86件中 51 - 60件表示
  • 月刊コント

    月刊コントから見た野沢直子野沢直子

    出演者:ザ・プラン9、野沢直子、ロザン、青空、モンスターエンジン、矢野号、アイロンヘッド、コロコロチキチキペッパーズ、ガンバレルーヤ、田村裕(麒麟)、樋口みどりこ(つぼみ)月刊コント フレッシュアイペディアより)

  • つんく♂

    つんく♂から見た野沢直子野沢直子

    日本映画界に革命を起こそうと取り組んだ番組『つんくタウン』。ここでは、役者やタレント、若手映画監督ら(天野ひろゆき、勝村政信、藤井秀剛、野沢直子、とよた真帆、飯田かずな)が撮ったオムニバス形式の劇場公開映画の総指揮となる。つんく♂ フレッシュアイペディアより)

  • 新潟県民エフエム放送

    新潟県民エフエム放送から見た野沢直子野沢直子

    野沢直子 ※タレントの野沢直子とは別人新潟県民エフエム放送 フレッシュアイペディアより)

  • たけし軍団

    たけし軍団から見た野沢直子野沢直子

    基本的にはビートたけしの弟子。1980年代初期に弟子入りした「一軍」・「二軍」、1986年に弟子入りした「三軍」、それ以降に弟子入りした「若手」らで構成されている。この他にも番組などで関わった「外人部隊」も含み、歴代総数は100名を超えるが、ほぼ半数が離脱あるいは芸能界から引退していることから、グループとしては非常に流動的である。たけしは女性を弟子に取らないため、メンバーは基本的に男性であり、野沢直子などが実際に弟子入りを志願したが全て拒否している。たけし軍団 フレッシュアイペディアより)

  • 東京吉本

    東京吉本から見た野沢直子野沢直子

    吉本が再び東京に拠点を持つ契機となったのが、1980年(昭和55年)頃に勃発した漫才ブームである。このブーム最中の昭和55年、東京連絡事務所を設置したのがその始まりである。これが現在の東京本社の起源となる。当時の東京吉本は、上京してくる大阪の吉本のタレントのマネジメントが主であった。唯一東京吉本出身のタレントと言えるのが、野沢直子であったが、彼女の場合は叔父である声優の野沢那智の紹介で吉本に入ったという特別な経緯によるものである。東京吉本 フレッシュアイペディアより)

  • FNS26時間テレビ (2006年)

    FNS26時間テレビ (2006年)から見た野沢直子野沢直子

    女性チーム:野沢直子、麻木久仁子、堀ちえみ、若槻千夏、大沢あかね、福田沙紀FNS26時間テレビ (2006年) フレッシュアイペディアより)

  • いろもん

    いろもんから見た野沢直子野沢直子

    ナ行:中川家?中田カウス・ボタン?中村有志?仲本工事?ナポレオンズ?南州太郎?西川きよし?西川のりお?2丁拳銃?ネプチューン?野沢直子いろもん フレッシュアイペディアより)

  • ぴったんこカン・カン

    ぴったんこカン・カンから見た野沢直子野沢直子

    野沢那智(生前、姪の野沢直子がVTRゲスト出演した回のみ担当した)ぴったんこカン・カン フレッシュアイペディアより)

  • ドバドバ大爆弾

    ドバドバ大爆弾から見た野沢直子野沢直子

    番組にはデビュー前のとんねるずや野沢直子、この当時は漫談家をやりつつテレビの構成作家修行中だった桂竹丸、落語家になる前の春風亭昇太、フジテレビアナウンサーになる前の牧原俊幸が出演していた。ドバドバ大爆弾 フレッシュアイペディアより)

  • 天ちんの土曜サロン 人間こんさーと

    天ちんの土曜サロン 人間こんさーとから見た野沢直子野沢直子

    野沢直子(1989年5月27日放送に出演)天ちんの土曜サロン 人間こんさーと フレッシュアイペディアより)

86件中 51 - 60件表示

「野沢直子」のニューストピックワード