31件中 11 - 20件表示
  • 岡山県立岡山南高等学校

    岡山県立岡山南高等学校から見た野本圭野本圭

    野本圭(プロ野球選手、中日ドラゴンズ)岡山県立岡山南高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 松井佑介

    松井佑介から見た野本圭野本圭

    初打点:2010年5月1日、対広島東洋カープ8回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、6回表に野本圭の代打で出場、ジョン・ベイルから左中間2点適時二塁打松井佑介 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎武司

    山崎武司から見た野本圭野本圭

    チームメイトであるトニ・ブランコとの競争の中、オープン戦で4本塁打を放つなど結果を出し、3月30日の開幕戦は4番・一塁手で出場した。開幕戦での4番は2010年に金本が記録した41歳11カ月を上回る43歳4カ月のセントラル・リーグ最年長記録となった。その後も4番・一塁手として出場していたものの、4月25日に野本圭と共にインフルエンザB型に感染していたことが判明し、登録を抹消された。7月14日の巨人戦の3回裏、復帰後初の本塁打をD.J.ホールトンから放った。翌日の試合では決勝の適時二塁打を放ち、古巣復帰後初のお立ち台に上がった。しかし、1年を通して90試合に出場したものの、打率.209、1本塁打、13打点と期待に沿う活躍は出来なかった。また、レギュラーシーズン終盤には左手薬指の骨折もあり、一時は本人も引退を考えていたが、チームは来年も山崎を戦力の1人として考えていたため、山崎本人も現役続行を決断した。12月5日の契約更改交渉で300万円減の2700万円に出来高払いを加えてサインし、来年の現役続行が決定した。山崎武司 フレッシュアイペディアより)

  • 日本通運硬式野球部

    日本通運硬式野球部から見た野本圭野本圭

    野本圭:外野手(2008年中日ドラフト1位)日本通運硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 李炳圭

    李炳圭から見た野本圭野本圭

    2009年は来日早々「3割20本」の目標を掲げるものの、オープン戦で打撃不振となりさらに藤井淳志や新人の野本圭が台頭し、外国人枠からも漏れてしまい開幕を二軍で迎えることになった。5月25日に一軍登録されるも、それ以降は一軍と二軍を行き来している。平田良介や野本の不調により出場機会を得たが、得点圏打率は1割台にまで割り込み、打率も2割1分8厘と結果を出す事が出来なかった。同年のファーム日本選手権に5番・指名打者として先発出場したのを最後にシーズン終了後、3年契約の満了を持って解雇通告を受け、10月26日をもってウェイバー公示の手続きがとられ、11月2日付けで自由契約となった。李炳圭 フレッシュアイペディアより)

  • 一二三慎太

    一二三慎太から見た野本圭野本圭

    には、ウエスタン・リーグの公式戦で4番打者を任されるほど、打撃面が急速に成長。セ・パ交流戦の序盤に首脳陣が一軍昇格を検討したほか、フレッシュオールスターゲームへの出場も決まっていた。しかし、「4番・左翼手」としてスタメンに起用された7月14日のウエスタン・リーグの対中日ドラゴンズ戦(阪神鳴尾浜球場)初回の守備で、先頭打者・野本圭の飛球をダイビングキャッチでアウトに取った直後に左足と頭をフェンスに強打。その後の診断で左足の剥離骨折が判明したため、フレッシュオールスターゲームの出場を辞退したばかりか、一軍昇格の機会も逃した。結局、ウエスタン・リーグ公式戦には65試合に出場。打率.255、4本塁打、20打点を記録した。一二三慎太 フレッシュアイペディアより)

  • 高宮和也

    高宮和也から見た野本圭野本圭

    には、春季キャンプ前の1月6日から、背番号を34に変更した。久保康友が国内FA権の行使でDeNAへ移籍したことに伴う補償措置で入団した鶴岡一成捕手が、背番号40を着用することによる。高宮自身は、5月1日にシーズン初の出場選手登録を果たすと、7日の対中日戦(ナゴヤドーム)延長11回表2死から登板。代打に起用された左打者の野本圭を三邪飛に打ち取ると、12回表の打席で梅野隆太郎と交代した。その梅野が2点本塁打を放ったなどことによって、チームは3点リードの末に逃げ切り勝利。高宮にも、一軍公式戦6年振りの白星が付いた。シーズン終盤には、自身と同じ左の中継ぎ要員(加藤康介や筒井和也)が軒並み不振になり、登板の機会が増加。レギュラーシーズン全体では、一軍公式戦22試合の登板で防御率2.89を記録した。さらに、チームのレギュラーシーズン2位で迎えた読売ジャイアンツ(巨人)とのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(東京ドーム)では、巨人の左打者・阿部慎之助対策のワンポイントリリーフとして、第1戦から3戦連続で対戦。通算で3打数無安打2三振と抑え込んだことによって、チームの日本シリーズ進出に貢献した。ソフトバンクとの日本シリーズでも、5試合中2試合に救援で登板した。福岡ヤフオク!ドームでの第3戦(10月28日)では、2点ビハインドの6回裏2死1塁から登板したが、対戦した2人の打者を死球と安打で出塁させた末に、1死も取れないまま降板。後を継いだ安藤優也が以上の走者を全て生還させたため、高宮には自責点2が付いた。高宮和也 フレッシュアイペディアより)

  • 神長英一

    神長英一から見た野本圭野本圭

    野本圭:外野手(2008年中日ドラフト1位)神長英一 フレッシュアイペディアより)

  • 南区 (岡山市)

    南区 (岡山市)から見た野本圭野本圭

    野本圭(プロ野球選手、1984年(昭和59年)- )南区 (岡山市) フレッシュアイペディアより)

  • 田面巧二郎

    田面巧二郎から見た野本圭野本圭

    初奪三振:同上、8回表に野本圭から空振り三振田面巧二郎 フレッシュアイペディアより)

31件中 11 - 20件表示