263件中 121 - 130件表示
  • 野沢雅子

    野沢雅子から見たざわざわ森のがんこちゃん

    数少ない少女役として、他には、人形劇『ざわざわ森のがんこちゃん』では、ケロちゃんというカエルの女の子を、『あしたのジョー』第69話では、牧場の娘・桧山ユリを、『アタックNo.1』では、卑怯で気が強い女子高生・飛垣を演じた。また飛垣の他にもサブキャラクターで女子高生役を演じている。また、ラジオ番組『野沢雅子がよむこどもの詩 きのう・きょう・ずーっとあした』では少年役のほか、少女役も演じている。野沢雅子 フレッシュアイペディアより)

  • 野沢雅子

    野沢雅子から見た銀河鉄道999 (アニメ)

    声優としての代表作に『ゲゲゲの鬼太郎』(鬼太郎)、『いなかっぺ大将』(風 大左衛門)、『ど根性ガエル』(ひろし)、『銀河鉄道999』(星野鉄郎)、『ドラゴンボール』シリーズ(孫悟空、孫悟飯、孫悟天)など。野沢雅子 フレッシュアイペディアより)

  • 野沢雅子

    野沢雅子から見た野沢雅子がよむこどもの詩 きのう・きょう・ずーっとあした

    数少ない少女役として、他には、人形劇『ざわざわ森のがんこちゃん』では、ケロちゃんというカエルの女の子を、『あしたのジョー』第69話では、牧場の娘・桧山ユリを、『アタックNo.1』では、卑怯で気が強い女子高生・飛垣を演じた。また飛垣の他にもサブキャラクターで女子高生役を演じている。また、ラジオ番組『野沢雅子がよむこどもの詩 きのう・きょう・ずーっとあした』では少年役のほか、少女役も演じている。野沢雅子 フレッシュアイペディアより)

  • 野沢雅子

    野沢雅子から見たフリーザ

    野沢自身が印象に残っているシーンは『ドラゴンボール』1作目のアニメオリジナルシーンにて、悟空がスノの家でトイレに行ったとき、レッドリボン軍にドア越しに銃で撃たれ「いててて!」と言って出てくる場面を挙げている。後年でも好きなシーンとして挙げている。アフレコで特に思い入れがあったシーンとしてクリリンがフリーザに殺され、悟空が激怒する場面を挙げている。野沢雅子 フレッシュアイペディアより)

  • 野沢雅子

    野沢雅子から見た溜池Now

    『あらいぐまラスカル』では、どうしてもラスカルを演じたいとオーディションに参加。役に決まりアライグマをよく理解するため、時間を見つけては上野動物園に行き観察した。10日間ほど通いつめたが、鳴き声を聞くことはできなかったが、直後約に、当時放映していたテレビドキュメンタリー番組『野生の王国』で、偶然にもアライグマが登場して鳴き声を知り、それを参考にしたことを、GyaO『溜池Now』での野沢雅子特集の際に語っている。また、ラスカルの収録は他の声優陣と別録りだったが、鳴き声を演じる上で他の人の演技を確認するために、初めから収録風景を確認していた(他の声優陣と同じ時刻に集合していた)。野沢雅子 フレッシュアイペディアより)

  • 野沢雅子

    野沢雅子から見たドラゴンボールZ 神と神

    鳥山に選ばれたことを知った野沢は、作品の世界を描いている原作者に認められたことがとても嬉しく、悟空役は「宝物だ」と思ったという。それから25年以上経て、映画『ドラゴンボールZ 神と神』のときに野沢は初めて鳥山本人に確認する。鳥山は「すぐに決めた」と言い、次に「ギャラ高いでしょ」と聞かれる。鳥山は、野沢に決めた後も制作陣から他の声優を何人も薦められていたのだという。その話は初耳だったと野沢は語っている。なお、野沢は『Dr.スランプ』の絵を見たときから「可愛い絵を書く漫画家さんだなぁ」と鳥山作品を好きになり、『ドラゴンボール』のオーディションで悟空を見たときは「かわいい、絶対やりたい」と臨んだという。野沢雅子 フレッシュアイペディアより)

  • 野沢雅子

    野沢雅子から見たベジータ

    一方、嫌いなキャラクターは、悪役に徹した初代ピッコロ大魔王およびフリーザだと語っている。また、ベジータが幼い悟飯を痛めつけた場面では「子供になんてことするんだ!」と、本気で腹を立てたという。フリーザとセルについては「大人になりきれない部分が残っていて、憎らしいけどカワイイみたいなところがある」とも語っている。2018年のインタビューでは嫌いなキャラクターは「しいて言えばセル」であり、フリーザは「妙な子供っぽさがあるから好き」と語っている。野沢雅子 フレッシュアイペディアより)

  • 野沢雅子

    野沢雅子から見たドラゴンボール (アニメ)

    声優としての代表作に『ゲゲゲの鬼太郎』(鬼太郎)、『いなかっぺ大将』(風 大左衛門)、『ど根性ガエル』(ひろし)、『銀河鉄道999』(星野鉄郎)、『ドラゴンボール』シリーズ(孫悟空、孫悟飯、孫悟天)など。野沢雅子 フレッシュアイペディアより)

  • 野沢雅子

    野沢雅子から見たABO式血液型

    東京都荒川区日暮里出身。身長157cm、血液型O型。役者仲間からの愛称はマコさん。夫は同じく声優の塚田正昭。野沢雅子 フレッシュアイペディアより)

  • 野沢雅子

    野沢雅子から見たナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記

    洋画吹き替えでは、『普通の人々』のメアリー・タイラー・ムーアや『ミッシング』のシシー・スペイセク、『ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記』のヘレン・ミレンなど母親役や中性的な雰囲気の女性を担当している。野沢が思い入れ深い映画はフェイ・ダナウェイを吹き替えた『ネットワーク』であり、息遣いが自分と全く一緒でとてもやりやすかったという。また、ベッドシーンも嫌らしくなく演じており、本当に素敵な芝居をする女優だと評していた。野沢雅子 フレッシュアイペディアより)

263件中 121 - 130件表示

「野沢雅子」のニューストピックワード