263件中 61 - 70件表示
  • 野沢雅子

    野沢雅子から見たアニマックス

    「キャラクターのイメージを壊す」という理由で、テレビの顔出し出演を拒む声優が多い中、アニメ関連に限らず、バラエティ番組などにも本人登場で出演することが多い。生放送の『笑っていいとも!』にも登場し、キャラクターの声を披露している。アニマックスで放送されたトーク番組『創ったヒト』では第一回目放送のメインゲストとして、司会進行のケンドーコバヤシと、過去の出演作品についてトークを繰り広げた。野沢雅子 フレッシュアイペディアより)

  • 野沢雅子

    野沢雅子から見たシシー・スペイセク

    洋画吹き替えでは、『普通の人々』のメアリー・タイラー・ムーアや『ミッシング』のシシー・スペイセク、『ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記』のヘレン・ミレンなど母親役や中性的な雰囲気の女性を担当している。野沢が思い入れ深い映画はフェイ・ダナウェイを吹き替えた『ネットワーク』であり、息遣いが自分と全く一緒でとてもやりやすかったという。また、ベッドシーンも嫌らしくなく演じており、本当に素敵な芝居をする女優だと評していた。野沢雅子 フレッシュアイペディアより)

  • 野沢雅子

    野沢雅子から見た小山高生

    劇場版『ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦』では、悟空、悟飯、ターレスの一人三役を演じた。小山高生は、野沢を困らせてやろうと、故意に三人の会話を増やしたが、まったく動じることない演技に驚いたと述べている。共演者からも「凄かった」「見どころ」と評され、野沢も「役者として最高に幸せです」と述べている。野沢雅子 フレッシュアイペディアより)

  • 野沢雅子

    野沢雅子から見たマコーレー・カルキン

    リッチー・リッチ(リッチー〈マコーレー・カルキン〉)野沢雅子 フレッシュアイペディアより)

  • 野沢雅子

    野沢雅子から見たトッド・ブリッジス

    アーノルド坊やは人気者(ウィリス・ジャクソン〈トッド・ブリッジス〉)野沢雅子 フレッシュアイペディアより)

  • 野沢雅子

    野沢雅子から見たメアリー・タイラー・ムーア

    洋画吹き替えでは、『普通の人々』のメアリー・タイラー・ムーアや『ミッシング』のシシー・スペイセク、『ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記』のヘレン・ミレンなど母親役や中性的な雰囲気の女性を担当している。野沢が思い入れ深い映画はフェイ・ダナウェイを吹き替えた『ネットワーク』であり、息遣いが自分と全く一緒でとてもやりやすかったという。また、ベッドシーンも嫌らしくなく演じており、本当に素敵な芝居をする女優だと評していた。野沢雅子 フレッシュアイペディアより)

  • 野沢雅子

    野沢雅子から見たレックス・トンプスン

    愛情物語(ピーター〈レックス・トンプスン〉)野沢雅子 フレッシュアイペディアより)

  • 野沢雅子

    野沢雅子から見たコリー・フェルドマン

    グーニーズ(マウス〈コリー・フェルドマン〉)※TBS版野沢雅子 フレッシュアイペディアより)

  • 野沢雅子

    野沢雅子から見たフェイ・ダナウェイ

    洋画吹き替えでは、『普通の人々』のメアリー・タイラー・ムーアや『ミッシング』のシシー・スペイセク、『ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記』のヘレン・ミレンなど母親役や中性的な雰囲気の女性を担当している。野沢が思い入れ深い映画はフェイ・ダナウェイを吹き替えた『ネットワーク』であり、息遣いが自分と全く一緒でとてもやりやすかったという。また、ベッドシーンも嫌らしくなく演じており、本当に素敵な芝居をする女優だと評していた。野沢雅子 フレッシュアイペディアより)

  • 野沢雅子

    野沢雅子から見たエドナ・パーヴァイアンス

    チャップリンの替玉(店長の秘書〈エドナ・パーヴァイアンス〉)※スター・チャンネル版野沢雅子 フレッシュアイペディアより)

263件中 61 - 70件表示

「野沢雅子」のニューストピックワード