85件中 31 - 40件表示
  • 総理と呼ばないで

    総理と呼ばないでから見た野田聖子野田聖子

    20代の官房長官が誕生しているが、現実世界では戦後の最年少閣僚は放映時1997年4月では船田元経済企画庁長官の39歳。この記録はその後、1998年8月に野田聖子郵政大臣が37歳、2008年9月の小渕優子少子化対策担当大臣の34歳で更新されている。総理と呼ばないで フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ニュースペーパー

    ザ・ニュースペーパーから見た野田聖子野田聖子

    2004年頃参加。埼玉県出身。早稲田大学卒業。大手金融会社のエリート営業マンだった経歴を持つ。主な役は、亀井静香、野田聖子など。ザ・ニュースペーパー フレッシュアイペディアより)

  • 児童ポルノ

    児童ポルノから見た野田聖子野田聖子

    規制に積極的な森山眞弓、野田聖子、高市早苗らの女性議員らは児童買春・児童ポルノ規制法の改正による「児童ポルノの単純所持の違法化」や「漫画・アニメ・ゲームの規制」に積極的な態度を見せている。福田内閣の法務大臣鳩山邦夫も児童ポルノの単純所持の違法化に積極的であると見られているが、慎重な態度も見せている(創作物の規制については2007年11月8日の参議院法務委員会での松浦大悟に対する答弁で慎重論を唱えた)。福田康夫も平成20年の国会答弁で創作物の表現規制に積極的な発言をしている。児童ポルノ フレッシュアイペディアより)

  • 藤井孝男

    藤井孝男から見た野田聖子野田聖子

    2005年7月5日、郵政国会で反対票を投じた。このため同年9月11日の第44回衆議院議員総選挙では自由民主党の公認を得られず無所属で出馬。同党公認で出馬した金子に惜敗。その後自民党から正式に離党勧告処分が下り、離党する(野田聖子・佐藤ゆかり・金子一義・古屋圭司・松田岩夫の項も参照)。藤井孝男 フレッシュアイペディアより)

  • 野呂田芳成

    野呂田芳成から見た野田聖子野田聖子

    2005年、小泉純一郎首相が執念を燃やす郵政民営化法案が衆院に提出されたが、自民党内から綿貫民輔、亀井静香、堀内光雄、野田聖子、平沼赳夫ら有力議員が次々に造反し、野呂田も反対票を投じた。衆院では僅差で可決されたものの、参議院でも中曽根弘文、鴻池祥肇らの反対により法案は否決された。そのため小泉首相は衆院を解散(郵政解散)し、反対票を投じた議員を公認せず、自民党公認の刺客を擁立する策に出た。野呂田の選挙区である秋田2区にも自民党公認の小野貴樹が擁立されたが、野呂田は小野を約3万票差で下し、議席を死守する。野呂田芳成 フレッシュアイペディアより)

  • 議事進行係

    議事進行係から見た野田聖子野田聖子

    野田聖子(1999年10月29日?)議事進行係 フレッシュアイペディアより)

  • 北京オリンピックを支援する議員の会

    北京オリンピックを支援する議員の会から見た野田聖子野田聖子

    野田聖子 自民党 衆議院北京オリンピックを支援する議員の会 フレッシュアイペディアより)

  • 今村雅弘

    今村雅弘から見た野田聖子野田聖子

    2005年7月、小泉純一郎首相が成立に執念を燃やす郵政民営化法案の衆議院本会議における採決で造反し、反対票を投じる。そのため同年9月の第44回衆議院議員総選挙では自民党の公認を得られず無所属での出馬を余儀なくされたが、佐賀2区で4回目の当選を果たした。2006年12月に誓約書、復党届を自民党に提出し、党紀委員会で復党が認められたため、自民党に復党。2007年、自民党佐賀県連会長に就任した。同年8月、第1次安倍改造内閣で農林水産副大臣に任命され、続く福田康夫内閣でも再任された。時同じくして、同じ郵政造反組の森山裕が財務副大臣に、野田聖子が片山さつきに代わって自民党広報局長に起用され、今村ら造反組の起用は郵政造反組復権の象徴的な出来事であった。今村雅弘 フレッシュアイペディアより)

  • 第166回国会

    第166回国会から見た野田聖子野田聖子

    2月23日 - 衆議院予算委員会で雇用・労働問題に関する集中審議。郵政民営化造反の復党組である、自由民主党野田聖子衆議院議員が初めての質問に立つ。第166回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 向井 亜紀

    向井亜紀から見た野田聖子野田聖子

    代理母シンディは、向井亜紀の双子を出産してから3年後、「女性自身」2007年1月16・23日合併号でもインタビューに答え、そこで再び日本人夫婦のために代理母になると明らかにした。2009年に国会議員の野田聖子が医療視察のため向井亜紀と同じ不妊クリニックを訪れた際、シンディに会った。その際に向井亜紀の後も代理出産を続け、代理出産による妊娠で子宮破裂を起こし子宮を摘出したことが判明した。向井亜紀 フレッシュアイペディアより)

85件中 31 - 40件表示