56件中 41 - 50件表示
  • 野本圭

    野本圭から見た世界大学野球選手権大会

    その後駒澤大学に進学する。野球部では東都大学リーグ通算66試合出場、222打数71安打、打率.320、7本塁打、36打点。1年春からリーグ戦に出場するが、股関節と腰を痛めて2年春までは出場機会がなく、レギュラーに定着したのは3年春から。3年の時には中日で同僚であった新井良太(現:阪神)と3番・4番のクリーンナップ、1年遅れで同僚となる大島洋平とは右中間をそれぞれ担っていた。大学4年時、世界大学野球選手権大会のリーグ戦4試合で首位打者を獲得したのを皮切りに、インターコンチネンタルカップ、アジア大会の2大会にも、日本代表として出場する。また、東都大学リーグでも、春季の1本塁打から秋季は5本塁打を記録する成長を見せ、通算でも3度のベストナインを獲得するなどドラフト上位候補に値する活躍を見せたが、野本は早くから日本通運への入社を内定させていたため、プロの球団は指名を見送るほかなかった。野本圭 フレッシュアイペディアより)

  • 野本圭

    野本圭から見た第16回IBAFインターコンチネンタルカップ

    その後駒澤大学に進学する。野球部では東都大学リーグ通算66試合出場、222打数71安打、打率.320、7本塁打、36打点。1年春からリーグ戦に出場するが、股関節と腰を痛めて2年春までは出場機会がなく、レギュラーに定着したのは3年春から。3年の時には中日で同僚であった新井良太(現:阪神)と3番・4番のクリーンナップ、1年遅れで同僚となる大島洋平とは右中間をそれぞれ担っていた。大学4年時、世界大学野球選手権大会のリーグ戦4試合で首位打者を獲得したのを皮切りに、インターコンチネンタルカップ、アジア大会の2大会にも、日本代表として出場する。また、東都大学リーグでも、春季の1本塁打から秋季は5本塁打を記録する成長を見せ、通算でも3度のベストナインを獲得するなどドラフト上位候補に値する活躍を見せたが、野本は早くから日本通運への入社を内定させていたため、プロの球団は指名を見送るほかなかった。野本圭 フレッシュアイペディアより)

  • 野本圭

    野本圭から見た横浜DeNAベイスターズ

    初出場:2009年4月3日、対横浜ベイスターズ1回戦(ナゴヤドーム)、5回表に井上一樹に代わり右翼手として出場野本圭 フレッシュアイペディアより)

  • 野本圭

    野本圭から見た2008年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    日本通運では入社1年目のから外野のレギュラーの座を確保して活躍し、都市対抗野球・日本選手権に出場。同年台湾で行なわれたIBAFワールドカップにもアマ日本代表として選出され、アマチュア日本代表の外野手の座を不動のものとする。もチームの主力として、、都市対抗野球・日本選手権の両大会に出場し、JABA北海道大会ではMVPに選出された。日本通運在籍中の2年間で体重が5kg増加し、トーナメント戦での一発勝負の厳しさを学んだことで精神面も成長。プロからは即戦力として高く評価された。同年のドラフト会議で、中日ドラゴンズと東北楽天ゴールデンイーグルスの1位指名が競合。抽選の末に中日が交渉権を獲得した。その後、12月4日に中日と契約金1億円(出来高払い5000万円)、年俸1500万円(いずれも金額は推定)で仮契約し、入団。中日は落合博満監督(当時)が直々に1位指名を命じたと言われている。野本圭 フレッシュアイペディアより)

  • 野本圭

    野本圭から見た岡山県立岡山南高等学校

    小学1年生でソフトボールを始め、岡山市立芳泉中学校では軟式野球部に所属。岡山南高校では、1年夏にレギュラーになると、2年春に県大会優勝、中国大会ベスト4。秋からは4番として定着するが、3年夏の県大会では2回戦で敗退し、甲子園の出場経験はない。野本圭 フレッシュアイペディアより)

