59件中 31 - 40件表示
  • A KITE

    A KITEから見た野口聡一野口聡一

    名前の多数が宇宙飛行士に由来している(野口聡一、土井隆雄、若田光一、ユーリイ・ガガーリンなど)。A KITE フレッシュアイペディアより)

  • STAR (RIP SLYMEのアルバム)

    STAR (RIP SLYMEのアルバム)から見た野口聡一野口聡一

    日本人宇宙飛行士・野口聡一の著した『ワンダフル・プラネット!』の本を題材に作られた。このことを知った野口はtwitterでこの曲について呟いた。STAR (RIP SLYMEのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 第18次長期滞在

    第18次長期滞在から見た野口聡一野口聡一

    野口聡一 フライトエンジニア、NASA(若田)第18次長期滞在 フレッシュアイペディアより)

  • 第19次長期滞在

    第19次長期滞在から見た野口聡一野口聡一

    野口聡一 フライトエンジニア、JAXA(若田)第19次長期滞在 フレッシュアイペディアより)

  • アトランティス (オービタ)

    アトランティス (オービタ)から見た野口聡一野口聡一

    5台製造された実用機のうちで唯一日本人宇宙飛行士が搭乗していない。(STS-131において山崎直子が日本人宇宙飛行士として初めてアトランティスに搭乗する予定であったが、ディスカバリーに変更された。またSTS-114において野口聡一がアトランティスに搭乗する予定であったが、コロンビア号空中分解事故の影響でミッションが延期され機体もディスカバリーに変更された。ただし日系アメリカ人宇宙飛行士のダニエル・M・タニ飛行士がSTS-122で飛行している)。アトランティス (オービタ) フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア号空中分解事故

    コロンビア号空中分解事故から見た野口聡一野口聡一

    2005年7月6日午前10時39分(東部標準時)、野口聡一飛行士が搭乗するディスカバリー号が発射台を離れた。最初の「リターン・トゥ・フライト(飛行再開)」ミッションである今回のSTS-114は全体としてはきわめて成功裏に終了したが、またしても外部燃料タンクのいくつかの部分から断熱材が剥落するのが確認された。破片が軌道船と衝突することはなかったが、NASAは原因分析と対策のため、次回以降の発射の延期を決定した。8月9日、着陸地点の天候不順のため再突入の日程は二日遅れたものの、 アイリーン・コリンズ(Eileen Collins)船長とジム・ケリー(Jim Kelly)飛行士の操縦により機体は無事に帰還した。この月の終わり、ルイジアナ州ニューオーリンズにある外部燃料タンクの製造工場「ミシャウド(Michoud)組立施設」がハリケーンカトリーナの被害を受けた。このため当時進行中だったすべての作業は9月26日までキャンセルされ、シャトルの飛行は2ヶ月あるいはそれ以上の遅延を余儀なくされるのではないかと懸念された。コロンビア号空中分解事故 フレッシュアイペディアより)

  • 第61回NHK紅白歌合戦

    第61回NHK紅白歌合戦から見た野口聡一野口聡一

    野口聡一(宇宙飛行士):国際宇宙ステーション (ISS) 長期滞在クルーとして日本実験棟「きぼう」などで活動。日本人最長の宇宙滞在期間177日3時間5分を経て2010年6月に帰還。第61回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • きぼう

    きぼうから見た野口聡一野口聡一

    米国、欧州と共通の国際標準実験ラック(ISPR)をJAXAが5基、NASAが5基設置する予定である。NASAは一部の実験装置をデスティニーから移設した。2009年夏のSTS-128でISPRと同じ大きさのISS長期滞在員用の個室1台を「きぼう」内に運んで仮設置した(滞在クルー1名と野口聡一宇宙飛行士が利用)が、2010年9月にこの個室はハーモニーへ移設された。きぼう フレッシュアイペディアより)

  • 世界に一つだけの花

    世界に一つだけの花から見た野口聡一野口聡一

    『第54回NHK紅白歌合戦』の大トリ効果(この年の紅白の視聴率は全歌手最高となる57.1%を記録)で2004年初頭のオリコンシングルチャートで返り咲き1位(翌週も1位)を獲得するなどロングヒットを続け、第76回選抜高等学校野球大会では開会式の入場行進曲に選ばれた。また、2005年には宇宙飛行士の野口聡一がスペースシャトル・ディスカバリー号の中で本曲をモーニングシングとして流し、「宇宙に一つだけの花」と呼ばれるなど話題を呼んだ。世界に一つだけの花 フレッシュアイペディアより)

  • ソユーズ

    ソユーズから見た野口聡一野口聡一

    2009年12月21日、JAXAの野口聡一宇宙飛行士が搭乗したソユーズTMA-17が打ち上げられた。2010年6月2日、ISSにおける161日間の任務を終え、ソユーズTMA-17にて帰還した。尚、彼の宇宙滞在期間は若田光一の159日10時間46分を超える日本人最長記録となった。ソユーズ フレッシュアイペディアより)

59件中 31 - 40件表示

「野口聡一」のニューストピックワード