151件中 91 - 100件表示
  • 野田聖子

    野田聖子から見た貴族院 (日本)

    祖父は国会議員を務めた野田卯一、曾祖父は「北浜の怪傑」と呼ばれた伝説の相場師である島徳蔵。徳蔵の弟で日本板硝子社長や貴族院議員を務めた島定治郎、子爵で軍医中将で貴族院議員も務めた実吉安純、日揮の創業者である実吉雅郎とは親戚にあたる。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た番町政策研究所

    1990年の第39回衆議院議員総選挙に旧岐阜1区から立候補するも、自民党からの公認も得られず落選。1993年の第40回衆議院議員総選挙に再び立候補し、「衆議院にも自民党の女性議員を」との公約を掲げて初当選。自民党内では新政策研究会(河本派)に所属した。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た受精卵

    不妊治療をしている国会議員としてマスメディア(主にテレビや女性誌)に何度も取り上げられる。2005年に、人工授精による受精卵が凍結状態にあることも報じられた。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た2015年自由民主党総裁選挙

    2015年9月、2015年自由民主党総裁選挙に際して、「日本の総理大臣を無投票で決めることは、国民を馬鹿にしている」「今、私の心は『義を見てせざるは勇なきなり』です」などと主張し、出馬に意欲を見せた。政界を引退した自民党元幹事長古賀誠の支援もあり、元参議院副議長尾辻秀久が推薦人になる意向を表明するなどしたが、最終的には立候補に必要な推薦人20人が集まらず、出馬を断念した。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た第47回衆議院議員総選挙

    2012年11月21日、自民党岐阜県連で記者会見し、衆議院解散に伴う第46回衆議院議員総選挙に出馬する意志を表明。同年12月16日、岐阜1区で前回敗れた柴橋を下し、7選。同年12月25日、第52代自由民主党総務会長に就任した。2014年9月3日、自民党役員人事により、退任。同年12月14日の第47回衆議院議員総選挙に出馬し、8選を果たす。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た女性誌

    不妊治療をしている国会議員としてマスメディア(主にテレビや女性誌)に何度も取り上げられる。2005年に、人工授精による受精卵が凍結状態にあることも報じられた。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た田園調布雙葉中学校・高等学校

    田園調布雙葉高等学校を中途退学、ミシガン州ジョーンズヴィル・ハイスクールを卒業後、1983年、上智大学外国語学部比較文化学科を卒業。同年、帝国ホテルに入社。フロント業務、国際セールス部員などを経験した。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た週刊新潮

    2010年5月にアメリカ合衆国にて卵子提供を受けて体外受精を実施して妊娠したことを、同年8月下旬に『週刊新潮』における自らの手記で明らかにした。2011年1月6日、重い障害のある男児が誕生したことを発表した。この際、野田自身は子宮の摘出を余儀なくされている。また、当面の間は休養することも明らかにした。2月、事実婚だった男性と1月18日に婚姻し、男性が改姓したことをブログと手記で公表した。同時に、鶴保と事実婚の関係を続けたのは自身が跡取り娘で名字を維持するためだったことも明かしている。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た神社本庁

    なお、この法案を通すのが難しい理由について、「自民党の応援団体である神社本庁などが猛烈に反対している。」と述べている。また「保守的な政治団体の中には、『別姓に賛成すると選挙で応援しないぞ』と圧力をかけてくるところがあり、小選挙区制の導入以降、それを乗り越えられない政治家が増えてきた」とも述べている。その他、自民党内の反対派について「家族の絆が壊れるというが、目に見えないものをぶつけてくるので合理的に議論ができない」と批判している。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た重複立候補

    同年8月30日の第45回衆議院議員総選挙では佐藤ゆかりが転出したため、しこりの残る佐藤の後援会は民主党の柴橋正直に支持を鞍替えしたとされる。岐阜1区では柴橋に敗れ落選したが、重複立候補していた比例東海ブロックで復活し、6選。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

151件中 91 - 100件表示

「野田聖子」のニューストピックワード