198件中 81 - 90件表示
  • 野口五郎

    野口五郎から見たPaul Reed Smith

    音楽的には60年代後半から70年代前半のものを好むが、ギタリストとしては、その時代以外のものにも関心を示し、ヴァン・ヘイレンやスティーヴ・ヴァイの来日公演の観客席で目撃されている。1982年と1993年・2014年にはインスト・アルバムを発表し、ギタリストとしても優れた音楽センスを披露した。フジテレビの深夜番組『寺内ヘンドリックス』にも、度々、アナウンサーにギターを指導する講師等として出演していた。2014年10月にはギターメーカーPRS(Paul Reed Smith)主催のイベント「EXPERIENCE PRS in JAPAN 2014」(於:ディファ有明)に出演。ライブステージにてアルバム「Playin' It All」から「雪の華」「ありがとう」「異邦人」「ミ・アモーレ」を演奏した。野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見たNHKラジオ第一放送

    わが人生に乾杯! (2011年1月13日 NHKラジオ第一放送)野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見た日本歌謡大賞

    1975年2月10日、実兄 (佐藤寛)作曲による「私鉄沿線」が有線放送をきっかけに大ヒットし、「甘い生活」から2作品連続してオリコン週間チャートの第1位を獲得する。また年末の第8回日本有線大賞・グランプリ、第17回日本レコード大賞・歌唱賞、第6回日本歌謡大賞・放送音楽賞など、多くの音楽賞を受賞し第26回NHK紅白歌合戦も同曲で出場。さらに第3回FNS歌謡祭(1975年上半期)では「哀しみの終るとき」で最優秀歌唱賞を受賞。『再会』で映画初主演。野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見た日清ちびっこのどじまん

    1966年10月、フジテレビの『日清ちびっこのどじまん』で荒木一郎の「今夜は踊ろう」を歌い優勝。中部日本放送の『どんぐり音楽会』に出演し、ザ・ワイルド・ワンズの「青空のある限り」を歌い1位となる。野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見た天才・たけしの元気が出るテレビ!!

    1985年4月 - 1987年9月、再び日本テレビ系のバラエティー番組『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』にレギュラー出演。野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見た功名が辻 (NHK大河ドラマ)

    1995年、初のNHK大河ドラマ『八代将軍吉宗』に徳川頼職役で出演。2006年には『功名が辻』にも出演。野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見た新御三家

    新御三家の一人として、1970年代の日本を代表する男性アイドルである。血液型はA型。妻はタレントの三井ゆり。子供は一女一男。実兄は作曲家の佐藤寛。野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見たケイゾク

    1999年、刑事ドラマ『ケイゾク』に出演、早乙女仁役を演じる。野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見た誰かが私を愛してる (1983年のテレビドラマ)

    1983年、連続ドラマ『誰かが私を愛してる』にヒロイン・多岐川裕美の相手役として出演。その主題歌「19:00の街」が「グッド・ラック」以来久々の15万枚を超えるヒットとなる。第12回東京音楽祭・世界大会でフリオ・イグレシアス賞を受賞。同年末の第34回NHK紅白歌合戦にも、同曲で2年ぶり11回目のカムバック出場を果たした(野口自身2014年現在、最後の紅白出演)。野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見た美濃市

    野口 五郎(のぐち ごろう、1956年2月23日 - )は、日本の歌手、俳優である。本名、佐藤 靖(さとう やすし)。岐阜県美濃市出身。オフィス・ジー所属。野口五郎 フレッシュアイペディアより)

198件中 81 - 90件表示

「野口五郎」のニューストピックワード