198件中 51 - 60件表示
  • 野口五郎

    野口五郎から見た堀部圭亮

    出演:水沢奈子・斎藤工・板尾創路・堀部圭亮・亜沙美・生田悦子・浅野温子野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見たラリー・カールトン

    自身のアルバムにラリー・カールトン等の著名ギタリストが参加したことがある。またサンタナのヒットシングル「Smooth」を、「愛がメラメラ」として日本語詞を付けてカバーした際には、カルロス・サンタナとの面会も果たしている。2005年には、ヘヴィメタル専門番組『ヘビメタさん』に出演。元メガデスのマーティ・フリードマンと競演する。野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見た佐藤寛 (作曲家)

    新御三家の一人として、1970年代の日本を代表する男性アイドルである。血液型はA型。妻はタレントの三井ゆり。子供は一女一男。実兄は作曲家の佐藤寛野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見た演歌歌手

    1971年5月1日、当初は演歌歌手としてシングル曲「博多みれん」で15歳2か月の若さでデビュー。キャッチフレーズは「青い木の芽の、はだざわり」で売り出した、が、同曲のセールスは全く振るわなかった。しかし2曲目の「青いリンゴ」からポップス歌手に転向してスマッシュ・ヒット、若い女性ファンの人気を獲得。野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見た網野泰寛

    2005年、音楽プロデューサーとして音楽映像配信サイト『音コレ』 (2006年7月20日、『Gプロデュース』と改名) を立ち上げ、ものまね、インディーズ、オリジナル楽曲をプロデュース。根本はるみ、網野泰寛などもプロデュースしている。NTTドコモ、KDDI au、SoftBankの公式サイトにおいても、「音コレものまねMIX」「うれセン!」として着うたフル、着うた、着モーションなどを配信。野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見た三原綱木

    Prize Years , Prize Songs 〜五郎と生きた昭和の歌たち〜 (2010年8月4日) ? 昭和歌謡のカバー・アルバム 演奏:三原綱木 とザ・ニューブリード野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見たザ・ワイルド・ワンズ

    1966年10月、フジテレビの『日清ちびっこのどじまん』で荒木一郎の「今夜は踊ろう」を歌い優勝。中部日本放送の『どんぐり音楽会』に出演し、ザ・ワイルド・ワンズの「青空のある限り」を歌い1位となる。野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見た山田耕筰

    特別企画3時間ドラマ 日立スペシャル「大いなる朝」主演・山田耕筰役 (TBS、1979年)野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見たマーティ・フリードマン

    自身のアルバムにラリー・カールトン等の著名ギタリストが参加したことがある。またサンタナのヒットシングル「Smooth」を、「愛がメラメラ」として日本語詞を付けてカバーした際には、カルロス・サンタナとの面会も果たしている。2005年には、ヘヴィメタル専門番組『ヘビメタさん』に出演。元メガデスのマーティ・フリードマンと競演する。野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見た米山正夫

    『ちびっこのどじまん』をきっかけに本格的に歌手を目指すことを決意。自ら“ソウルソング”という美空ひばりの『リンゴ追分』の作曲家・米山正夫の門下生になりたく、約2年間、米山が係わるオーディションに何度も出場。ついに声が掛かって中学2年生の時、プロを目指し実母とともに上京、東京・浅草の伯父の経営する印刷工場の一室に下宿し、美濃市立美濃中学校から台東区立台東中学校に転校。NPミュージック・プロモーションに所属し、堀越高等学校に進学する。野口五郎 フレッシュアイペディアより)

198件中 51 - 60件表示

「野口五郎」のニューストピックワード