前へ 1 2 3 4
40件中 1 - 10件表示
  • 第74回都市対抗野球大会

    第74回都市対抗野球大会から見た野間口貴彦野間口貴彦

    注目チームは前年秋に野村克也監督兼GMを招聘したシダックス。東京予選では無敗で第1代表を獲得しており、野間口貴彦・オレステス・キンデランといった投打の柱を擁した戦いぶりで、トヨタ自動車との1回戦では42,000人の観客が東京ドームに詰めかけた。第74回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 岩本 勉

    岩本勉から見た野間口貴彦野間口貴彦

    2005年5月21日の交流戦・対読売ジャイアンツ2回戦(東京ドーム)で、5回表に野間口貴彦から本塁打を放った(プロ入り初本塁打・初打点)。これはパ・リーグが指名打者制を導入した1975年以降、パ・リーグの日本人投手として初の本塁打である(外国人投手を含めても3本目)。しかし、投球では6回裏にタフィ・ローズ・小久保裕紀に本塁打を許し、敗戦投手となった。岩本勉 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の日本シリーズ

    2012年の日本シリーズから見た野間口貴彦野間口貴彦

    投手:13高木康成、15澤村拓一、17東野峻、18杉内俊哉、20スコット・マシソン、26内海哲也、28金刃憲人、30宮國椋丞、35西村健太朗、43小野淳平、45野間口貴彦、47山口鉄也、49ディッキー・ゴンザレス、54デニス・ホールトン、57高木京介、59福田聡志、62江柄子裕樹、94小山雄輝2012年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 裏金

    裏金から見た野間口貴彦野間口貴彦

    新人選手の獲得にあたっては契約金の最高標準額(1億円+出来高5000万円)が申し合わされている。しかし、実際にはドラフト上位選手に対しては最高標準額以上の裏金が飛び交っていると言われている。裏金が飛び交う原因として、ドラフト対象となる選手(特に大学生)にとって、所属チームの監督や両親の意向は絶対的であることがある。スカウトが所属チームの監督や両親に金銭を渡し、選手を説得(半ば脅迫とも言える)しようと試みる。有力選手であればあるほど、多額の金銭が飛び交うと言われている。その逆指名における裏金が明るみに出たのが2004年の一場靖弘を巡る裏金事件である。更に2007年に発覚した横浜ベイスターズによる、2004年に自由獲得枠で入団した那須野巧投手への、契約金の最高標準額や1年目の年俸の申し合わせ額の逸脱がある。ただし当時の横浜球団としては、裏金と契約金の上乗せは範疇が異なると理解していたと発表されている。また、新人獲得時の裏金は、球団経営を圧迫する原因とも言われている。2004年にプロ野球再編問題が勃発した時には、プロ野球経営がいかに杜撰で丼勘定であったかが露呈した。一場の問題と同時期には、野間口貴彦に読売ジャイアンツから入団前に数回200万円が支払われており、一場問題の調査で野間口投手への授与も把握していたが、桃井恒和球団社長は「公表しなければいけないものでもない。今回(朝日新聞から)取材を受けたので申し上げておきます」と話した。2012年10月11日のテレビ東京「解禁!暴露ナイト」で、元プロ野球選手の愛甲猛は、昔から裏金は当たり前であり、球団が高校生に対してお小遣いは10万を渡したり、未成年である高校生に風俗へ行かせるなどしていたと話した。そして、今現在はそれがさらに巧妙になっていると話している。裏金 フレッシュアイペディアより)

  • 野村克也

    野村克也から見た野間口貴彦野間口貴彦

    就任当時のシダックスは弱小チームであり、走者が送球に当たってアウトになるなど凡ミスの連続だったが、野村は持ち前の理論を元にチームを徹底的に改革。また、解説者時代に培った豊富な人脈でキューバ人選手を獲得するなど大型補強を敢行し、チームは野村就任後わずか数ヶ月で社会人野球ベーブルース大会で全国制覇を達成、野村は史上初のプロ・アマ両方での日本一監督となった。このときの選手に、野間口貴彦や武田勝、オレステス・キンデラン、アントニオ・パチェコなどがいる。野村克也 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優里亜

    佐藤優里亜から見た野間口貴彦野間口貴彦

    2011年11月23日付の発表で、巨人・野間口貴彦投手と結婚することを広報した。入籍日、挙式などの予定は未定とされる。佐藤優里亜 フレッシュアイペディアより)

  • 栂野雅史

    栂野雅史から見た野間口貴彦野間口貴彦

    は不調の門倉健、野間口貴彦に代わる先発投手の一角として、自身初の開幕一軍を果たした。3月30日の東京ヤクルトスワローズ戦にて先発登板、5回2失点の結果を残した。栂野雅史 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸将也

    金丸将也から見た野間口貴彦野間口貴彦

    巨人の二軍キャンプの場所だった宮崎県清武町の出身でもあり、子供の頃は毎年キャンプを見学に行くほどの巨人ファンであった。高校時代には当時新人だった野間口貴彦がブルペンで投げているのを見て、直球の指の掛かりを参考にしていた。また同時期に、自身が後にドラフトで指名される事になる広島のキャンプを天福球場まで見に行ったことがあり、その練習の前のアップの長さに驚いた事がある。金丸将也 フレッシュアイペディアより)

  • 庄田隆弘

    庄田隆弘から見た野間口貴彦野間口貴彦

    高校卒業後は明治大学に進学し、2年時の春季リーグからレギュラーとなる。社会人野球のシダックスに入社後は主に1番右翼手として活躍し、には野村克也新監督の下でJABAベーブルース杯争奪大会の首位打者となり、第74回都市対抗野球大会では準優勝を果たした。俊足の左打者であることが評価され、同年秋のドラフト会議で阪神タイガースに6巡目で指名され入団。スポーツライターの小関順二はこの指名を、チームの後輩である野間口貴彦を阪神が獲得するための布石と指摘した。庄田隆弘 フレッシュアイペディアより)

  • 垣野多鶴

    垣野多鶴から見た野間口貴彦野間口貴彦

    2003年の第74回都市対抗野球大会の目玉は、前年秋に監督兼GMに野村克也を迎え、野間口貴彦やオレステス・キンデランらを擁するシダックスだった。シダックスは順調に勝ち上がり、決勝で垣野率いる三菱ふそう川崎と対戦した(2003年9月2日)。垣野多鶴 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
40件中 1 - 10件表示

「野間口貴彦」のニューストピックワード