40件中 11 - 20件表示
  • 第31回社会人野球日本選手権大会

    第31回社会人野球日本選手権大会から見た野間口貴彦野間口貴彦

    野間口貴彦(シダックス)第31回社会人野球日本選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 木内幸男

    木内幸男から見た野間口貴彦野間口貴彦

    その采配は「木内マジック」と称され、熱狂的なファンは全国に多い(特に全国の高校野球ファンに)。選手起用は独特で、先発投手は意表を付いたものが多く、選手の交代も激しい。また、盗塁やスクイズのような機動力を駆使した采配も得意だが、むしろそれ以上に傍から見ると無謀ともいえる強攻策を仕掛けることのほうが目立っている。これは博打を打っているのではもちろんなく、自軍の打撃の勢いや相手の投手の調子を把握し試合状況的に「バントをさせに」棒球を投げてくることなどを読んだ上で仕掛けているのである。その例として、終盤の競った場面の無死一塁という場面でセオリーなら十中八九はバントの場面で強攻し、成功を収めたことが2度ほどある。1つは1987年の選手権準決勝・東亜学園戦の延長10回裏、無死一塁で打者は仁志という場面。木内は仁志に強攻させて、結果はバウンドの高いショートゴロ。しかし意表をつかれた東亜のショートはバントに備えた守備陣形を修正できないまま慌てて一塁に投げて暴投し、一気に一塁走者の島田が生還してサヨナラ勝ちした。もう1つは2001年選抜の準決勝・関西創価戦のこれも延長10回裏の無死一塁という場面。注目の好投手野間口貴彦に対し木内は7番打者だった横川史学に強攻させ、これが見事右中間をやぶるサヨナラ二塁打となった。2003年夏の決勝でもダルビッシュ相手に無死一塁から強攻策を仕掛けた時、テレビ解説をしていた横浜高校監督の渡辺元智も「わかりませんねえ」と批判的なコメントをしていたが結果は一死後に3本の長短打がでて一挙3得点であった。木内幸男 フレッシュアイペディアより)

  • 田中大二郎

    田中大二郎から見た野間口貴彦野間口貴彦

    初出場:2008年6月6日、対千葉ロッテマリーンズ3回戦(東京ドーム)、3回裏に野間口貴彦の代打で出場田中大二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高田周平

    高田周平から見た野間口貴彦野間口貴彦

    関西創価高校時代は野間口貴彦とも共にプレーしていた。同期には楠本大樹がおり、バッテリーを組んでいた。自身3年時はエースとしてチームを牽引していたが、夏の大阪大会直前に疲労骨折でコンディションを崩し、浪速高校に二回戦で敗退。2年半ぶりの甲子園出場を逃した。高田周平 フレッシュアイペディアより)

  • 古川祐樹

    古川祐樹から見た野間口貴彦野間口貴彦

    2009年4月26日、中継ぎ補充のため、高橋尚成と入れ替わりで本来昇格する予定だった野間口貴彦が首都高速道路で追突事故に遭ったため、初の一軍昇格を果たす。そして当日の中日ドラゴンズ戦に、5番手で登板しプロ初出場を記録した(2安打1失点自責点1)。最終的には一軍では6試合に登板し、防御率4.50の成績を残し、二軍では登板数10試合、1勝1敗2S防御率0.67の成績を残した。古川祐樹 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た野間口貴彦野間口貴彦

    兵庫県尼崎市出身。両親は鳥取県出身。尼崎市立園和北小学校1年時に軟式野球の「園和北フレンズ」に入団し4年生でボーイズリーグ「兵庫尼崎」に移籍、6年時に全国優勝。尼崎市立園田中学校時代はボーイズリーグ「兵庫尼崎」に在籍。中学の1年先輩には後にプロでチームメイトとなる野間口貴彦がいた。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 歌藤達夫

    歌藤達夫から見た野間口貴彦野間口貴彦

    社会人野球のヤマハでは下半身を鍛えて球速が140km/h台に上がり、スクリューボールもマスターした。1年目のは都市対抗1回戦で敗戦投手となったが、翌年にかけて2年連続で本戦出場に貢献。にはトヨタ自動車の補強選手として都市対抗に出場し、1回戦でシダックスの野間口貴彦と投げ合って敗れた。大学時代から注目していたオリックス・ブルーウェーブの熊野輝光スカウトに即戦力として評価され、同年のドラフトで自由獲得枠での指名を受け入団。契約金1億円+出来高5000万円、年俸1500万円(いずれも推定)という好条件だった。歌藤達夫 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た野間口貴彦野間口貴彦

    ドラフトで読売ジャイアンツから4巡目指名を受け入団。背番号は25。同期入団に東野峻や野間口貴彦がいる。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 武田勝

    武田勝から見た野間口貴彦野間口貴彦

    シダックス入社後に投球フォームを改造し、野間口貴彦と共にエースとして活躍。の都市対抗野球ではシダックスを準優勝に導いた。2003年のドラフト会議では読売ジャイアンツが野間口と共に獲得を目指していたが、野村克也から「野間口と武田が同時に抜けるのは(チームとして)困る」と発言して拒否した。野村は武田に対して「(シダックス野球部を)退部してドラフトを受ける手もある」と裏技を教えたが、武田は逆に野村の気遣いを意気に感じてシダックス残留を決めた。武田勝 フレッシュアイペディアより)

  • 押切 もえ

    押切もえから見た野間口貴彦野間口貴彦

    2008年5月、読売ジャイアンツの野間口貴彦投手との交際をブログで認めたが、2009年秋に破局が報じられた。押切もえ フレッシュアイペディアより)

40件中 11 - 20件表示

「野間口貴彦」のニューストピックワード