前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
85件中 1 - 10件表示
  • 佐藤ゆかり

    佐藤ゆかりから見た野田聖子野田聖子

    外資系証券会社エコノミストを経て。2005年9月の総選挙で初当選した小泉チルドレンの代表格の1人。衆院岐阜1区の自民党公認を野田聖子と争った。2009年8月の総選挙で東京5区から出馬し落選。2010年7月の参院選比例代表で初当選。佐藤ゆかり フレッシュアイペディアより)

  • 83会

    83会から見た野田聖子野田聖子

    しかし、1回生冷遇の流れは止まらず、党総裁・首相に就任した福田は、郵政国会で小泉を強く牽制し郵政民営化法案を棄権した古賀誠を党選挙対策本部長に任命した。また、片山は党広報局長を更迭され、郵政造反復党組の野田聖子が後任に起用された。83会 フレッシュアイペディアより)

  • 麻生内閣

    麻生内閣から見た野田聖子野田聖子

    2009年8月30日執行の第45回衆議院議員総選挙で自由民主党が記録的大敗を喫した。与謝野馨財務大臣、佐藤勉総務大臣、塩谷立文部科学大臣、林幹雄国家公安委員長、甘利明行革担当大臣、野田聖子消費者担当大臣など6人の現職閣僚が小選挙区で落選した(6人全員比例復活を果たした)。麻生内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴保庸介

    鶴保庸介から見た野田聖子野田聖子

    2005年、事実婚の関係にあった野田聖子元郵政大臣が、小泉純一郎首相が成立に執念を燃やす郵政民営化法案に反対票を投じ、第44回衆議院議員総選挙に無所属での出馬を余儀なくされる。鶴保は同年8月10日、「夫としては当然、妻の応援に向かわねばならない」として所属する二階派に退会届を提出した(選挙後に撤回)。なお、この総選挙で初当選し同じ二階派に所属した川条志嘉は2004年の第20回参議院議員通常選挙に民主党公認で和歌山県選挙区から出馬したが、鶴保に敗れている。鶴保庸介 フレッシュアイペディアより)

  • 赤城徳彦

    赤城徳彦から見た野田聖子野田聖子

    1994年6月29日に行われた内閣総理大臣指名選挙では、自民党は新党さきがけと共に日本社会党委員長村山富市を支持したが、赤城や山本有二、野田聖子は党議拘束に反し、新生党代表幹事小沢一郎に担がれた派閥の先輩でもある海部俊樹を支持。海部は翌日離党し自由改革連合代表-新進党初代党首となるが、赤城は野田らと共に自民党に残留した。赤城徳彦 フレッシュアイペディアより)

  • 古屋圭司

    古屋圭司から見た野田聖子野田聖子

    2005年の郵政国会では、三塚派出身で成蹊大学の後輩にあたる安倍晋三自由民主党幹事長代理や中川秀直自民党国会対策委員長らから再三にわたり郵政民営化法案に賛成するよう説得を受けたが応じず、反対票を投じる。派閥領袖の亀井は自民党を離党して国民新党を結党したが、古屋は新党には参加せず岐阜県第5区から無所属で出馬し6回目の当選を果たした。なお、古屋は当時自民党岐阜県連会長を務めていたが、党公認を得られず無所属で出馬するのに際し、会長を辞任した(後任は金子一義)。選挙での自民党圧勝を受け、総選挙後の特別国会に再提出された郵政民営化法案には一転して賛成票を投じたが、離党勧告を受けたため自民党を離党する。岐阜県では古屋の他、岐阜県第1区選出の野田聖子も郵政民営化法案の採決で造反し、無所属で出馬して当選している。古屋圭司 フレッシュアイペディアより)

  • 福田康夫内閣 (改造)

    福田康夫内閣 (改造)から見た野田聖子野田聖子

    自民党の全派閥に閣僚や党役員ポストを振り分けた。野田聖子消費者相や保利耕輔自民政調会長など郵政民営化に反対した人物も起用され、挙党体制に配意した人事とみられる。また、重要施策を抱える厚生労働省の副大臣に鴨下一郎を起用するなど、閣僚経験者2名を副大臣として任命した。福田康夫内閣 (改造) フレッシュアイペディアより)

  • 野中広務

    野中広務から見た野田聖子野田聖子

    亀井静香、藤井孝男、野田聖子、古賀誠、小林興起らかつての反小泉の勢力も落選・非公認・離党などで権力抗争から外れていったため、彼らを支援していた野中の影響力も次第に低下していた。小泉の後継者である安倍晋三が総理大臣を辞職すると、古賀誠の要請で麻生包囲網に参加したとも、福田康夫内閣成立の立役者(新五人組)の一人とも言われている。古賀が自民党選対委員長に就任したこともあり、低下していた野中の影響力に変化が生じたといわれた。その後、対立関係にある麻生太郎が党総裁・総理に就任すると、麻生を批判する発言をおこなっていた。2009年の第45回衆議院議員総選挙では、元の地盤の京都4区は田中英夫・中川泰宏がともに民主党の北神圭朗に敗れて落選し、小選挙区制導入以来続いた自民党の議席を失った。野中広務 フレッシュアイペディアより)

  • アダルトゲーム

    アダルトゲームから見た野田聖子野田聖子

    インターネット「2ちゃんねる」の書き込みから始まった『電車男』のブームや『メイド喫茶』ブームによって秋葉原やオタクが注目され、メディアミックスされたアダルトゲームもさらなる発展を迎えるかに見えたが、2005年にいくつかのヒットを飛ばしたねこねこソフトが翌年に休止、2006年にアダルトゲームの家庭用ゲーム機移植を手掛けたKIDが倒産となり、この業界が右肩上がりではないことを示した。また2005年の野田聖子の呼びかけによる『少女アダルトアニメおよび同シミュレーションゲームの製造・販売に関する勉強会』など業界に対する規制強化の動きや、国際人権団体の「イクオリティ・ナウ」が抗議活動を始めるなど外圧、さらにテレビアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』の大ヒットにより美少女もののメディアミックスの中心軸として一時期衰微傾向にあったライトノベルが再度注目されるようになるなど、業界を巡る環境は厳しいものとなっている。アダルトゲーム フレッシュアイペディアより)

  • 島聖子

    島聖子から見た野田聖子野田聖子

    島聖子 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
85件中 1 - 10件表示