前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
102件中 1 - 10件表示
  • すがぽん

    すがぽんから見た野村萬斎野村萬斎

    07年6〜8月 野村萬斎演出「国盗人」に出演。すがぽん フレッシュアイペディアより)

  • 陰陽師 (映画)

    陰陽師 (映画)から見た野村萬斎野村萬斎

    『陰陽師』(おんみょうじ)は、2001年に滝田洋二郎監督、野村萬斎主演で製作された日本映画。夢枕獏原作の陰陽師・安倍晴明の活躍を描いた伝奇小説『陰陽師』の映画化作品。本項では続編の『陰陽師II』も扱う。陰陽師 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 渡邊守章

    渡邊守章から見た野村萬斎野村萬斎

    クローデル、ジャン・ラシーヌなどのフランス演劇を専門としたが、能楽など日本演劇にも造詣が深い。1970年には観世寿夫らと「冥の会」を結成し演劇活動を行い、1979年より演劇集団 円の演出家として活躍。ラシーヌの『フェードル』を能様式で演出、フランスでも上演した。ほかに『能ジャンクション・葵上』のような実験的な能や、クローデル、コクトーのほか、多くの近代演劇の上演を行い、1996年から演劇製作「空中庭園」に拠って演出活動を行う。野村萬斎を武司時代(十代期)からいち早く起用、渡辺謙も守章演出で初舞台を踏んでいる。演劇企画『空中庭園』主宰。渡邊守章 フレッシュアイペディアより)

  • 鞍馬天狗 (2008年のテレビドラマ)

    鞍馬天狗 (2008年のテレビドラマ)から見た野村萬斎野村萬斎

    大佛次郎の代表作『鞍馬天狗』が原作。鞍馬天狗は過去に数回、映画・舞台・テレビドラマ化されているが、この作品では狂言師の野村萬斎が鞍馬天狗に扮した。鞍馬天狗 (2008年のテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 平尾陽三郎

    平尾陽三郎から見た野村萬斎野村萬斎

    2003年には野村萬斎主演の『ハムレット』に出演し、日本およびロンドンにて公演。平尾陽三郎 フレッシュアイペディアより)

  • のぼうの城

    のぼうの城から見た野村萬斎野村萬斎

    犬童一心と樋口真嗣の共同監督で、2010年夏より製作開始、東宝とアスミック・エースの配給で2012年11月2日に公開された。TBS開局60周年記念作品。主演は野村萬斎。累計興行収入28.4億円を記録するヒット作となり、第36回日本アカデミー賞で多数の優秀賞を受賞するなどの評価を受けた。のぼうの城 フレッシュアイペディアより)

  • 金子みすゞ

    金子みすゞから見た野村萬斎野村萬斎

    NHK Eテレの子供向け番組『にほんごであそぼ』では、狂言として野村萬斎がアレンジした「大漁」が、番組内での歌として「私と小鳥と鈴と」が使用されているほか、みすゞの詩のフレーズを題材にした回も複数製作されている。金子みすゞ フレッシュアイペディアより)

  • あぐり

    あぐりから見た野村萬斎野村萬斎

    ヒロイン・あぐり(田中美里)の美容師にかける情熱と、それを取り巻く人間関係を、当時の時代背景なども絡ませて描いた。中でも野村萬斎演じるヒロインの夫・エイスケが人気を集めたが、彼が急死する展開は視聴者に衝撃を与え、NHKに助命嘆願(「実は生きていた」という設定にして欲しい等)が届くほどだったという。あぐり フレッシュアイペディアより)

  • 忍城の戦い

    忍城の戦いから見た野村萬斎野村萬斎

    2012年、映画・『のぼうの城』公開に際して成田長親の子孫と、映画中での長親役・野村萬斎、石田三成役・上地雄輔が長親の菩提寺・大光院に集結し成田長親公四百回忌特別法要が執り行われた。忍城の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 陰陽師 (小説)

    陰陽師 (小説)から見た野村萬斎野村萬斎

    1993年に岡野玲子により漫画化された。2001年にはNHKにて稲垣吾郎主演でテレビドラマ化、野村萬斎主演で映画化、2015年にテレビ朝日にて市川染五郎主演でテレビドラマ化された。また、舞台化もされている。陰陽師 (小説) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
102件中 1 - 10件表示

「野村萬斎」のニューストピックワード