野本圭 ニュース&Wiki etc.

野本 圭(のもと けい、1984年7月7日 - )は、岡山県岡山市南区出身のプロ野球選手(外野手、内野手)。左投左打。現在は中日ドラゴンズ所属。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「野本圭」のつながり調べ

  • 牧田和久

    牧田和久から見た野本圭

    大学卒業後は日本通運に入社。1年目から当時エースで同じアンダースローだった益田隆芳の後継者として期待されるも、2年目の2008年に日本選手権本大会の1回戦、対トヨタ自動車戦の試合中に荒波翔のバントの打球を処理しようとして転倒、右足前十字靱帯を断裂し全治1年の大怪我を負う。2009年の後半に復帰すると、翌2010年の第65回JABA東京スポニチ大会の対明治安田生命戦では7回コールドゲーム参考ながらノーヒットノーランを達成。同年の第81回都市対抗野球大会でも1回戦の対日本新薬戦では4安打完封勝ちを収めている。同期には中日ドラゴンズの野本圭がいる。(牧田和久 フレッシュアイペディアより)

  • 小池正晃

    小池正晃から見た野本圭

    、ウッズの退団もあり、背番号を30から横浜時代に着用した44に変更。奇しくも移籍先で、同じ選手の退団による同じ背番号に変更することとなった。初の中日での春季キャンプでは外野手の他、一塁手や三塁手にも挑戦し、落合監督からノックを受けた。開幕一軍を果たすも当初は藤井淳志、新人の野本圭らの台頭でスタメンではなく、代打や代走、守備固めとしての起用が多かった。6月頃から相手先発が左投手の場合は右翼手でスタメン起用されるようになり、最終的には3年ぶりとなる100試合以上の出場を果たした。(小池正晃 フレッシュアイペディアより)

「野本圭」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