31件中 21 - 30件表示
  • 小池正晃

    小池正晃から見た野本圭野本圭

    、ウッズの退団もあり、背番号を30から横浜時代に着用した44に変更。奇しくも移籍先で、同じ選手の退団による同じ背番号に変更することとなった。初の中日での春季キャンプでは外野手の他、一塁手や三塁手にも挑戦し、落合監督からノックを受けた。開幕一軍を果たすも当初は藤井淳志、新人の野本圭らの台頭でスタメンではなく、代打や代走、守備固めとしての起用が多かった。6月頃から相手先発が左投手の場合は右翼手でスタメン起用されるようになり、最終的には3年ぶりとなる100試合以上の出場を果たした。小池正晃 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見た野本圭野本圭

    チーム内では高橋や吉見一起と仲が良い。中日スポーツで2011年のMVPに選ばれるかどうかと聞かれた際にも「吉見じゃないんですか」と発言している。一方、吉見の方も同じ質問で「タクでしょう」と答えている。また、野手では野本圭と仲が良い。浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 森野将彦

    森野将彦から見た野本圭野本圭

    11月5日、この年限りで現役引退した立浪の背番号3の引継ぎを打診されたが、5年契約を結んだ契約更改の席上では前述の失策の多さ、ファンの多くが永久欠番になる事を期待した事などを理由として、時期尚早であると自ら保留。しかし31は既に中川裕貴が着けることを発表していたため、同じく引退した井上の9を引き継ぐ野本圭に代わり、30を着けることとなった。森野将彦 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井淳志

    藤井淳志から見た野本圭野本圭

    は、ディオニス・セサル、大島洋平、野本圭、堂上剛裕らによる厳しいポジション争奪戦になったが、夏以降にはスタメンの機会が増えた。8月21日ヤクルト戦(ナゴヤドーム)では6番ライト、2打数1安打1四球で決勝のホームを踏み、守備では2補殺と6回畠山の打球を全力で走り好補し守備でも大活躍でお立ち台に上がった。しかし、飛躍した前年に比べ、出場機会は減り、大きく成績を落とした。日本シリーズでは最後の打者となった。藤井淳志 フレッシュアイペディアより)

  • 1984年の日本

    1984年の日本から見た野本圭野本圭

    7月7日 - 野本圭、プロ野球選手1984年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 英智

    英智から見た野本圭野本圭

    は、藤井淳志や新人の野本圭らの台頭もあり、開幕を二軍で迎えたが4月21日に一軍登録され、その日の対阪神戦で6番・右翼で初出場を果たした。英智 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋周平

    高橋周平から見た野本圭野本圭

    '、エクトル・ルナの負傷もあり、シーズン後半から主に三塁手として一軍に定着。8月1日の阪神戦(甲子園)で7番サードで初スタメンとなり、満塁のチャンスで球団史上最年少となる逆転満塁ホームランを加藤康介から放った。この年のオフから、背番号を野本圭が着けていた9に変更した(野本は高橋の着けていた31に変更された)。合わせてユニホームのデザイン変更に伴い、背ネームがTAKAHASHI'と苗字のみに変更された。高橋周平 フレッシュアイペディアより)

  • サンデードラゴンズ

    サンデードラゴンズから見た野本圭野本圭

    12月6日に名古屋競馬場で、第5レースに個人協賛競走として「小田幸平やりましたーっ!!特別」を開催した。ドラゴンズの選手が個人協賛競走を行ったのはこれが史上初。表彰式には当事者の小田・若狭以外に英智・野本圭・大島洋平の3選手も参加した。この模様はおもてなしツアーの模様と併せて2012年1月29日放送。サンデードラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 牧田和久

    牧田和久から見た野本圭野本圭

    大学卒業後は日本通運に入社。1年目から当時エースで同じアンダースローだった益田隆芳の後継者として期待されるも、2年目の2008年に日本選手権本大会の1回戦、対トヨタ自動車戦の試合中に荒波翔のバントの打球を処理しようとして転倒、右足前十字靱帯を断裂し全治1年の大怪我を負う。2009年の後半に復帰すると、翌2010年の第65回JABA東京スポニチ大会の対明治安田生命戦では7回コールドゲーム参考ながらノーヒットノーランを達成。同年の第81回都市対抗野球大会でも1回戦の対日本新薬戦では4安打完封勝ちを収めている。同期には中日ドラゴンズの野本圭がいる。牧田和久 フレッシュアイペディアより)

  • 大島洋平

    大島洋平から見た野本圭野本圭

    は、開幕戦に7番・中堅手でスタメン出場。しかし、その後は打撃不振に陥り、その間に平田良介や野本圭の活躍もあり、5月21日に二軍降格。昇格後は主に8番・中堅手でスタメン起用される事が多くなり、前半好調だった野本の不振も重なりその後はスタメンに復帰。8月13日にプロ初本塁打を記録。最終的には前年より少ない96試合の出場に終わり、またしても規定打席には届かなかったが、8番・中堅手として打率.243・3本塁打・18打点をあげてリーグ優勝に貢献した。ゴールデングラブ賞も受賞した。前年好成績を残した日本シリーズではチーム唯一の盗塁をしたものの1安打に終わった。大島洋平 フレッシュアイペディアより)

31件中 21 - 30件表示

「野本圭」のニューストピックワード