85件中 51 - 60件表示
  • 小泉純一郎

    小泉純一郎から見た野田聖子野田聖子

    2007年(平成19年)9月、安倍が退陣を発表後、「福田さんも小泉政権を支えてくれた人」と福田康夫支持の意向を示した。また、2008年5月22日には、東京都目黒区(衆議院東京5区)にてかつて岐阜1区で造反した野田聖子議員への刺客だった佐藤ゆかりの応援演説を行った。小泉純一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 学校法人田園調布雙葉学園

    学校法人田園調布雙葉学園から見た野田聖子野田聖子

    野田聖子(衆議院議員)学校法人田園調布雙葉学園 フレッシュアイペディアより)

  • 岐阜県第1区

    岐阜県第1区から見た野田聖子野田聖子

    1993年の第40回衆議院議員総選挙以来、野田聖子が自由民主党として連続4選していたが、2005年の第44回衆議院議員総選挙では野田聖子が郵政民営化法案に反対票を投じたことから自由民主党の公認を得られず、自由民主党が新たに公認した落下傘候補(選挙当時は「女性刺客」とも呼ばれた)の佐藤ゆかりらと争ったが、野田聖子が制し5期目の当選を果たした。小選挙区では負けた佐藤ゆかりは、比例名簿1位で復活当選している。岐阜県第1区 フレッシュアイペディアより)

  • 岸田文雄

    岸田文雄から見た野田聖子野田聖子

    当選同期には前述の安倍のほか田中真紀子・熊代昭彦・塩崎恭久・野田聖子・浜田靖一・山岡賢次・江崎鉄磨・高市早苗などがいる。岸田文雄 フレッシュアイペディアより)

  • 岐阜県立岐阜高等学校

    岐阜県立岐阜高等学校から見た野田聖子野田聖子

    野田卯一 - 元衆議院議員、参議院議員(建設大臣、経済企画庁長官を歴任)、大蔵次官(衆議院議員:野田聖子の祖父)岐阜県立岐阜高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 松島みどり

    松島みどりから見た野田聖子野田聖子

    選択的夫婦別姓制度導入に賛同している。「国会では通称使用しているが、戸籍名の当選証書を手にしたときのショックは忘れられない。選択制なのだから、別姓にしたい人は好きにさせてほしい。自分は自民党であることを誇りに思っているが、民法改正については党はなさけないと思っている。野田聖子さんも森山真弓さんも頑張っているが、正直なところ『選択制別姓』が精一杯で今回『婚外子差別』までは出せない。シングルマザー支援としては王道ではないことを十分承知の上で『この少子化の時代に子どもを産んでくれるのなら、どんなスタイルでもありがたいのだから、支援すべきだ。』と政府に訴えている。」と述べている。松島みどり フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤忠治

    伊藤忠治から見た野田聖子野田聖子

    三重4区は久居市と一志郡以外縁もゆかりもない選挙区であった。相手候補田村憲久の地盤が強くて民主党支援者に聞いても「小選挙区で勝つのは無理だろう」「ならどの選挙区なら勝てるのか」と聞いてもいい答えが返らなかった。田村憲久は「伊藤さんはベテランの議員で気がぬけない」とコメントをした。民主党の岡田克也代表は郵政族で官公労組出身の伊藤忠治に配慮して郵政民営化法案に賛成しにくかった。郵政解散前に自民党の野田聖子など郵政民営化反対派は伊藤忠治など民主党郵政族との連携を模索した。最後の議員活動は小泉内閣の郵政民営化反対討論であった。伊藤忠治 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田靖一

    浜田靖一から見た野田聖子野田聖子

    1993年(平成5年)幸一の引退に伴い、第40回衆議院議員総選挙に旧千葉3区から自由民主党公認で出馬し、初当選(当選同期に安倍晋三・田中眞紀子・熊代昭彦・岸田文雄・塩崎恭久・野田聖子・山岡賢次・江崎鉄磨・高市早苗など)。小選挙区比例代表並立制導入後初めて実施された1996年(平成8年)の第41回衆議院議員総選挙には千葉12区から出馬し、再選。千葉12区は中村正三郎元法務大臣の地盤でもあったことから、2000年(平成12年)の第42回衆議院議員総選挙ではコスタリカ方式により中村が千葉12区から出馬し、浜田は比例南関東ブロックで3選。1998年(平成10年)、小渕内閣で防衛政務次官に就任した。浜田靖一 フレッシュアイペディアより)

  • 新極真会

    新極真会から見た野田聖子野田聖子

    試合ルールは極真会館時代のルールを受け継ぐ。主要大会は骨髄バンクチャリティとして開催され大会会長は衆議院議員の野田聖子が務める。新極真会 フレッシュアイペディアより)

  • ブーメラン効果

    ブーメラン効果から見た野田聖子野田聖子

    2007年春から夏にかけては、自民党の新たな事務所・光熱費問題、閣僚らの失言、松岡利勝農林水産大臣の自殺、赤城徳彦の政治資金疑惑などが続いたのに対し、民主から新たな不祥事は特になく、ブーメラン政党との批判は影をひそめ、逆に自民党にブーメランが返ってくるケースが続発した。たとえば、自民党は民主党・角田義一の2千万円の総連献金収受を指摘したが、小泉政権下の朝銀信用組合事件で柳沢伯夫大臣が朝鮮総連傘下の同組合に1兆4000億円を注入したことが、核開発や日本を射程に収めるノドン弾道弾増備に転用された事を蒸し返され非難された。また、2008年10月、民主党の前田雄吉議員によるマルチ商法擁護問題を追求した野田聖子大臣にも、過去国会でマルチ商法を擁護する発言をしたことが反攻材料とされた。ブーメラン効果 フレッシュアイペディアより)

85件中 51 - 60件表示

「野田聖子」のニューストピックワード