野沢雅子 ニュース&Wiki etc.

野沢 雅子(のざわ まさこ、1936年10月25日 - )は、日本の女優、声優。所属事務所は青二プロダクション。劇団ムーンライト主宰。東京市荒川区出身。 (出典:Wikipedia)

「野沢雅子」Q&A

  • Q&A

    ドラゴンボールは世界でも人気がありますが、ヤハリ、主人公の声は野沢雅子でないと駄目だ…

    [続きを読む]

    回答数:5質問日時 - 2017年2月11日 07:30

  • Q&A

    野沢雅子さんがドラゴンボールでギネスになりましたがドラゴンボール超はもう終了が決定し…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2017年2月7日 17:11

  • Q&A

    野沢雅子さんは、モブでもいいので萌えアニメ、エロゲなどに出演経験はありますか?

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年2月7日 03:23

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「野沢雅子」のつながり調べ

  • 増岡弘

    増岡弘から見た野沢雅子

    テレビ草創期から声優として活躍しており、声優業以外にも、劇団「東京ルネッサンス」を主宰、して、舞台活動も行っている。また、野沢雅子、肝付兼太、白石冬美と共に東京アニメーター学院で声優科の講師も務めている。自然団法人「みそひともんちゃく」の代表でもある。(増岡弘 フレッシュアイペディアより)

  • ドラえもん (1973年のテレビアニメ)

    ドラえもん (1973年のテレビアニメ)から見た野沢雅子

    2クール目に入ると、『小学五年生』『小学六年生』にも連載がはじまったこともあり、高学年にも視聴に耐えうるよう、原作では余り登場しなかったアヒル型ロボット「ガチャ子」をレギュラー入りさせるなどスラップスティック要素を強調した。またドラえもんの声優も2クール目に入ると「イメージが違う」という声も上がり、2代目となる野沢雅子に交代するなど、テコ入れを図った。その甲斐もあり、徐々に視聴率も上がっていた。収益自体も黒字で、1年延長の予定があったという。(ドラえもん (1973年のテレビアニメ) フレッシュアイペディアより)

「野沢雅子」のニューストピックワード