  • 野本圭

    野本圭から見た中堅手

    2011年はキャンプから二軍スタートでそのまま開幕を迎え初の開幕二軍スタートとなった。しかし、4月30日に一軍昇格。当初は中堅手としての出場が多かったが、ジョエル・グスマンの不振やトニ・ブランコの怪我などで右翼手としての出場が多くなる。シーズン後半は中堅手・大島洋平、右翼手・平田良介と固定される事が多く控えに回ることが多かったが、和田一浩が登録抹消された際は、左翼手でのスタメン起用が多くなった。最終的には大島や平田に水をあけられてしまい、打率.226、2本塁打、15打点と物足りない成績に終わった。また、前年同様三振数(40)が安打数(36)を上回った。野本圭 フレッシュアイペディアより)

  • 野本圭

    野本圭から見た第78回都市対抗野球大会

    日本通運では入社1年目のから外野のレギュラーの座を確保して活躍し、都市対抗野球・日本選手権に出場。同年台湾で行なわれたIBAFワールドカップにもアマ日本代表として選出され、アマチュア日本代表の外野手の座を不動のものとする。もチームの主力として、、都市対抗野球・日本選手権の両大会に出場し、JABA北海道大会ではMVPに選出された。日本通運在籍中の2年間で体重が5kg増加し、トーナメント戦での一発勝負の厳しさを学んだことで精神面も成長。プロからは即戦力として高く評価された。同年のドラフト会議で、中日ドラゴンズと東北楽天ゴールデンイーグルスの1位指名が競合。抽選の末に中日が交渉権を獲得した。その後、12月4日に中日と契約金1億円(出来高払い5000万円)、年俸1500万円(いずれも金額は推定)で仮契約し、入団。中日は落合博満監督(当時)が直々に1位指名を命じたと言われている。野本圭 フレッシュアイペディアより)

  • 野本圭

    野本圭から見たクリーンナップ

    その後駒澤大学に進学する。野球部では東都大学リーグ通算66試合出場、222打数71安打、打率.320、7本塁打、36打点。1年春からリーグ戦に出場するが、股関節と腰を痛めて2年春までは出場機会がなく、レギュラーに定着したのは3年春から。3年の時には中日で同僚であった新井良太(現:阪神)と3番・4番のクリーンナップ、1年遅れで同僚となる大島洋平とは右中間をそれぞれ担っていた。大学4年時、世界大学野球選手権大会のリーグ戦4試合で首位打者を獲得したのを皮切りに、インターコンチネンタルカップ、アジア大会の2大会にも、日本代表として出場する。また、東都大学リーグでも、春季の1本塁打から秋季は5本塁打を記録する成長を見せ、通算でも3度のベストナインを獲得するなどドラフト上位候補に値する活躍を見せたが、野本は早くから日本通運への入社を内定させていたため、プロの球団は指名を見送るほかなかった。野本圭 フレッシュアイペディアより)

  • 野本圭

    野本圭から見たプロ野球選手

    野本 圭(のもと けい、1984年7月7日 - )は、中日ドラゴンズに所属するプロ野球選手(外野手)。野本圭 フレッシュアイペディアより)

  • 野本圭

    野本圭から見た第77回都市対抗野球大会

    日本通運では入社1年目のから外野のレギュラーの座を確保して活躍し、都市対抗野球・日本選手権に出場。同年台湾で行なわれたIBAFワールドカップにもアマ日本代表として選出され、アマチュア日本代表の外野手の座を不動のものとする。もチームの主力として、、都市対抗野球・日本選手権の両大会に出場し、JABA北海道大会ではMVPに選出された。日本通運在籍中の2年間で体重が5kg増加し、トーナメント戦での一発勝負の厳しさを学んだことで精神面も成長。プロからは即戦力として高く評価された。同年のドラフト会議で、中日ドラゴンズと東北楽天ゴールデンイーグルスの1位指名が競合。抽選の末に中日が交渉権を獲得した。その後、12月4日に中日と契約金1億円(出来高払い5000万円)、年俸1500万円(いずれも金額は推定)で仮契約し、入団。中日は落合博満監督(当時)が直々に1位指名を命じたと言われている。野本圭 フレッシュアイペディアより)

56件中 41 - 50件表示