198件中 71 - 80件表示
  • 野口五郎

    野口五郎から見たFNS歌謡祭

    1975年2月10日、実兄 (佐藤寛)作曲による「私鉄沿線」が有線放送をきっかけに大ヒットし、「甘い生活」から2作品連続してオリコン週間チャートの第1位を獲得する。また年末の第8回日本有線大賞・グランプリ、第17回日本レコード大賞・歌唱賞、第6回日本歌謡大賞・放送音楽賞など、多くの音楽賞を受賞し第26回NHK紅白歌合戦も同曲で出場。さらに第3回FNS歌謡祭(1975年上半期)では「哀しみの終るとき」で最優秀歌唱賞を受賞。『再会』で映画初主演。野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見た北マリアナ諸島

    私生活では長年独身を通していたが、2001年に三井ゆりと北マリアナ諸島のロタ島で挙式。なお結婚披露宴は徳光和夫が司会を務め、その模様が日本テレビにより全国に中継放送された。2002年6月5日、2780グラムの第一子となる女児が誕生。2004年5月2日、2994グラムの第二子となる男児が誕生。野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見た駄洒落

    『カックラキン大放送!!』では、当時のアイドルとしては珍しい捨て身のギャグが定番だった。バラエティ番組では、ダジャレ好きなタレントとして、歌手活動とは違った魅力を見せている。自ら「ぼくも野口五郎というタレントを作るスタッフの一人なんですよ」と話している。しかし『カックラキン』は最初は歌番組だと思って引き受けたが、初回の収録が終わった後にプロデューサーに「コント番組はあんまりやりたくないんで、辞めさせて下さい」と降板を申し入れが、プロデューサーから「分かった。降りるのはいいが、その代わり(これからの芸能活動が)どうなるか分かってるな」と言われ、芸能界を干されると思っておののいた野口はその場で「喜んでやらせてもらいます」と答えたという。後に「やったら楽しかった」と振り返っている。野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見た歌手

    野口 五郎(のぐち ごろう、1956年2月23日 - )は、日本の歌手、俳優である。本名、佐藤 靖(さとう やすし)。岐阜県美濃市出身。オフィス・ジー所属。野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見た角ゆり子

    出演:江波杏子・池部良・角ゆり子・松下実加・寺田農・佐藤英夫・横山リエ・水村泰三野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見た2009年

    ミュージカルオペラ「龍馬」 (2009年) 「勝海舟」役野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見たNHK-FM

    FMシアター「ミュージカルファンタジー・人魚の森」(1989年、NHK-FM)野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見たTBSテレビ

    特別企画3時間ドラマ 日立スペシャル「大いなる朝」主演・山田耕筰役 (TBS、1979年)野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見たぶんか社

    芸能人はなぜ老けない (ぶんか社 1999年)野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見たポリドール・レコード

    芸名は飛騨山脈の野口五郎岳に由来するもので、名付け親はデビュー時に所属していたポリドール・レコードのディレクター。現在では歌手・野口五郎の知名度が高く、山の名前が歌手にちなんで付けられたと誤解している人もいるという。なお、黒部五郎岳にちなんだ「黒部五郎」も芸名の候補となっていた。野口五郎とどちらかを選ぶように言われ「山の名前を芸名にするなら高い山のほうがいい」と考えて、黒部五郎岳 (2840m) よりも高い野口五郎岳 (2924m) にちなんだ野口五郎を選んだという。当初は「水城哲也」という芸名でデビュー予定であった。野口五郎 フレッシュアイペディアより)

198件中 71 - 80件表示

「野口五郎」のニューストピックワード