106件中 51 - 60件表示
  • こんにゃくゼリー

    こんにゃくゼリーから見た野田聖子野田聖子

    日本では、一口ずつ噛み切って食べるようにパッケージへの記載や、グルコマンナン濃度の低下など物性や形状等の工夫がはかられているが、国民生活センターによると、1995年から2008年までの間に22件の死亡事故が発生しているとされ、このことが2007年から2008年にかけて報道された際には大きな社会的関心を集めた。国会やマスメディアがこの問題を取り上げ菓子メーカーの企業責任を厳しく追及し、日本でも海外のようにこんにゃくゼリーを全面的に禁止すべきであるという意見も出され、社民党の福島みずほ党首と近藤正道参院議員からはこんにゃくゼリーの製造・輸入・販売の即時禁止と企業への責任追求と自主回収要求する「申し入れ」が野田聖子消費者行政担当大臣に要求された。こんにゃくゼリー最大手であるマンナンライフは対策を取るために一時生産を停止し、後に生産を再開する際にも警告文を大きく表示するなどの対応を迫られたほか、同業他社も同様の対策を取ることになった。こんにゃくゼリー フレッシュアイペディアより)

  • 深谷隆司

    深谷隆司から見た野田聖子野田聖子

    2005年の第44回衆議院議員総選挙の大きな争点の1つであった郵政民営化に関しては、自民党の郵政相経験者である野田聖子、自見庄三郎、八代英太らが反対を唱えて離党する中、早々に賛意を表明し東京2区から自民党公認で出馬。民主党の中山義活に比例復活すら許さない大差をつけて圧勝し、5年ぶりに国政へ復帰した。なお、自民党の内規では小選挙区で2回連続で敗退し比例復活も出来なかった候補者は公認を受けられないが、特例で立候補が認められた。深谷隆司 フレッシュアイペディアより)

  • 総理と呼ばないで

    総理と呼ばないでから見た野田聖子野田聖子

    20代の官房長官が誕生するが、実際の戦後の最年少閣僚は放映時点(1997年4月)では船田元経済企画庁長官の39歳。その後1998年7月に野田聖子郵政大臣(37歳)、2008年9月に小渕優子少子化対策担当大臣(34歳)と更新されている。総理と呼ばないで フレッシュアイペディアより)

  • 金曜プレステージ

    金曜プレステージから見た野田聖子野田聖子

    私は母になりました 野田聖子・わが子との愛と闘い871日全記録(2013年4月26日放送)金曜プレステージ フレッシュアイペディアより)

  • 自由民主党総裁

    自由民主党総裁から見た野田聖子野田聖子

    党則上、国会議員の党員全員に総裁の資格はあるが、現実問題として実績がない者が総裁選挙に出馬したところで選出される役職ではなく、田中角栄は総理総裁の条件として、「党三役のうち幹事長を含む二役(つまり、他に総務会長か政調会長のいずれか)、内閣で外務・大蔵・通産のうち二閣僚」(の経験者であること)を挙げていた。それらの要職を歴任しさえすれば必ず総理総裁になれるというわけではないが、総理総裁候補の実力者なら経験しているのは当然と考えていたと思われる。野田聖子も、2009年に自民党が下野した際に総裁選に出ようとして、後見役の古賀誠から同様に「資格は小選挙区出で三役経験者だ」と言われ止められたという(この時は谷垣禎一が候補に名乗りを上げ当選した)。三角大福(三木武夫、田中、大平正芳、福田赳夫)の時代はこの条件を一応充足していた。自由民主党総裁 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井孝男

    藤井孝男から見た野田聖子野田聖子

    2005年7月5日、郵政国会で反対票を投じた。このため同年9月11日の第44回衆議院議員総選挙では自由民主党の公認を得られず無所属で出馬。同党公認で出馬した金子に惜敗。その後自民党から正式に離党勧告処分が下り、離党する(野田聖子・佐藤ゆかり・金子一義・古屋圭司・松田岩夫の項も参照)。藤井孝男 フレッシュアイペディアより)

  • 北村誠吾

    北村誠吾から見た野田聖子野田聖子

    選択的夫婦別姓制度導入についての2001年に野田聖子の自民党党三役への申し入れには賛同していた。北村誠吾 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田靖一

    浜田靖一から見た野田聖子野田聖子

    1993年(平成5年)父の引退に伴い、第40回衆議院議員総選挙に旧千葉3区から自由民主党公認で出馬し、初当選(当選同期に安倍晋三・田中眞紀子・熊代昭彦・岸田文雄・塩崎恭久・野田聖子・山岡賢次・江崎鉄磨・高市早苗など)。小選挙区比例代表並立制導入後初めて実施された1996年(平成8年)の第41回衆議院議員総選挙には千葉12区から出馬し、再選。千葉12区は中村正三郎元法務大臣の地盤でもあったことから、2000年(平成12年)の第42回衆議院議員総選挙ではコスタリカ方式により中村が千葉12区から出馬し、浜田は比例南関東ブロックで3選。1998年(平成10年)、小渕内閣で防衛政務次官に就任。浜田靖一 フレッシュアイペディアより)

  • 志帥会

    志帥会から見た野田聖子野田聖子

    長年の持論であった郵政民営化を強力に推進する小泉に対し、亀井や参院亀井派会長の中曽根弘文らは強硬に反対。しかし、亀井の姿勢は小泉改革に賛同する水野賢一らの離反を引き起こした。亀井が「反小泉」の旗幟を鮮明にするにつれ、亀井派を離脱する議員もいたが、亀井は退会の意思を示した議員を引き止めず、「(亀井のトレードマークである)亀のバッジをつけていると、選挙に不利だから、亀のバッジをはずしてやってくれ」と逆に自派の議員たちを思いやったという。亀井の他、元衆議院議長の綿貫民輔、前総務会長の堀内光雄、元郵政大臣の野田聖子ら、亀井派以外の派閥からも衆院での郵政民営化法案の採決では造反者が相次いだが、5票差で可決される。しかし、参議院では中曽根弘文らの造反により、法案は否決された。これを受け、小泉はただちに衆議院を解散する。解散後、亀井は志帥会会長を辞任し、自民党を離党。綿貫や元国土庁長官の亀井久興らと共に国民新党を結党した。志帥会 フレッシュアイペディアより)

  • 学校法人田園調布雙葉学園

    学校法人田園調布雙葉学園から見た野田聖子野田聖子

    野田聖子(衆議院議員)学校法人田園調布雙葉学園 フレッシュアイペディアより)

106件中 51 - 60件表示

「野田聖子」のニューストピックワード