151件中 111 - 120件表示
  • 野田聖子

    野田聖子から見た与党

    同選挙で与党が圧勝すると、後援会幹部や岐阜県の自民党所属の地方議員らから法案に賛成するよう強い要望が出たため、野田は再度提出された郵政民営化法案に賛成票を投じた。同年10月、自民党党紀委員会により野田に対し離党勧告がなされたため、自民党を離党した。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た政策部会

    1996年11月発足の第2次橋本内閣で郵政政務次官、1998年7月発足の小渕内閣で、当時閣僚史上最年少(男性含め)の37歳10か月で郵政大臣に抜擢された。1999年、自民党国会対策副委員長、衆議院議院運営委員会議事進行係(女性初)に就任。2000年、自民党政調副会長、自民党筆頭副幹事長に就任。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た国会対策委員会

    1996年11月発足の第2次橋本内閣で郵政政務次官、1998年7月発足の小渕内閣で、当時閣僚史上最年少(男性含め)の37歳10か月で郵政大臣に抜擢された。1999年、自民党国会対策副委員長、衆議院議院運営委員会議事進行係(女性初)に就任。2000年、自民党政調副会長、自民党筆頭副幹事長に就任。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た郵政省

    1996年11月発足の第2次橋本内閣で郵政政務次官、1998年7月発足の小渕内閣で、当時閣僚史上最年少(男性含め)の37歳10か月で郵政大臣に抜擢された。1999年、自民党国会対策副委員長、衆議院議院運営委員会議事進行係(女性初)に就任。2000年、自民党政調副会長、自民党筆頭副幹事長に就任。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見たミシガン州

    田園調布雙葉高等学校を中途退学、ミシガン州ジョーンズヴィル・ハイスクールを卒業後、1983年、上智大学外国語学部比較文化学科を卒業。同年、帝国ホテルに入社。フロント業務、国際セールス部員などを経験した。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た衆議院

    1996年11月発足の第2次橋本内閣で郵政政務次官、1998年7月発足の小渕内閣で、当時閣僚史上最年少(男性含め)の37歳10か月で郵政大臣に抜擢された。1999年、自民党国会対策副委員長、衆議院議院運営委員会議事進行係(女性初)に就任。2000年、自民党政調副会長、自民党筆頭副幹事長に就任。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た例外的に夫婦の別姓を実現させる会

    選択的夫婦別姓制度導入に賛成する。2002年には「例外的に夫婦の別姓を実現させる会」を主導し、自民党法務部会に議員提案として「民法の一部改正に関する法律案」を提出している。この中で、野田は「現行民法は男女の婚姻の条件として、同氏を名乗ることを義務づけている。現在、そのために不利益を被る人たちが民法の改正を強く願っている。少子化が急速に進み一人っ子家庭が増えるなか、一人っ子同士の結婚での家名継承が難しくなっている。結婚の前後で氏が変わることにより、仕事の継続性が確保できなくなる事例も増えている。結婚を控えた若い世代の過半数は、希望する夫婦には別氏を名乗れるようにしてもよい、と民法の改正に賛成している。家族の崩壊が心配され、家族の再生が求められるなか、婚姻前の氏をそれぞれ名乗りながらも法律上の家族でありたいと願う切実な声がある。夫婦が特別の事情でそれぞれ旧姓を名乗りたいと希望する場合、家庭裁判所の許可があれば例外的に夫婦別氏の結婚を法律婚とする道を開きたい」とその理由を述べている。また、2015年には、選択的夫婦別姓を巡る裁判の最高裁判断を受けて、法整備に向けた党内勉強会を始める意向を示した。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た第46回衆議院議員総選挙

    2012年11月21日、自民党岐阜県連で記者会見し、衆議院解散に伴う第46回衆議院議員総選挙に出馬する意志を表明。同年12月16日、岐阜1区で前回敗れた柴橋を下し、7選。同年12月25日、第52代自由民主党総務会長に就任した。2014年9月3日、自民党役員人事により、退任。同年12月14日の第47回衆議院議員総選挙に出馬し、8選を果たす。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た第40回衆議院議員総選挙

    1990年の第39回衆議院議員総選挙に旧岐阜1区から立候補するも、自民党からの公認も得られず落選。1993年の第40回衆議院議員総選挙に再び立候補し、「衆議院にも自民党の女性議員を」との公約を掲げて初当選。自民党内では新政策研究会(河本派)に所属した。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た第44回衆議院議員総選挙

    自民党岐阜県連(会長:古屋圭司)は8月10日、岐阜市内で執行部会・常任総務会合同会議を開き、県連規約を改正し、党公認がなくても第44回衆議院議員総選挙で支援することを決定した。会議の席上、法案に賛成した金子一義が異論を唱えたが、これに対し「県連は一致して法案に反対している。地方の声を聞くのが国会議員だ」とする反論も出た(金子一義・藤井孝男・松田岩夫も参照)。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

151件中 111 - 120件表示

「野田聖子」のニューストピックワード