165件中 41 - 50件表示
  • 野口五郎

    野口五郎から見た高野志穂

    俳優としても個性的な一面を見せている。1999年に放送された『ケイゾク』では早乙女仁役を演じ、2002年に放送されたNHKの連続テレビ小説『さくら』では、ヒロイン・さくら先生 (演:高野志穂) の赴任先となる中学校の英語担当教師を演じた。野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見た荒木一郎

    3歳から歌い始め、1966年10月にフジテレビの『ちびっこのどじまん』で荒木一郎の「今夜は踊ろう」を歌い、優勝する。野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見た日本放送協会

    俳優としても個性的な一面を見せている。1999年に放送された『ケイゾク』では早乙女仁役を演じ、2002年に放送されたNHKの連続テレビ小説『さくら』では、ヒロイン・さくら先生 (演:高野志穂) の赴任先となる中学校の英語担当教師を演じた。野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見たベーシスト

    ベーシストとしても活動しており、主に演歌のレコーディングにスタジオ・ミュージシャンの立場で数多く参加している。野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見たラリー・カールトン

    自身のアルバムにラリー・カールトン等の著名ギタリストが参加したことがある。またサンタナのヒットシングル「Smooth」を、「愛がメラメラ」として日本語詩を付けてカバーした際には、カルロス・サンタナとの面会も果たしている。野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見た森園勝敏

    四人囃子から森園勝敏が脱退した際、その後任候補と噂されたこともある。野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見た佐藤寛 (作曲家)

    新御三家の一人として1970年代の日本を代表し、活躍したアイドルである。妻は三井ゆり。子供は一女一男。実兄は作曲家の佐藤寛。「歌うギタリスト」として評価を得て、現在はライブやコンサートを中心に活動している。野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見た演歌歌手

    1971年5月1日に、「博多みれん」で演歌歌手として「かわいらしい演歌ホープ」のキャッチフレーズと共にデビューしたが全く売れず、2曲目の「青いリンゴ」からポップス歌手に転向したところ、若い女性ファンの人気を獲得した。野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見たフリオ・イグレシアス

    第12回東京音楽祭世界大会 フリオ・イグレシアス賞受賞野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見たマーティ・フリードマン

    2005年には、ヘヴィメタル専門番組『ヘビメタさん』に出演。元メガデスのマーティ・フリードマンと競演する。野口五郎 フレッシュアイペディアより)

165件中 41 - 50件表示

「野口五郎」のニューストピックワード