151件中 21 - 30件表示
  • 野田聖子

    野田聖子から見た古賀誠

    第2次橋本内閣で郵政政務次官に就任(1996年11月7日)。1998年7月30日発足の小渕内閣では、37歳10ヶ月の若さで郵政大臣に抜擢された。小渕恵三首相から「将来の女性首相候補」と持ち上げられ、野中広務、古賀誠ら自民党内の重鎮からも目を掛けられた。1999年、自民党国会対策副委員長、衆議院議院運営委員会の議事進行係(女性としては初)に就任。2000年、自民党政調副会長、筆頭副幹事長に就任。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た小泉純一郎

    7月5日の衆議院本会議における法案採決では、賛成するよう党議拘束がかけられたものの造反して青票(反対票)を投じ、5票差で可決されたが、参議院では反対多数で否決された。なお、鶴保庸介は所属する二階グループ会長・二階俊博の判断を尊重し、参議院本会議の採決で白票(賛成票)を投じたが、8月10日に国会内で記者会見を開き、「夫としては当然、妻の応援に向かわなくてはならない」と述べ、二階グループを退会。その理由として「党の選挙対策本部事務局長である、二階俊博党総務局長に迷惑はかけられないから」と説明した。さらに「法案に反対した者すべてが改革反対論者であるような風潮や、総裁の言動に疑問を感じる」と付け加え、小泉純一郎を批判した。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た岸田文雄

    1990年の第39回衆議院議員総選挙では自民党からの公認が取れず、旧岐阜1区から保守系無所属として立候補するも落選。1993年の第40回衆議院議員総選挙に再び立候補し、「衆議院にも自民党の女性議員を」との公約を掲げて初当選した(当選同期に安倍晋三・田中眞紀子・熊代昭彦・岸田文雄・塩崎恭久・浜田靖一・山岡賢次・江崎鉄磨・高市早苗など)。新政策研究会(河本敏夫派)に所属した。自民党はこの選挙で過半数を割り込み、宮澤内閣は総辞職。8党派による細川連立政権の発足に伴って自民党は史上初めて下野し、野田は野党議員として政治活動のスタートを切った。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た柴橋正直

    8月30日の第45回衆議院議員総選挙では佐藤ゆかりが転出したため、“しこり”の残る佐藤の後援会は民主党の柴橋正直に支持を鞍替えしたとされる。岐阜1区では柴橋に敗れ落選したが、重複立候補していた比例東海ブロックで復活し、6選。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た橋本聖子

    趣味は読書、映画鑑賞、カラオケ、パソコン。日本酒党で「日本酒を愛する女性議員の会」(幹事長:小渕優子)で会長を、また日本酒造協会では顧問を務めている。メールマガジンの名称は「キャサリン通信」だが、このキャサリンは飼い犬(フレンチ・ブルドッグ)の名前。不妊治療の辛いときに橋本聖子に勧められて飼うことにしたという。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た武部勤

    1994年、首班指名選挙で自民党は日本社会党委員長の村山富市を首班候補に擁立。これに反発し、新生党の小沢一郎の誘いに乗って一時は武部勤、伊吹文明、中山正暉ら10数名と離党を考え断念した渡辺美智雄が「社会党の委員長なんか首相に推せるか」と旗を振る中、野田は渡辺、武部、伊吹や中曽根康弘、中尾栄一や赤城徳彦や山本有二らと共に、非自民連立与党の統一候補となった河本派出身の海部俊樹元首相支持に傾いた。しかし、議場の入り口で河本敏夫から直々に説得され、涙ながらに投票を棄権した。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た養子

    衆議院議員、経済企画庁長官、建設大臣、大蔵事務次官等を歴任した野田卯一の養子野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た新日本製鐵

    島稔は東大卒業後、八幡製鐵(後に新日本製鐵)に勤めていた。娘の聖子は選挙を有利に展開する目的で野田卯一の養女となった。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た日本航空

    上智大卒業後、日本航空からも内定を受けていたが、日本航空羽田沖墜落事故の影響により取り消されている。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た新潮社

    三年間で八回におよぶ体外受精を受けた不妊治療体験から国会議員として生殖医療に取り組んできたが、少子化問題にも目を向け、2002年秋ごろ、特に力を入れたい政策課題だと表明。小泉政権の少子化対策について、「百点満点で十点」と酷評。自費出版を検討していた自らの体験や体外受精をめぐる夫との軋轢や通院の苦労談、流産の辛さをつづった著書を、新潮社の申し出により、2004年12月に『私は、産みたい』と題して出版。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

151件中 21 - 30件表示