395件中 131 - 140件表示
  • カリフォルニア・ジャム

    カリフォルニア・ジャムから見たロック・フェスティバルロック・フェスティバル

    カリフォルニア・ジャム (California Jam) は1974年4月6日、アメリカ合衆国カリフォルニア州オンタリオ・モーター・スピードウェイにて開催されたロック・フェスティバル。主催はアメリカのABCテレビジョン。カリフォルニア・ジャム フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ブラック・ダリア・マーダー

    ザ・ブラック・ダリア・マーダーから見たロック・フェスティバルロック・フェスティバル

    2003年に1stアルバム『Unhallowed』をリリースしデビューする。2004年に、結成時のメンバーでドラマーのコリーが脱退。翌年、新たにザック・ギブソン (Ds)が加入し、2ndアルバム『Miasma』をリリース。その年の暮れに、スウェーデンのデスラッシュバンド・インピオスとの「METAL BLADE JAPAN TOUR」が決定した。同年11月、ドラマーのザックとベーシストのデイヴィッドがバンドを脱退。バート・ウィリアムス (B)が加入する。しかし、後任のドラマーが結局見つからず、ヘルプとしてエンジェル・コープス、ナイルで活動していたトニー・ラウリーノがツアーに参加する。この他、ロック・フェスティバル・オズフェストの2ndステージにも出演した。ザ・ブラック・ダリア・マーダー フレッシュアイペディアより)

  • MONGOL800 ga FESTIVAL What a Wonderful World!!

    MONGOL800 ga FESTIVAL What a Wonderful World!!から見たロック・フェスティバルロック・フェスティバル

    MONGOL800 ga FESTIVAL What a Wonderful World!!(モンゴル800・ガ・フェスティバル・ワッタァ・ワンダフルワールド)は、沖縄県のヨミタンリゾートで2009年から行われている、MONGOL800主催のロック・フェスティバルMONGOL800 ga FESTIVAL What a Wonderful World!! フレッシュアイペディアより)

  • VIVA LA ROCK

    VIVA LA ROCKから見たロック・フェスティバルロック・フェスティバル

    VIVA LA ROCK(ビバ・ラ・ロック)は、FACT、DISK GARAGEが主催する、室内ロック・フェスティバルである。2014年に初開催され、ゴールデンウィークの3日間に埼玉県のさいたまスーパーアリーナにて行われる。プロデューサーは音楽評論家の鹿野淳。VIVA LA ROCK フレッシュアイペディアより)

  • アインシュテュルツェンデ・ノイバウテン

    アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンから見たロックフェスティバルロック・フェスティバル

    2007年2月にはneubauten.orgにて小規模かつ「広域な」イギリスツアーを4月に実施することを発表。ハノーファーを皮切りにロックフェスティバルへの参加を含め4公演が行われた。アインシュテュルツェンデ・ノイバウテン フレッシュアイペディアより)

  • ap bank

    ap bankから見たロック・フェスティバルロック・フェスティバル

    2005年7月16日 - 18日にかけて静岡県掛川市のつま恋多目的広場で開催された野外フェスティバル。環境問題がテーマであり太陽光発電やバイオマスなどの自然エネルギーで全ての電力を発電し、自然食品やエコロジー雑貨の売店が出展した。収益はすべてap bankの活動資金に回されNGOなどに融資された。Bank Bandがホスト役を務め、ゲストボーカリストとして各アーティストを迎え入れてライブが行われた。選曲と楽曲アレンジを全てBank Bandが手がけ、21年ぶりの野外フェスティバル出演となった浜田省吾を含めてap bankに賛同するアーティストが多数出演し、3日間で約6万人の観客の前でパフォーマンスを行った。この模様はDVD『ap bank fes '05』に収録されている。ap bank フレッシュアイペディアより)

  • オール・タイム・ロウ

    オール・タイム・ロウから見たロック・フェスティバルロック・フェスティバル

    2015年8月15・16日、ロック・フェスティバル「サマーソニック」出演。オール・タイム・ロウ フレッシュアイペディアより)

  • シンプル・プラン (バンド)

    シンプル・プラン (バンド)から見たロック・フェスティバルロック・フェスティバル

    2015年12月4日、東京と大阪で開催されるパンクフェス「PUNKSPRING 2016」への出演が発表された。シンプル・プラン (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • レイ・ケネディ (ロックミュージシャン)

    レイ・ケネディ (ロックミュージシャン)から見たロック・フェスティバルロック・フェスティバル

    1984年にはマイケル・シェンカー・グループの一員として西武球場他で行われたロック・フェスティバル、「SUPER ROCK '84 IN JAPAN」に参加。レイ・ケネディ (ロックミュージシャン) フレッシュアイペディアより)

  • 両成敗 (アルバム)

    両成敗 (アルバム)から見たロックフェスティバルロック・フェスティバル

    「両成敗でいいじゃない」は、元々は別の激しい曲を作っていたがindigo la Endのレコーディングを終えたときに違う曲をやりたいと提案。当初の曲を練習していたメンバーは困惑しながらも、5時間で曲を完成させた。また当初リード曲は「セルマ」か「シリアルシンガー」にしようと川谷は考えていたものの、レコーディングをした際に、「やっぱこれリード曲じゃない?」と感じたことにより、「両成敗でいいじゃない」をリード曲に選出している。同じく「両成敗」がタイトルに含まれる楽曲である「続けざまの両成敗」は、「両成敗でいいじゃない」に対して、川谷にある「両成敗感」というざっくりとした感情を表した楽曲ではなく、単純にいい曲を作ろうとしたという。「シリアルシンガー」は、川谷がタイトルを適当につけ、そのタイトルがよいと確信したことから決定した題名である。川谷自身が曲を多く作ることと、皮肉の中からの諦めから曲を制作。歌詞もタイトル同等に適当に歌っていたらAメロが完成したという。「id 1」は、制作当時の川谷の一番新しい音楽観とアレンジに沿った曲となっており、ゲスのイメージのないフォークソングに仕上がっている。また楽曲は川谷以外のメンバーが一切関わっておらず、川谷本人が打ち込みをしている。楽曲中のアコースティックギターもメンバーのものではなく、日本のインストゥルメンタルバンド、Nabowaのギタリストの景山奏を招聘している。タイトルにある「id 1」の1というのは、アルバムには収録されていないものの、「id 2」というタイトルの楽曲が存在するということから来ている。「id 2」は隠しトラックにする予定であったものの、楽曲収録数の多さから取りやめられている。「心歌舞く」は、テレビ番組で川谷がNHKの取材を受けた際に、タイトルについて聞かれ、当該の楽曲名を口走った事から制作に至った楽曲である。「セルマ」は、映画的情景描写のあるサビの歌詞が特徴的な楽曲である。この楽曲の歌詞は川谷が日本のロックフェスティバル、フジロックフェスティバルで日本のバンド、クラムボンが演奏している際に、一部を思いついたという。両成敗 (アルバム) フレッシュアイペディアより)

395件中 131 - 140件表示

「野外音楽イベント」のニューストピックワード