3068件中 41 - 50件表示
  • 2011年のワールドシリーズ

    2011年のワールドシリーズから見た野球野球

    2011年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)優勝決定戦の第107回ワールドシリーズ(107th World Series)は、10月19日から28日にかけて計7試合が開催された。結果、セントルイス・カージナルス(ナショナルリーグ)がテキサス・レンジャーズ(アメリカンリーグ)を4勝3敗で下し、5年ぶり11回目の優勝を果たした。2011年のワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ハタケヤマ

    ハタケヤマから見た野球野球

    株式会社ハタケヤマ(かぶしきがいしゃはたけやま)は、大阪市平野区に本社をおく野球用品メーカー。ハタケヤマ フレッシュアイペディアより)

  • トム・ブレイディ

    トム・ブレイディから見た野球野球

    サンフランシスコにほど近いカリフォルニア州サンマテオで生まれる。出身高校は地元サンマテオのジュニペロ・セラ高校で、同校はNFLの殿堂入りワイドレシーバー(WR)であるリン・スワンや野球選手のバリー・ボンズなど多くのスポーツ選手を輩出している。小さいころからサンフランシスコ・49ersのファンで、QBジョー・モンタナは彼のアイドルだった。高校時代までは野球もプレーしており、1995年にはMLBのモントリオール・エクスポズから捕手としてドラフト指名を18巡で受けている。トム・ブレイディ フレッシュアイペディアより)

  • 島口哲朗

    島口哲朗から見た野球野球

    (血液型)A型 (身長)172cm (体重)64kg (胸囲)98cm (胴囲)75cm (腰囲)89cm (靴)25cm (特技)殺陣、居合、剣術、空手、野球、日本舞踊、{七々扇流名取:七々扇恵十朗}{新陰流} (趣味)野球、バスケットボール、将棋、サッカー、水滸伝、三国志、ガンダム (最終学歴)日本大学芸術学部 映画学科卒業島口哲朗 フレッシュアイペディアより)

  • 新藤晴一

    新藤晴一から見た野球野球

    趣味:野球、絵を描くこと、麻雀、サーフィン、オートバイ、ゴルフなど多数。新藤晴一 フレッシュアイペディアより)

  • 昭和鉄道高等学校

    昭和鉄道高等学校から見た野球野球

    例えば、授業の講師は学院の講師が担当する授業も多い。体育館・音楽室・美術室・家庭科室・武道場・図書室(スタディーホール)などの特別教室、講堂やグラウンドは両高校で共用になっており、両高校の校舎が渡り廊下(「スカイブリッジ」と呼ばれる)でつながっている。生徒会活動の「生徒総会」は共同で行われている。部活も野球部以外はすべて共同活動である(野球部が別々なのは高野連への登録上の理由のため)。両校合同で行われる行事も多く、マラソン大会や豊昭祭(文化祭)などが合同で行われる。昭和鉄道高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 修辞技法

    修辞技法から見た野球野球

    これらの比喩が複合することもある。たとえば「右のエース」という表現は、エースで一番手を指す暗喩、右で右手で投げる投手を表す換喩を兼ねている。更に、「右のエース」という言葉は、野球のみでしか通用しないので、野球という上位概念の中の下位概念に値することから、この表現そのものが提喩となっている。修辞技法 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉進次郎

    小泉進次郎から見た野球野球

    神奈川県横須賀市に生まれた。幼少期に父・小泉純一郎が離婚して、小泉家の親族に育てられる。1988年(昭和63年)に関東学院六浦小学校に入学して、大学まで関東学院で過ごす。中学校・高校ではスポーツ、特に野球に熱中した。2004年(平成16年)に関東学院大学経済学部を卒業して、アメリカ合衆国のコロンビア大学大学院に留学をした。コロンビア大ではジェラルド・カーティス教授に師事して、2006年(平成18年)に政治学修士号を取得したアイビー・リーガーである。その後、アメリカ合衆国の戦略国際問題研究所非常勤研究員を経て2007年(平成19年)に帰国して、それ以後は父である純一郎の私設秘書を務める。小泉進次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 島根県立松江商業高等学校

    島根県立松江商業高等学校から見た野球野球

    1922年(大正11年)8月 - 野球部、第8回全国中等学校優勝野球大会(全国高等学校野球選手権大会、夏の甲子園大会の前身)に初出場。島根県立松江商業高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の新聞

    日本の新聞から見た野球野球

    夕刊紙と呼ばれる新聞は、主に退勤時のサラリーマンなどに向けて、夕刊のみ駅売店やコンビニエンスストアなどで販売されるもので、野球などのスポーツや芸能(テレビ・ラジオ・タレント・マスメディアの情報)、歓楽街の情報などに紙面スペースが割かれ、一般紙よりも娯楽性の強い紙面内容となっている。一般紙の半分のサイズであるタブロイド判のものが多い。また、一般に「夕刊紙」と認知されているものであっても、狭義の「新聞」には分類されず、「夕刊誌」(雑誌扱い)の場合もある。この場合、新聞社の組織する記者クラブには加盟できない。新聞の性格上、女性を意識した紙面づくりにはなっていない。また、スポーツ記事も主力購買層のサラリーマンが好むとされる野球やゴルフ、競馬の記事は充実しているが、若いファンの多いサッカーの記事はそれほど多くない。なお、夕刊紙は事あるごとに「サラリーマンの味方」である事をしきりに強調するが、収入やある程度の身分保障の面などで、大手夕刊紙の正社員と中小企業や派遣会社のサラリーマンとでは格差がある。夕刊紙においては、売店等のスタンドでよく目立つように煽動的な見出しに重きが置かれている。『東京スポーツ』はその事が「東スポは日付以外は合ってない」「日付以外は全て誤報」(浅草キッド談)などとして、「飛ばしの東スポ」の異名と共に、逆に熱烈な読者を獲得するに至った。日本の新聞 フレッシュアイペディアより)

3068件中 41 - 50件表示

「野球」のニューストピックワード