り返された。真夜中のヒーロー (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 野路由紀子

    野路由紀子から見た野口五郎野口五郎

    1971年(昭和46年)、デビュー曲の『私が生まれて育ったところ』がいきなりヒットした。この年は同じ福井県出身の五木ひろしをはじめ、小柳ルミ子、天地真理、南沙織、野口五郎などがデビューした新人豊作の年であった。この曲は“ディスカバージャパン”と言われていた当時の日本が見直されたことを反映したヒット曲であった。野路由紀子 フレッシュアイペディアより)

283件中 21 - 30件表示

「野口五郎」のニューストピックワード