56件中 21 - 30件表示
  • 野本圭

    野本圭から見たナゴヤドーム

    2010年は外野のレギュラー定着を狙ったものの、打率.218と打撃不振で安打52に対して三振53と三振が安打数を上回る結果となってしまった。しかし、一年間一度も登録抹消されることなく一軍に帯同し、本塁打は前年の倍になる4本とパンチ力は披露した。巨人の東野峻と相性が良く、8月18日の巨人戦(ナゴヤドーム)に、絶不調だったにもかかわらず好調だった堂上剛裕を外してまでスタメン起用され、試合を決める2点タイムリーを放ち結果を出した。クライマックスシリーズファイナルステージ第3戦では、代打で登場し同点に追い付く2ラン本塁打を打っている。野本圭 フレッシュアイペディアより)

  • 野本圭

    野本圭から見た堂上剛裕

    2010年は外野のレギュラー定着を狙ったものの、打率.218と打撃不振で安打52に対して三振53と三振が安打数を上回る結果となってしまった。しかし、一年間一度も登録抹消されることなく一軍に帯同し、本塁打は前年の倍になる4本とパンチ力は披露した。巨人の東野峻と相性が良く、8月18日の巨人戦(ナゴヤドーム)に、絶不調だったにもかかわらず好調だった堂上剛裕を外してまでスタメン起用され、試合を決める2点タイムリーを放ち結果を出した。クライマックスシリーズファイナルステージ第3戦では、代打で登場し同点に追い付く2ラン本塁打を打っている。野本圭 フレッシュアイペディアより)

  • 野本圭

    野本圭から見た柳賢振

    同学年であり同じ外野手である長野久義を、大学時代からの良きライバルとして挙げている。大学時代、長野は日本大学に所属しており、共に東都大学リーグでプレー。当時は、長野が4年時に、リーグで10年ぶりとなる2季連続首位打者を獲得しており、野本も前述の好成績を残していたとはいえ、長野の影に隠れる形となっていた。社会人時代も、長野はHondaに所属し、同じ埼玉県に加盟するチームで戦ってきた。一方、日本代表では長野と同じチームでプレー。2006年のアジア大会では、全員がプロ野球選手の韓国を相手に、野本が柳賢振からタイムリーヒットを打ち、長野が呉昇桓からサヨナラ本塁打を打つ活躍で勝利に貢献。チームメートとしてプレーして以来、グラウンドを離れれば親友のような関係である。野本圭 フレッシュアイペディアより)

  • 野本圭

    野本圭から見たJAY'ED

    『伝えたい事がこんなあるのに』INFINITY 16 welcomez 若旦那 from 湘南乃風 & JAY'ED (2010?2011年)野本圭 フレッシュアイペディアより)

  • 野本圭

    野本圭から見た長野久義

    同学年であり同じ外野手である長野久義を、大学時代からの良きライバルとして挙げている。大学時代、長野は日本大学に所属しており、共に東都大学リーグでプレー。当時は、長野が4年時に、リーグで10年ぶりとなる2季連続首位打者を獲得しており、野本も前述の好成績を残していたとはいえ、長野の影に隠れる形となっていた。社会人時代も、長野はHondaに所属し、同じ埼玉県に加盟するチームで戦ってきた。一方、日本代表では長野と同じチームでプレー。2006年のアジア大会では、全員がプロ野球選手の韓国を相手に、野本が柳賢振からタイムリーヒットを打ち、長野が呉昇桓からサヨナラ本塁打を打つ活躍で勝利に貢献。チームメートとしてプレーして以来、グラウンドを離れれば親友のような関係である。野本圭 フレッシュアイペディアより)

  • 野本圭

    野本圭から見た呉昇桓

    同学年であり同じ外野手である長野久義を、大学時代からの良きライバルとして挙げている。大学時代、長野は日本大学に所属しており、共に東都大学リーグでプレー。当時は、長野が4年時に、リーグで10年ぶりとなる2季連続首位打者を獲得しており、野本も前述の好成績を残していたとはいえ、長野の影に隠れる形となっていた。社会人時代も、長野はHondaに所属し、同じ埼玉県に加盟するチームで戦ってきた。一方、日本代表では長野と同じチームでプレー。2006年のアジア大会では、全員がプロ野球選手の韓国を相手に、野本が柳賢振からタイムリーヒットを打ち、長野が呉昇桓からサヨナラ本塁打を打つ活躍で勝利に貢献。チームメートとしてプレーして以来、グラウンドを離れれば親友のような関係である。野本圭 フレッシュアイペディアより)

  • 野本圭

    野本圭から見た浅尾拓也

    チームメイトの浅尾拓也によると、いじられ役である。野本圭 フレッシュアイペディアより)

  • 野本圭

    野本圭から見た元気ロケッツ

    『Heavenly Star』元気ロケッツ(2011年)野本圭 フレッシュアイペディアより)

  • 野本圭

    野本圭から見た東北楽天ゴールデンイーグルス

    日本通運では入社1年目のから外野のレギュラーの座を確保して活躍し、都市対抗野球・日本選手権に出場。同年台湾で行なわれたIBAFワールドカップにもアマ日本代表として選出され、アマチュア日本代表の外野手の座を不動のものとする。もチームの主力として、、都市対抗野球・日本選手権の両大会に出場し、JABA北海道大会ではMVPに選出された。日本通運在籍中の2年間で体重が5kg増加し、トーナメント戦での一発勝負の厳しさを学んだことで精神面も成長。プロからは即戦力として高く評価された。同年のドラフト会議で、中日ドラゴンズと東北楽天ゴールデンイーグルスの1位指名が競合。抽選の末に中日が交渉権を獲得した。その後、12月4日に中日と契約金1億円(出来高払い5000万円)、年俸1500万円(いずれも金額は推定)で仮契約し、入団。中日は落合博満監督(当時)が直々に1位指名を命じたと言われている。野本圭 フレッシュアイペディアより)

  • 野本圭

    野本圭から見た全国高等学校野球選手権岡山大会

    小学1年生でソフトボールを始め、岡山市立芳泉中学校では軟式野球部に所属。岡山南高校では、1年夏にレギュラーになると、2年春に県大会優勝、中国大会ベスト4。秋からは4番として定着するが、3年夏の県大会では2回戦で敗退し、甲子園の出場経験はない。野本圭 フレッシュアイペディアより)

56件中 21 - 30件表示

「野本圭」のニューストピックワード

  • 50%以上(58%)上げていただきました。

  • 与えられたところで結果を出すつもりだが、4打席(先発)立ちたいし、その準備はする

  • いい場面で使ってもらって