297件中 21 - 30件表示
  • ピッコロ (ドラゴンボール)

    ピッコロ (ドラゴンボール)から見た野沢雅子野沢雅子

    後年ピッコロ大魔王を演じた青野は「この緑色のキャラクターを見てどう演じてやろうかと表現意欲が湧いて、やる気満々になった」と語っている。またマジュニアの卵を産むシーンは回想シーンも含めて4回ほど演じ、「快感になっちゃって演じる時が楽しみになったりしたけど、演技そのものは大変で気持ち悪いとかも言われた」と語っている。作中でも初登場の際はピラフ一味に「メシがまずくなる」と目を背けられ、共演した野沢雅子や鶴ひろみは「もう産まないでー」という感じだったと語っている。またこのシーンで力を入れすぎて、体調を崩したという逸話もある。ピッコロ (ドラゴンボール) フレッシュアイペディアより)

  • 大山のぶ代

    大山のぶ代から見た野沢雅子野沢雅子

    代表作である『ドラえもん』のドラえもん役は1979年4月から2005年3月まで26年間演じた。大山がドラえもんを演じた作品は2作目のアニメ版にあたり、第1作にて富田耕生を継いだ野沢雅子の後任にあたる。番組リニューアルにより、2005年3月18日放送分の『ドラえもん オールキャラクター夢の大集合スペシャル!!』、2005年3月25日放送の映画『ドラえもん のび太のワンニャン時空伝』(CM前のお別れコメント)を以って降板となった。大山のぶ代 フレッシュアイペディアより)

  • 肝付兼太

    肝付兼太から見た野沢雅子野沢雅子

    野沢雅子とは共演の機会も多く、夫婦以上に一緒にいる時間が長い時期もあったという。共演作は『銀河鉄道999』や『怪物くん(テレビ朝日版)』、『ドラえもん(初代・日本テレビ版)』、『ウルトラB』、『ビリ犬』、『ど根性ガエル(1972年版)』、『ドロロンえん魔くん』などがある。肝付兼太 フレッシュアイペディアより)

  • ぷろだくしょんバオバブ

    ぷろだくしょんバオバブから見た野沢雅子野沢雅子

    1979年(昭和54年)8月1日、青二プロダクションから所属声優16名、スタッフ6名が独立して設立。当時の主な独立メンバーは富田耕生を中心に、富山敬、小原乃梨子、神谷明、井上和彦、肝付兼太、緒方賢一、吉田理保子、千々松幸子、加藤修、水島裕、清水マリ、北浜晴子、野沢雅子、三ツ矢雄二、山田俊司らである。ぷろだくしょんバオバブ フレッシュアイペディアより)

  • みつばちマーヤの冒険

    みつばちマーヤの冒険から見た野沢雅子野沢雅子

    声 - 野沢雅子(1、2、劇場版)、中山依里子(3)、こおろぎさとみ(OVA)みつばちマーヤの冒険 フレッシュアイペディアより)

  • 大野裕之

    大野裕之から見た野沢雅子野沢雅子

    2012年 チャップリン映画の初期短編集DVDセット『チャップリン・ザ・ワールド』(声の出演・羽佐間道夫、野沢雅子、山寺宏一、平田広明、若本規夫、千葉繁、杉田智和他。イレブンアーツジャパン、ハピネット)の監修・ブックレット・日本版台本執筆。大野裕之 フレッシュアイペディアより)

  • プロゴルファー猿

    プロゴルファー猿から見た野沢雅子野沢雅子

    1982年10月19日にテレビ朝日で放送された2時間スペシャル。監督は福富博、作画監督は本多敏行。のちのシリーズとはキャストが猿の姉以外すべて異なっており、猿丸を野沢雅子(標準語を話す)、ミスターXを若山弦蔵が演じた。1985年10月1日に放送されたスペシャル(後述各話リスト参照)とは内容が異なり、元々サブタイトルがなかったものの、テレ朝チャンネルの公式サイト等には「野生の天才少年に挑む美少女ゴルファー紅蜂と香港の竜!」とサブタイトルが付けられている。プロゴルファー猿 フレッシュアイペディアより)

  • ゲゲゲの鬼太郎

    ゲゲゲの鬼太郎から見た野沢雅子野沢雅子

    キャスト:野沢雅子(鬼太郎)、田の中勇(目玉おやじ)、大塚周夫(ねずみ男)ゲゲゲの鬼太郎 フレッシュアイペディアより)

  • まじめにふまじめ かいけつゾロリ

    まじめにふまじめ かいけつゾロリから見た野沢雅子野沢雅子

    イシシとノシシをメインにしたクレイアニメになっている。また、イシシ役の声優は51話?60話までは野沢雅子が代役だが、EDでは通常通り愛河里花子が勤めている。まじめにふまじめ かいけつゾロリ フレッシュアイペディアより)

  • ドラえもん (キャラクター)

    ドラえもん (キャラクター)から見た野沢雅子野沢雅子

    日本テレビ版アニメでは、序盤は当時、中年男性だった富田耕生が声優を担当したこともあって、非常におっとりとした親父臭い性格に設定されていた。担当声優が野沢雅子に代わって以降、原作の連載初期のような短気で自己主張が強く活発で好戦的な性格に変更され、近所の相撲大会や小学校のラジオ体操などの行事に参加したり、のび太と一緒にのび太の父親に海水浴に連れていくことを強請る描写があり、原作以上に子供らしい性格に描かれている。大山のぶ代が声を担当したテレビアニメ第2作第1期では、保護者的側面が強調されてキャラクターづけがなされている。初期の頃は周囲の迷惑を考えずにひみつ道具を見せびらかしたがるなど子供らしい面もあったが、後期になるにつれ落ち着いて来た。第2作第2期では第2作第1期と反対に子供らしさが前面に出ており、のび太と同年代の子供のようなキャラクターに位置づけられている(ただし全ての話でそうなっているわけではなく、話によっては第2作第1期や原作後期のように落ち着いていてのび太の保護者寄りの立場である場合もある)。ドラえもん (キャラクター) フレッシュアイペディアより)

297件中 21 - 30件表示

「野沢雅子」のニューストピックワード