102件中 31 - 40件表示
  • 間違いの喜劇

    間違いの喜劇から見た野村萬斎野村萬斎

    野村萬斎による演出にて上演される。間違いの喜劇 フレッシュアイペディアより)

  • ベッジ・パードン

    ベッジ・パードンから見た野村萬斎野村萬斎

    起点はシスカンパニーから「野村萬斎で現代劇を」と依頼をしてきた際、英国留学時代の夏目漱石を思いついた。萬斎もロンドン留学経験があり、その時の経験が劇中にいくつか出てくる。ベッジ・パードン フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤一平

    遠藤一平から見た野村萬斎野村萬斎

    野村萬斎による「森羅万象」狂言会 ぼくらはみんな生きているの舞台効果映像を演出。遠藤一平 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤アサト

    佐藤アサトから見た野村萬斎野村萬斎

    『オイディプス王』(蜷川幸雄演出、野村萬斎主演):(WOWOW)佐藤アサト フレッシュアイペディアより)

  • 山月記

    山月記から見た野村萬斎野村萬斎

    「山月記」(さんげつき)は、中島敦の短編小説である。1942年2月、『文學界』に「古譚」の名で「文字禍」と共に発表され、中島のデビュー作となった。唐代、詩人となる望みに敗れて虎になってしまった男・李徴が、自分の数奇な運命を友人の袁傪に語るという変身譚であり、清朝の説話集『唐人説薈』中の「人虎伝」(李景亮の作とされる)が素材になっている。 文部科学省認定教科書『国語』の題材にしばしば採用され、中島の作品中でも知名度が高い。野村萬斎によって舞台化された。山月記 フレッシュアイペディアより)

  • 大野純一

    大野純一から見た野村萬斎野村萬斎

    『狂言・三人三様』全三巻(野村萬斎・茂山千作・野村万作)./岩波書店大野純一 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡県立筑紫丘高等学校

    福岡県立筑紫丘高等学校から見た野村萬斎野村萬斎

    1997年9月30日 - 創立70周年記念として、野村万作・萬斎親子を招き狂言の上演福岡県立筑紫丘高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋康也

    高橋康也から見た野村萬斎野村萬斎

    サミュエル・ベケット、ルイス・キャロル、シェイクスピアなどを研究対象とし、ノンセンスなどの、文学における言葉遊びに光を当てるとともに、キャロルの少女愛好についてもその全体像を紹介した。また日本演劇についての論文もあり、『橋がかり』に纏められている。晩年はシェイクスピアの『ウィンザーの陽気な女房たち』、『間違いの喜劇』をそれぞれ狂言「法螺侍」、「間違いの狂言」に翻案し、英国など海外でも上演された。特に2003年に出版した「間違いの狂言」の「ややこしや、ややこしや」という台詞は、主演した野村萬斎がテレビ番組「にほんごであそぼ」で用いたことから、子供も口にする流行語となった。高橋康也 フレッシュアイペディアより)

  • サド侯爵夫人

    サド侯爵夫人から見た野村萬斎野村萬斎

    演出:野村萬斎。美術:島次郎。照明:齋藤茂男。音響:尾崎弘征。衣裳:半田悦子。舞台監督:澁谷壽久サド侯爵夫人 フレッシュアイペディアより)

  • 陰陽師 (2001年のテレビドラマ)

    陰陽師 (2001年のテレビドラマ)から見た野村萬斎野村萬斎

    陰陽師 (映画)、陰陽師II - 映画版。野村萬斎主演。陰陽師 (2001年のテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

102件中 31 - 40件表示

「野村萬斎」のニューストピックワード