56件中 11 - 20件表示
  • 野本圭

    野本圭から見た湘南乃風

    『伝えたい事がこんなあるのに』INFINITY 16 welcomez 若旦那 from 湘南乃風 & JAY'ED (2010?2011年)野本圭 フレッシュアイペディアより)

  • 野本圭

    野本圭から見た和田一浩

    2011年はキャンプから二軍スタートでそのまま開幕を迎え初の開幕二軍スタートとなった。しかし、4月30日に一軍昇格。当初は中堅手としての出場が多かったが、ジョエル・グスマンの不振やトニ・ブランコの怪我などで右翼手としての出場が多くなる。シーズン後半は中堅手・大島洋平、右翼手・平田良介と固定される事が多く控えに回ることが多かったが、和田一浩が登録抹消された際は、左翼手でのスタメン起用が多くなった。最終的には大島や平田に水をあけられてしまい、打率.226、2本塁打、15打点と物足りない成績に終わった。また、前年同様三振数(40)が安打数(36)を上回った。野本圭 フレッシュアイペディアより)

  • 野本圭

    野本圭から見た山崎武司

    2012年はキャンプは一軍スタートだったものの、終盤に右ふくらはぎの筋膜炎で開幕は2軍で迎える。4月14日に一軍昇格するが、25日に山崎武司とともにインフルエンザB型に感染していたことが判明し、登録抹消された。その後、松井佑介と一軍に昇格した。試合を決める二塁打を打つなど序盤は好調でスタメンもあったが、平田の復帰、堂上剛裕の台頭により代打出場が主になったりして、プロ入り最低の49試合と物足りないシーズンとなったが、貴重な左の代打として活躍。打率は自己最高を記録した。野本圭 フレッシュアイペディアより)

  • 野本圭

    野本圭から見た新井良太

    その後駒澤大学に進学する。野球部では東都大学リーグ通算66試合出場、222打数71安打、打率.320、7本塁打、36打点。1年春からリーグ戦に出場するが、股関節と腰を痛めて2年春までは出場機会がなく、レギュラーに定着したのは3年春から。3年の時には中日で同僚であった新井良太(現:阪神)と3番・4番のクリーンナップ、1年遅れで同僚となる大島洋平とは右中間をそれぞれ担っていた。大学4年時、世界大学野球選手権大会のリーグ戦4試合で首位打者を獲得したのを皮切りに、インターコンチネンタルカップ、アジア大会の2大会にも、日本代表として出場する。また、東都大学リーグでも、春季の1本塁打から秋季は5本塁打を記録する成長を見せ、通算でも3度のベストナインを獲得するなどドラフト上位候補に値する活躍を見せたが、野本は早くから日本通運への入社を内定させていたため、プロの球団は指名を見送るほかなかった。野本圭 フレッシュアイペディアより)

  • 野本圭

    野本圭から見た細山田武史

    初盗塁:2009年5月15日、対横浜ベイスターズ7回戦(ナゴヤドーム)、4回裏に二盗(投手:三浦大輔、捕手:細山田武史野本圭 フレッシュアイペディアより)

  • 野本圭

    野本圭から見た東野峻

    2010年は外野のレギュラー定着を狙ったものの、打率.218と打撃不振で安打52に対して三振53と三振が安打数を上回る結果となってしまった。しかし、一年間一度も登録抹消されることなく一軍に帯同し、本塁打は前年の倍になる4本とパンチ力は披露した。巨人の東野峻と相性が良く、8月18日の巨人戦(ナゴヤドーム)に、絶不調だったにもかかわらず好調だった堂上剛裕を外してまでスタメン起用され、試合を決める2点タイムリーを放ち結果を出した。クライマックスシリーズファイナルステージ第3戦では、代打で登場し同点に追い付く2ラン本塁打を打っている。野本圭 フレッシュアイペディアより)

  • 野本圭

    野本圭から見たエルビス・プレスリー

    『A Little Less Conversation』エルビス・プレスリー(2012年?)野本圭 フレッシュアイペディアより)

  • 野本圭

    野本圭から見た日本通運

    その後駒澤大学に進学する。野球部では東都大学リーグ通算66試合出場、222打数71安打、打率.320、7本塁打、36打点。1年春からリーグ戦に出場するが、股関節と腰を痛めて2年春までは出場機会がなく、レギュラーに定着したのは3年春から。3年の時には中日で同僚であった新井良太(現:阪神)と3番・4番のクリーンナップ、1年遅れで同僚となる大島洋平とは右中間をそれぞれ担っていた。大学4年時、世界大学野球選手権大会のリーグ戦4試合で首位打者を獲得したのを皮切りに、インターコンチネンタルカップ、アジア大会の2大会にも、日本代表として出場する。また、東都大学リーグでも、春季の1本塁打から秋季は5本塁打を記録する成長を見せ、通算でも3度のベストナインを獲得するなどドラフト上位候補に値する活躍を見せたが、野本は早くから日本通運への入社を内定させていたため、プロの球団は指名を見送るほかなかった。野本圭 フレッシュアイペディアより)

  • 野本圭

    野本圭から見た中日ドラゴンズ

    野本 圭(のもと けい、1984年7月7日 - )は、中日ドラゴンズに所属するプロ野球選手(外野手)。野本圭 フレッシュアイペディアより)

  • 野本圭

    野本圭から見た東都大学野球連盟

    その後駒澤大学に進学する。野球部では東都大学リーグ通算66試合出場、222打数71安打、打率.320、7本塁打、36打点。1年春からリーグ戦に出場するが、股関節と腰を痛めて2年春までは出場機会がなく、レギュラーに定着したのは3年春から。3年の時には中日で同僚であった新井良太(現:阪神)と3番・4番のクリーンナップ、1年遅れで同僚となる大島洋平とは右中間をそれぞれ担っていた。大学4年時、世界大学野球選手権大会のリーグ戦4試合で首位打者を獲得したのを皮切りに、インターコンチネンタルカップ、アジア大会の2大会にも、日本代表として出場する。また、東都大学リーグでも、春季の1本塁打から秋季は5本塁打を記録する成長を見せ、通算でも3度のベストナインを獲得するなどドラフト上位候補に値する活躍を見せたが、野本は早くから日本通運への入社を内定させていたため、プロの球団は指名を見送るほかなかった。野本圭 フレッシュアイペディアより)

56件中 11 - 20件表示

「野本圭」のニューストピックワード

  • 50%以上(58%)上げていただきました。

  • 与えられたところで結果を出すつもりだが、4打席(先発)立ちたいし、その準備はする

  • いい場面で使ってもらって