151件中 81 - 90件表示
  • 野田聖子

    野田聖子から見た内閣府特命担当大臣

    岐阜県議会議員(1期)、郵政大臣(第64代)、福田康夫改造内閣で内閣府特命担当大臣(科学技術政策・食品安全)、麻生内閣で内閣府特命担当大臣(科学技術政策・食品安全・消費者)を歴任した。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た靖国神社

    児童ポルノ単純所持違法化、18歳未満を描写する創作物製作規制を強力に推進したとされる。2009年8月15日(終戦の日)に、麻生太郎内閣総理大臣を含む麻生内閣の他の閣僚が靖国神社参拝を見送る中、閣僚としてはただ1人参拝を行った。「国務大臣」の肩書で記帳し私人として参拝したと説明している。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た郵政大臣

    岐阜県議会議員(1期)、郵政大臣(第64代)、福田康夫改造内閣で内閣府特命担当大臣(科学技術政策・食品安全)、麻生内閣で内閣府特命担当大臣(科学技術政策・食品安全・消費者)を歴任した。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た国務大臣

    福田康夫改造内閣で、内閣府特命担当大臣(科学技術政策・食品安全)に就任した。さらに、「消費者行政を統一的・一元的に推進するため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整」と「宇宙開発利用に関する施策を総合的かつ計画的に推進するため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整」も国務大臣として兼任。消費者庁の設置に尽力した。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た徴兵制

    2004年、「e-Japan重点計画特命委員会デジタル・アーカイブ小委員会」では「ヨン様はあまりに礼儀正しく素晴らしい紳士であり、その背景には韓国の徴兵制がある。一方、日本の青年達は親を殺すようになった。日本の青年にヨン様のようになってもらうために、日本に軍隊を作って男の子達を徴兵制で鍛えなおしてもらったらどうか」 と発言した。その後きょうと青年政治大学校講師も経験。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た自由民主党総務会

    野田 聖子(のだ せいこ、1960年9月3日 ‐ )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(7期)、自由民主党総務会長野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た郵政民営化

    2005年4月27日に政府提案(閣法)で上程された郵政民営化法案に反対したため、民営化反対派の急先鋒だと見なされたが、雑誌『経済界』2005年4月号のインタビューでは「民営化に反対と言ったことはありません。今の竹中プランでは駄目だと言っているのです。改革という言葉に酔うのではなく、将来を考えた本当の改革をしてもらいたいと訴えているのです。」と答えている。また、「国民生活を直撃」するインパクトを持ち、規制緩和の手本である合衆国ですら国営だと指摘し、法案が古い「二項対立論の焼き直しにすぎない」とも発言した。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た凍結

    2001年、保守党所属の参議院議員・鶴保庸介と「結婚式」と称して式を挙げた。翌2002年1月にも、結婚披露宴に代わる「初春の集い」をかつての職場である帝国ホテルで開催した。2007年に2人が離別したことが知られた際、元々籍を入れておらず、一緒に住んでもいなかったことが鶴保によって語られた。2003年12月、国会議員生活10年の節目に高村派を退会。派閥にとらわれず国民の支持を広げるためといわれる(2003年9月自由民主党総裁選挙では番町研会長高村正彦推薦人)。また法的に結婚していないとできないはずの不妊治療をしている国会議員として、マスメディア(主にテレビや女性誌)に何度も取り上げられている。また人工授精による受精卵が凍結状態にあることがで報じられた。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見たアメリカ合衆国

    2010年5月にアメリカ合衆国にて卵子提供を受けて体外受精を実施して妊娠したことを、同年8月下旬に『週刊新潮』での自らの手記にて明らかにした。渡米したのは日本では認められていない有償の卵子提供を受けるため。しかし渡米は国会開会中の海外医療観察名目で行われた。その際には「『超』も『超』の高齢出産になる『おばさん妊婦』を、出産まで温かく見守って戴ければ幸い。何があっても、『それでも私は産みたい』のだ」と主張していた。妊娠初期に胎児の重大な奇形が判明するが、「どっちにしろ産むから」と精密検査を拒否した。胎児の異常が判明した以降のインタビューで、「2人目3人目も頑張る」と宣言。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た週刊新潮

    2010年5月にアメリカ合衆国にて卵子提供を受けて体外受精を実施して妊娠したことを、同年8月下旬に『週刊新潮』での自らの手記にて明らかにした。渡米したのは日本では認められていない有償の卵子提供を受けるため。しかし渡米は国会開会中の海外医療観察名目で行われた。その際には「『超』も『超』の高齢出産になる『おばさん妊婦』を、出産まで温かく見守って戴ければ幸い。何があっても、『それでも私は産みたい』のだ」と主張していた。妊娠初期に胎児の重大な奇形が判明するが、「どっちにしろ産むから」と精密検査を拒否した。胎児の異常が判明した以降のインタビューで、「2人目3人目も頑張る」と宣言。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

151件中 81 - 90件表示

「野田聖子」のニューストピックワード