前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
106件中 1 - 10件表示
  • 麻生内閣

    麻生内閣から見た野田聖子野田聖子

    2009年(平成21年)8月30日の第45回衆議院議員総選挙では自民党が記録的大敗を喫した。財務大臣の与謝野馨、総務大臣の佐藤勉、文部科学大臣の塩谷立、国家公安委員長の林幹雄、行革担当大臣の甘利明、消費者担当大臣の野田聖子と6人の現職閣僚が小選挙区で落選した(6人全員比例復活した)。麻生内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 83会

    83会から見た野田聖子野田聖子

    しかし、1回生冷遇の流れは止まらず、党総裁・首相に就任した福田は、郵政国会で小泉を強く牽制し郵政民営化法案を棄権した古賀誠を党選挙対策本部長に任命した。また、片山は党広報局長を更迭され、郵政造反復党組の野田聖子が後任に起用された。83会 フレッシュアイペディアより)

  • 夫婦別姓

    夫婦別姓から見た野田聖子野田聖子

    2002年に野田聖子ら自民党一部議員による「例外的に夫婦の別姓を実現させる会」が提案した案は1994年民法改正要綱A案を基本としつつ、家庭裁判所による許可を必要とする、としている。夫婦別姓 フレッシュアイペディアより)

  • 柴橋正直

    柴橋正直から見た野田聖子野田聖子

    2005年3月、審査の結果、6人の応募者の中から公認候補者の内定を得る。同年9月11日に行われた第44回衆議院議員総選挙に民主党公認で岐阜1区から初出馬をするも、野田聖子・佐藤ゆかりの刺客騒動に完全に埋没し、落選(小泉劇場)。柴橋正直 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴保庸介

    鶴保庸介から見た野田聖子野田聖子

    2001年頃から事実婚の関係にあった自民党衆議院議員野田聖子が、2005年の郵政国会で郵政民営化法案に反対票を投じ、第44回衆議院議員総選挙に無所属で出馬することを決める。これを受けて同年8月10日、「夫としては当然、妻の応援に向かわねばならない」と述べ、所属する二階グループに退会届を提出した(選挙後に撤回)。なお、この総選挙で初当選して同じ二階グループに所属することになる川条志嘉は、2004年の第20回参議院議員通常選挙では民主党公認で和歌山県選挙区から出馬し、鶴保に敗れている。再選を果たす。鶴保庸介 フレッシュアイペディアより)

  • 福田康夫内閣 (改造)

    福田康夫内閣 (改造)から見た野田聖子野田聖子

    自民党の全派閥に閣僚や党役員ポストを振り分けた。野田聖子消費者行政担当相や保利耕輔自民政調会長など郵政民営化に反対した人物も起用され、挙党体制に配意した人事とみられる。また、厚生労働省の副大臣に鴨下一郎(前環境相)を、経済産業省の副大臣に高市早苗(元沖縄・北方対策担当相兼少子化・男女共同参画担当相)をそれぞれ起用するなど、閣僚経験者2名を副大臣として任命した。福田康夫内閣 (改造) フレッシュアイペディアより)

  • 番町政策研究所

    番町政策研究所から見た野田聖子野田聖子

    三木派・河本派から三木と海部の二人が内閣総理大臣に選出されているが、党三役(幹事長、総務会長、政調会長)には、河本が大平総裁の下で政務調査会長に就任して以降指名されず、国対委員長のポストも海部俊樹から大島理森が就任するまで、24年間も指名されなかった。野田聖子は、旧河本派に属していた1998年7月に史上最年少の37歳と10ヶ月で初入閣したが、2003年に派閥を退会。番町政策研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤ゆかり

    佐藤ゆかりから見た野田聖子野田聖子

    2005年8月、郵政解散を受けた第44回総選挙で、自由民主党の候補者公募に応じ、郵政関連法案に反対した野田聖子元郵政大臣への「刺客」として岐阜1区に落下傘候補として出馬、初当選。小選挙区では野田聖子に敗れたが女性枠候補として比例東海ブロックで1位登載されていたため比例復活で当選を果たした。佐藤ゆかり フレッシュアイペディアより)

  • 野中広務

    野中広務から見た野田聖子野田聖子

    亀井静香、藤井孝男、野田聖子、古賀誠、小林興起らかつての反小泉の勢力も落選・非公認・離党などで権力抗争から外れていったため、彼らを支援していた野中の影響力も次第に低下していた。小泉の後継者である安倍晋三が総理大臣を辞職すると、古賀誠の要請で麻生包囲網に参加したとも、福田康夫内閣成立の立役者(新五人組)の一人とも言われている。古賀が自民党選対委員長に就任したこともあり、低下していた野中の影響力に変化が生じたといわれた。その後、対立関係にある麻生太郎が党総裁・総理に就任すると、麻生を批判する発言を行った。2009年の第45回衆議院議員総選挙では、元の地盤の京都4区は田中英夫・中川泰宏がともに民主党の北神圭朗に敗れて落選し、小選挙区制導入以来続いた自民党の議席を失った。野中広務 フレッシュアイペディアより)

  • 島聖子

    島聖子から見た野田聖子野田聖子

    島聖子 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
106件中 1 - 10件表示

「野田聖子」のニューストピックワード