151件中 61 - 70件表示
  • 野田聖子

    野田聖子から見た東大

    島稔は東大卒業後、八幡製鐵(後に新日本製鐵)に勤めていた。娘の聖子は選挙を有利に展開する目的で野田卯一の養女となった。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た上智大学

    田園調布雙葉高等学校を中途退学し、ミシガン州ジョーンズヴィル・ハイスクール(Jonesville High School)に入学し卒業。1983年、上智大学外国語学部比較文化学科を卒業し、帝国ホテルに入社。フロント業務等を経て、帝国ホテルの女性従業員で初めて国際セールス部員に抜擢される。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た医療

    三年間で八回におよぶ体外受精を受けた不妊治療体験から国会議員として生殖医療に取り組んできたが、少子化問題にも目を向け、2002年秋ごろ、特に力を入れたい政策課題だと表明。小泉政権の少子化対策について、「百点満点で十点」と酷評。自費出版を検討していた自らの体験や体外受精をめぐる夫との軋轢や通院の苦労談、流産の辛さをつづった著書を、新潮社の申し出により、2004年12月に『私は、産みたい』と題して出版。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た子供

    政策課題の筆頭として子供の問題を重視し、児童買春・児童ポルノ禁止、発達障害(超党派「発達障害の支援を考える議員連盟」に所属して2001年11月24日、発達障害者支援法は成立)などの課題に積極的にかかわり、児童ポルノ禁止法を代表的にすすめた一人である。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た事務次官

    衆議院議員、経済企画庁長官、建設大臣、大蔵事務次官等を歴任した野田卯一の養子。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た公約

    1990年の第39回衆議院議員総選挙では自民党からの公認が取れず、旧岐阜1区から保守系無所属として立候補するも落選。1993年の第40回衆議院議員総選挙に再び立候補し、「衆議院にも自民党の女性議員を」との公約を掲げて初当選した(当選同期に安倍晋三・田中眞紀子・熊代昭彦・岸田文雄・塩崎恭久・浜田靖一・山岡賢次・江崎鉄磨・高市早苗など)。新政策研究会(河本敏夫派)に所属した。自民党はこの選挙で過半数を割り込み、宮澤内閣は総辞職。8党派による細川連立政権の発足に伴って自民党は史上初めて下野し、野田は野党議員として政治活動のスタートを切った。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た少子化

    三年間で八回におよぶ体外受精を受けた不妊治療体験から国会議員として生殖医療に取り組んできたが、少子化問題にも目を向け、2002年秋ごろ、特に力を入れたい政策課題だと表明。小泉政権の少子化対策について、「百点満点で十点」と酷評。自費出版を検討していた自らの体験や体外受精をめぐる夫との軋轢や通院の苦労談、流産の辛さをつづった著書を、新潮社の申し出により、2004年12月に『私は、産みたい』と題して出版。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た発達障害

    政策課題の筆頭として子供の問題を重視し、児童買春・児童ポルノ禁止、発達障害(超党派「発達障害の支援を考える議員連盟」に所属して2001年11月24日、発達障害者支援法は成立)などの課題に積極的にかかわり、児童ポルノ禁止法を代表的にすすめた一人である。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見たマルチ商法

    1996年4月の衆議院商工委員会で、マルチ商法について「悪質業者は厳しく取り締まらないといけないと思う反面、良質な業者も随分存在している。悪質な例ばかり強調されると、良質なもの、一生懸命頑張っている人のやる気をなくし、新たな産業を潰してしまう。」と述べ、規制に否定的な立場を示していたことが2008年10月16日の参議院予算委員会で明らかになり、野田は「自分の勉強不足で、消費者の視点に立った質問ができなかった」と釈明した。麻生太郎首相は衆院選をにらみ、消費者行政を重視する姿勢を示している中での釈明だった。。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た2009年

    児童ポルノ単純所持違法化、18歳未満を描写する創作物製作規制を強力に推進したとされる。2009年8月15日(終戦の日)に、麻生太郎内閣総理大臣を含む麻生内閣の他の閣僚が靖国神社参拝を見送る中、閣僚としてはただ1人参拝を行った。「国務大臣」の肩書で記帳し私人として参拝したと説明している。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

151件中 61 - 70件表示