85件中 41 - 50件表示
  • 熊代昭彦

    熊代昭彦から見た野田聖子野田聖子

    厚生族議員であり、岡山県選出であった橋本龍太郎(後の内閣総理大臣)に見いだされ、1993年7月に厚生省を退官。第40回衆議院議員総選挙に大村襄治の後継者として自民党公認で旧岡山県第1区(定数5)から出馬。同区最下位ながら初当選を果たした。以後当選4回(当選同期に安倍晋三・田中眞紀子・岸田文雄・塩崎恭久・野田聖子・浜田靖一・山岡賢次・江崎鉄磨など)。小渕派→橋本派に所属し、橋本の側近として活動。2003年自由民主党総裁選挙では小泉純一郎を支持するか否かで平成研究会の対応が決まらない中、いったん総裁選に出馬表明を行うが、20人の推薦人を集められず、出馬を断念した。熊代昭彦 フレッシュアイペディアより)

  • 園田天光光

    園田天光光から見た野田聖子野田聖子

    2000年、橋本聖子参議院議員の妊娠を契機として国会議員の産休制度創設が議論されたが、同年2月、現職国会議員としてただ一人出産を経験した人物(当時)として自民党の「国会議員の産休問題に関する懇談会」に参加し、野田聖子衆議院議員らとともに制度創設推進の立場で発言。一部から「議員を辞職すべき」との声も上がっていた橋本を擁護し、国会規則改正に一役買った。園田天光光 フレッシュアイペディアより)

  • 小野晋也

    小野晋也から見た野田聖子野田聖子

    1993年、森清の後継者として第40回衆議院議員総選挙に自民党公認で立候補し、初当選(当選同期に安倍晋三・田中眞紀子・熊代昭彦・横内正明・塩崎恭久・岸田文雄・野田聖子・浜田靖一・山岡賢次・江崎鉄磨・高市早苗など)。以後5期連続当選。小野晋也 フレッシュアイペディアより)

  • 七条明

    七条明から見た野田聖子野田聖子

    徳島県立阿波高等学校・東京農業大学醸造学科を経て、清酒醸造元及び関連会社の役員を務めた。その後、1981年から徳島県議会議員を4期務めた後、1993年の第40回衆議院議員総選挙で徳島県選挙区(全県一区)から自由民主党公認で出馬し、地元板野郡で大量得票することにより日本社会党の仙谷由人を小差で凌ぎ初当選を果たした(当選同期に安倍晋三・田中眞紀子・熊代昭彦・横内正明・岸田文雄・塩崎恭久・野田聖子・浜田靖一・山岡賢次・江崎鉄磨・高市早苗など)。七条明 フレッシュアイペディアより)

  • 芳村 真理

    芳村真理から見た野田聖子野田聖子

    女優の吉村実子は実の妹で、彼女と結婚していた俳優の石立鉄男は義弟にあたる。また、彼女の母親は長年、東京・日本橋で長唄教室を営んでおり、晩年の弟子の中には自由民主党衆議院議員の野田聖子もいたという。芳村真理 フレッシュアイペディアより)

  • 田園調布雙葉中学校・高等学校

    田園調布雙葉中学校・高等学校から見た野田聖子野田聖子

    野田聖子(政治家)→中退後、ミシガン州ジョーンズヴィル・ハイスクールに入学田園調布雙葉中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 野田卯一

    野田卯一から見た野田聖子野田聖子

    野田聖子(衆議院議員)野田卯一 フレッシュアイペディアより)

  • 激論!クロスファイア

    激論!クロスファイアから見た野田聖子野田聖子

    野田聖子(自民党衆議院議員)激論!クロスファイア フレッシュアイペディアより)

  • 稲葉大和

    稲葉大和から見た野田聖子野田聖子

    渡辺美智雄の秘書を務めた後、1993年に再び第40回衆議院議員総選挙に立候補して初当選(当選同期に安倍晋三・田中眞紀子・熊代昭彦・横内正明・岸田文雄・塩崎恭久・野田聖子・浜田靖一・山岡賢次・高市早苗など)。渡辺派に属す。以後、連続5期当選。科学技術政務次官、文部科学副大臣などを歴任。稲葉大和 フレッシュアイペディアより)

  • 有村治子

    有村治子から見た野田聖子野田聖子

    野田聖子衆議院議員宛に出した手紙がきっかけで、2001年7月の第19回参議院議員通常選挙に自由民主党公認で比例区から出馬。選挙戦では日本マクドナルドの全面的な支援を受けた他、神社本庁の政治団体である神道政治連盟や全国小売酒販政治連盟の支援を受け、得票数19位で初当選した。当選後、番町政策研究所(高村派)に入会。2005年、第3次小泉改造内閣で文部科学大臣政務官に任命された。有村治子 フレッシュアイペディアより)

85件中 41 - 50件表示

「野田聖子」のニューストピックワード