165件中 81 - 90件表示
  • 野口五郎

    野口五郎から見たポリドール・レコード

    芸名は飛騨山脈の野口五郎岳に由来し、名付け親はポリドール・レコードのアシスタントディレクターといわれている。現在では、山の名前が歌手にちなんで付けられたと誤解している人さえいる。なお、黒部五郎岳にちなんだ「黒部五郎」も芸名の候補となっていた。野口五郎とどちらかを選ぶように言われ「山の名前を芸名にするなら高い山のほうがいい」と考えて、黒部五郎岳 (2840m) よりも高い野口五郎岳 (2924m) にちなんだ野口五郎を選んだという。野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見たNHKラジオ第一放送

    わが人生に乾杯! (2011年1月13日 NHKラジオ第一放送)野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見た日本歌謡大賞

    1975年には、実兄 (佐藤寛) 作曲による「私鉄沿線」が有線放送をきっかけにヒットし、「甘い生活」から2作品連続してオリコンの週間チャート第1位に輝く。第8回日本有線大賞グランプリ、第17回日本レコード大賞歌唱賞、第6回日本歌謡大賞放送音楽賞など、その年の多くの音楽賞を受賞する。以来、日本歌謡大賞放送音楽賞を5年連続受賞するなど毎年の各音楽賞の常連となり、地味ではあるが息の長い大人の歌手として活躍する。野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見た第17回日本レコード大賞

    1975年には、実兄 (佐藤寛) 作曲による「私鉄沿線」が有線放送をきっかけにヒットし、「甘い生活」から2作品連続してオリコンの週間チャート第1位に輝く。第8回日本有線大賞グランプリ、第17回日本レコード大賞歌唱賞、第6回日本歌謡大賞放送音楽賞など、その年の多くの音楽賞を受賞する。以来、日本歌謡大賞放送音楽賞を5年連続受賞するなど毎年の各音楽賞の常連となり、地味ではあるが息の長い大人の歌手として活躍する。野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見た新御三家

    新御三家の一人として1970年代の日本を代表し、活躍したアイドルである。妻は三井ゆり。子供は一女一男。実兄は作曲家の佐藤寛。「歌うギタリスト」として評価を得て、現在はライブやコンサートを中心に活動している。野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見た博多みれん

    1971年5月1日に、「博多みれん」で演歌歌手として「かわいらしい演歌ホープ」のキャッチフレーズと共にデビューしたが全く売れず、2曲目の「青いリンゴ」からポップス歌手に転向したところ、若い女性ファンの人気を獲得した。野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見た青いリンゴ

    1971年5月1日に、「博多みれん」で演歌歌手として「かわいらしい演歌ホープ」のキャッチフレーズと共にデビューしたが全く売れず、2曲目の「青いリンゴ」からポップス歌手に転向したところ、若い女性ファンの人気を獲得した。野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見た甘い生活 (野口五郎の曲)

    オリコンのヒットチャートでは、1973年に「オレンジの雨」で初のベストテン入り (週間チャート) を果たすと、続く「君が美しすぎて」が週間チャートで第3位にランクされる。そして1974年には、「甘い生活」で遂に週間チャート第1位を獲得する。野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見たレ・ミゼラブル

    ミュージカル「レ・ミゼラブル」 (1987年 - 1991年) 「マリウス」役野口五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎

    野口五郎から見たヘヴィメタル

    2005年には、ヘヴィメタル専門番組『ヘビメタさん』に出演。元メガデスのマーティ・フリードマンと競演する。野口五郎 フレッシュアイペディアより)

165件中 81 - 90件表示

「野口五郎」のニューストピックワード