前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
151件中 1 - 10件表示
  • 野田聖子

    野田聖子から見た佐藤ゆかり

    2005年の総選挙では、郵政民営化法案に反対票を投じたため、自民党の公認を得られなかったが、小泉主導で送り込まれた刺客候補の佐藤ゆかりを退け、5選を果たした。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た野田卯一

    衆議院議員、経済企画庁長官、建設大臣、大蔵事務次官等を歴任した野田卯一の養子。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た海部俊樹

    1994年、首班指名選挙で自民党は日本社会党委員長の村山富市を首班候補に擁立。これに反発し、新生党の小沢一郎の誘いに乗って一時は武部勤、伊吹文明、中山正暉ら10数名と離党を考え断念した渡辺美智雄が「社会党の委員長なんか首相に推せるか」と旗を振る中、野田は渡辺、武部、伊吹や中曽根康弘、中尾栄一や赤城徳彦や山本有二らと共に、非自民連立与党の統一候補となった河本派出身の海部俊樹元首相支持に傾いた。しかし、議場の入り口で河本敏夫から直々に説得され、涙ながらに投票を棄権した。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た山本有二

    1994年、首班指名選挙で自民党は日本社会党委員長の村山富市を首班候補に擁立。これに反発し、新生党の小沢一郎の誘いに乗って一時は武部勤、伊吹文明、中山正暉ら10数名と離党を考え断念した渡辺美智雄が「社会党の委員長なんか首相に推せるか」と旗を振る中、野田は渡辺、武部、伊吹や中曽根康弘、中尾栄一や赤城徳彦や山本有二らと共に、非自民連立与党の統一候補となった河本派出身の海部俊樹元首相支持に傾いた。しかし、議場の入り口で河本敏夫から直々に説得され、涙ながらに投票を棄権した。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た鶴保庸介

    2001年、保守党所属の参議院議員・鶴保庸介と「結婚式」と称して式を挙げた。翌2002年1月にも、結婚披露宴に代わる「初春の集い」をかつての職場である帝国ホテルで開催した。2007年に2人が離別したことが知られた際、元々籍を入れておらず、一緒に住んでもいなかったことが鶴保によって語られた。2003年12月、国会議員生活10年の節目に高村派を退会。派閥にとらわれず国民の支持を広げるためといわれる(2003年9月自由民主党総裁選挙では番町研会長高村正彦推薦人)。また法的に結婚していないとできないはずの不妊治療をしている国会議員として、マスメディア(主にテレビや女性誌)に何度も取り上げられている。また人工授精による受精卵が凍結状態にあることがで報じられた。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た小沢一郎

    1994年、首班指名選挙で自民党は日本社会党委員長の村山富市を首班候補に擁立。これに反発し、新生党の小沢一郎の誘いに乗って一時は武部勤、伊吹文明、中山正暉ら10数名と離党を考え断念した渡辺美智雄が「社会党の委員長なんか首相に推せるか」と旗を振る中、野田は渡辺、武部、伊吹や中曽根康弘、中尾栄一や赤城徳彦や山本有二らと共に、非自民連立与党の統一候補となった河本派出身の海部俊樹元首相支持に傾いた。しかし、議場の入り口で河本敏夫から直々に説得され、涙ながらに投票を棄権した。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た今村雅弘

    2007年、福田康夫が自由民主党総裁に選出され、福田執行部で党広報局長に就任する。野田の前任の広報局長は小泉チルドレンの1人片山さつきであり、片山の更迭による野田の広報局長就任は、直前に発足した安倍改造内閣での今村雅弘・森山裕両衆院議員(いずれも郵政造反組)の副大臣への起用同様、郵政造反組の復権の象徴的な出来事であった。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た中曽根康弘

    1994年、首班指名選挙で自民党は日本社会党委員長の村山富市を首班候補に擁立。これに反発し、新生党の小沢一郎の誘いに乗って一時は武部勤、伊吹文明、中山正暉ら10数名と離党を考え断念した渡辺美智雄が「社会党の委員長なんか首相に推せるか」と旗を振る中、野田は渡辺、武部、伊吹や中曽根康弘、中尾栄一や赤城徳彦や山本有二らと共に、非自民連立与党の統一候補となった河本派出身の海部俊樹元首相支持に傾いた。しかし、議場の入り口で河本敏夫から直々に説得され、涙ながらに投票を棄権した。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た高市早苗

    1990年の第39回衆議院議員総選挙では自民党からの公認が取れず、旧岐阜1区から保守系無所属として立候補するも落選。1993年の第40回衆議院議員総選挙に再び立候補し、「衆議院にも自民党の女性議員を」との公約を掲げて初当選した(当選同期に安倍晋三・田中眞紀子・熊代昭彦・岸田文雄・塩崎恭久・浜田靖一・山岡賢次・江崎鉄磨・高市早苗など)。新政策研究会(河本敏夫派)に所属した。自民党はこの選挙で過半数を割り込み、宮澤内閣は総辞職。8党派による細川連立政権の発足に伴って自民党は史上初めて下野し、野田は野党議員として政治活動のスタートを切った。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た土井たか子

    1987年、岐阜県議会議員に史上最年少で立候補し当選する。この時期に消費税導入をめぐり、自民党と社会党の攻防(社会党は1989年の参院選で議席倍増)を目の当たりにし、「女性の立場から日本社会党委員長の土井たか子人気に動揺、危機感と政治家としての自覚を持ち、国政を目指すことを決意した」という。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
151件中 1 - 10件表示