242件中 41 - 50件表示
  • T in the Park

    T in the Parkから見たロック・フェスティバルロック・フェスティバル

    T in the Park(ティー・イン・ザ・パーク)は、イギリス・スコットランドのパース・アンド・キンロス、バラード (Balado) の空港跡地で毎年行なわれている野外ロック・フェスティバルである。開催時期は7月中旬の週末に定められている。T in the Park フレッシュアイペディアより)

  • 大山ミュージックリゾート

    大山ミュージックリゾートから見たロックフェスティバルロック・フェスティバル

    総観客数、4万5千人。このロックフェスティバルの大成功を機会に、鳥取県でも音楽の大型野外フェス開催が可能ではないのかという希望が出てきた。大山ミュージックリゾート フレッシュアイペディアより)

  • モンスターズ・オブ・ロック 1992

    モンスターズ・オブ・ロック 1992から見たロック・フェスティバルロック・フェスティバル

    1992年8月22日にキャッスル・ドニントンで行われたロック・フェスティバル「モンスターズ・オブ・ロック」に、ヘッドライナーとして出演した際の演奏を収録。アンコールで演奏された「ランニング・フリー」には、1990年にバンドを脱退したエイドリアン・スミスがゲスト参加している。モンスターズ・オブ・ロック 1992 フレッシュアイペディアより)

  • ロックンロールオリンピック

    ロックンロールオリンピックから見たロック・フェスティバルロック・フェスティバル

    ロックンロールオリンピック(Rock'n Roll Olympic)は、かつて仙台都市圏にあるスポーツランドSUGOにて毎年夏に開催されていた、バンドブーム時代を代表する野外ロック・フェスティバルである。仙台市にある音楽事務所「FLYING HOUSE」が主催していた。「R&Rオリンピック」「ロクオリ」と略記されることもある(以下、「R&Rオリンピック」を用いる)。ロックンロールオリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 榊原光裕

    榊原光裕から見たロック・フェスティバルロック・フェスティバル

    高校から大学にかけての5年間、稲垣潤一らとバンドを組んで活動をしていた。NHK仙台放送局のラジオ番組「FMリクエストアワー」にも出演し、岩渕亮(1977年(昭和52年)にメジャー・デビュー)やさとう宗幸らと共演した。大学3年生の時にはさとうのデビューシングル『青葉城恋唄』(1978年(昭和53年)発売)にレコーディングピアニストとして参加。同曲は大ヒットした。当時、稲垣と関係があった仙台の音楽事務所「フライングハウス」にはHOUND DOG(1980年(昭和55年)にメジャー・デビュー)が所属しており、同バンドの大友康平が中心となって1981年(昭和56年)にロックンロールオリンピックを初開催し、バンドブーム時代を代表する野外ロック・フェスティバルに育てた(現在、同フェスの後継とされるARABAKI ROCK FEST.が春フェスの代表例となっている)。なお、稲垣は1982年(昭和57年)にメジャー・デビューしている。榊原光裕 フレッシュアイペディアより)

  • ピースフルラブ・ロックフェスティバル

    ピースフルラブ・ロックフェスティバルから見たロック・フェスティバルロック・フェスティバル

    ピースフルラブ・ロックフェスティバル(PEACEFUL LOVE Rock Festival)とは毎年7月の第一土曜、日曜日の2日間沖縄県で開催される大規模ロック・フェスティバルである。ピースフルラブ・ロックフェスティバル実行委員会主催。ピースフルラブ・ロックフェスティバル フレッシュアイペディアより)

  • ROAD to Red

    ROAD to Redから見たロック・フェスティバルロック・フェスティバル

    ロード・トゥー・レッド (ROAD to Red) は、TABLE FOR TWOとのコラボレーションチャリティーイベントとして2008年3月より2か月に1度、東京・福岡・大阪・名古屋、各主要都市のライブハウスで行われている日本のロック・フェスティバルである。ROAD to Red フレッシュアイペディアより)

  • ゴアトランス

    ゴアトランスから見た野外フェスティバルロック・フェスティバル

    多くの国において、ゴアトランスは、他のジャンルのトランス音楽と比較すると、アンダーグラウンドな存在であり、あまり商業的な音楽であるとは言い難いい。ゴアトランスは、クラブでかけられるというよりは、野外パーティー(レイヴと呼ばれることが多い)や野外フェスで耳にすることが多い。全盛期のゴアトランスを聞くことのできるコンピレーションアルバムとしては、Dragonfly Recordsの「Voyage Into Trance」や「Order Odonata」シリーズを挙げることができる。珠玉の名作が多く作成されたが、当時のレーベルがほぼ壊滅的な状態のため、現在はDragonfly Records以外のものを入手するのは非常に困難である。ゴアトランス フレッシュアイペディアより)

  • ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN COMPILATION

    ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN COMPILATIONから見たロック・フェスティバルロック・フェスティバル

    ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN COMPILATION(アジアン・カンフー・ジェネレーション プレゼンツ ナノ ムゲン コンピレーション)は、ASIAN KUNG-FU GENERATIONが主催するロック・フェスティバル「NANO-MUGEN FES.2005」に出演する全アーティストによる、コンピレーション・アルバムである。2005年6月8日にキューンレコードから発売された。曲順はアーティスト名のアルファベット順になってある。ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN COMPILATION フレッシュアイペディアより)

  • レイブ (音楽)

    レイブ (音楽)から見たロック・フェスティバルロック・フェスティバル

    田舎や郊外の野外などで合法的に行われる商業的で大規模なダンス音楽を中心としたフェスティバル。国や人によってはこれをレイブの範疇に入れないところもある。海外で有名なものとしてはバーニングマン、Dance Valley Festival、Creamfields、Homelandsが、日本においては、Mt.FUJI FESTIVAL、メタモルフォーゼ、渚音楽祭などがある。警察や開催地当局の許可の下にプロのプロモーターの会社が開催するものが殆どである。入場料は高額であるが、有名なDJやバンドが多数プレイする事が多い。また、合法的に行われており、多数の警察・セキュリティも会場内にいる。多くの場合、数日間にわたって開催されるものが多く、参加者はキャンプをして過ごすこととなる。従来から英国などで盛んであったグラストンベリー・フェスティバルなどのロックを中心とした野外フェスティバルの流れと一体化したものとも言える。また、ロックを中心とした野外フェスティバルでも会場の一部をこうしたダンス音楽中心のものとするケースが多い。レイブ (音楽) フレッシュアイペディアより)

242件中 41 - 50件表示

「野外音楽イベント」のニューストピックワード

  • Theme

  • Matsumuro Seiya Live 2016 −Theme−

  • マジック!と日本のファンは、いつだって最高の相性なんだ