42件中 21 - 30件表示
  • 都市対抗野球大会

    都市対抗野球大会から見た野間口貴彦野間口貴彦

    第74回 五嶋貴幸(投手:川崎市・三菱ふそう川崎)、野間口貴彦(投手:調布市・シダックス)都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 垣野多鶴

    垣野多鶴から見た野間口貴彦野間口貴彦

    2003年の第74回都市対抗野球大会の目玉は、前年秋に監督兼GMに野村克也を迎え、野間口貴彦やオレステス・キンデランらを擁するシダックスだった。シダックスは順調に勝ち上がり、決勝で垣野率いる三菱ふそう川崎と対戦した(2003年9月2日)。垣野多鶴 フレッシュアイペディアより)

  • 5月31日

    5月31日から見た野間口貴彦野間口貴彦

    1983年 - 野間口貴彦、プロ野球育成選手5月31日 フレッシュアイペディアより)

  • 中村一生

    中村一生から見た野間口貴彦野間口貴彦

    初盗塁:2010年8月17日、対読売ジャイアンツ16回戦(ナゴヤドーム)、7回裏に二盗(投手:野間口貴彦、捕手:鶴岡一成)中村一生 フレッシュアイペディアより)

  • オレステス・キンデラン

    オレステス・キンデランから見た野間口貴彦野間口貴彦

    キンデラン在籍中、シダックスは2年とも都市対抗野球東京第1代表を勝ち取っていたが、2005年は東京2次予選で第2代表となり、野村は「投打の柱(投手は巨人に入団した野間口貴彦、打者はキンデラン)が抜けたことでチームが小粒になった」と嘆いた。オレステス・キンデラン フレッシュアイペディアより)

  • 押切 もえ

    押切もえから見た野間口貴彦野間口貴彦

    2008年5月、読売ジャイアンツの野間口貴彦投手との交際をブログで認めたが、2009年秋に破局が報じられた。押切もえ フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た野間口貴彦野間口貴彦

    兵庫県尼崎市の出身。在日韓国人三世で、大学3年のときに日本へ帰化した。尼崎市立園和北小学校1年時に軟式野球の「園和北フレンズ」に入団し4年生でボーイズリーグ「兵庫尼崎」に移籍、6年時に全国優勝。尼崎市立園田中学校時代はボーイズリーグ「兵庫尼崎」に在籍。中学の1年先輩には後にプロでチームメイトとなる野間口貴彦がいた。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 読売新聞

    読売新聞から見た野間口貴彦野間口貴彦

    2012年3月15日付『朝日新聞』の朝刊一面トップは、読売巨人軍が新人選手へ1億円をこえる契約金を裏金で支出していた、とする報道であった。読売新聞は、同日、朝日新聞の報道にあわせて、ただちに反論記事を掲載。新人選手への1億円以上の契約金の支出禁止は、2007年1月までは、目安に過ぎなかったとした。だが、この反論記事は、「04年に横浜や西武が1億円を超えて払っていたことが大きなニュースになって、コミッショナーに厳重注意を受けて、西武なんか上層部が責任をとった」「あれは何なの? 野間口も同じ04年ですよ。その時になんで巨人さん、バックアップしてくれなかったのよ。『ルールじゃないんだよ』と。そう思うじゃないですか」(小倉智昭)という反発をうけただけではない。報道各社に「朝日がこんな取材をしているが」と反論文書を配る、読売新聞の「報道のモラル」に反した振る舞いも厳しく批判された。とりわけ、読売新聞の反論の中で失笑を買ったのは、「いま球団が一丸となって東日本大震災を支援しようとする時に、10年も前のことを持ち出すのはいかがなものか」と、東日本大震災の復興への支援をダシにして、朝日新聞を批判し、裏金報道を封じこめようとする態度であった。読売新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の日本シリーズ

    2012年の日本シリーズから見た野間口貴彦野間口貴彦

    投手:高木康、マシソン、野間口、小山2012年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 天谷宗一郎

    天谷宗一郎から見た野間口貴彦野間口貴彦

    ''、オープン戦で打率3位の.396をマークし、3番・中堅手に抜擢されるが、シーズンに入ると打率1割台後半から2割前後を推移する深刻な打撃不振に陥り、打撃好調の赤松や廣瀬純にスタメンを奪われることが多くなる。後半戦からは多少持ち直したが、前半戦の不振が響き打率.245と成績を落とした。4月28日の対横浜戦で、チームでは正田耕三(10月15日の対中日戦で1試合6盗塁を記録)以来21年ぶりとなる1試合4盗塁を記録し、8月27日の対読売ジャイアンツ戦では延長11回に野間口貴彦から逆転サヨナラ3ラン本塁打を放つなど、要所では印象的な活躍は見せたものの、赤松と投手の左右で併用されるなど完全にレギュラーに定着するには至らなかった。 8月22日の対横浜戦では、8回表にブレット・ハーパーが齊藤悠葵から放ったセンターへのホームラン性の打球を、およそ1.8mのフェンスを駆け上がってエビ反り状態になりながらも好捕。この時、齊藤はホームランを打たれたと思い込んでいたため、天谷が捕球するのを見て目を丸くして驚いていた。このようなビッグプレーは8月4日の対横浜戦でも同僚の赤松が見せており(ちなみにその時の投手も齊藤であった。打者は村田修一)、天谷はそれを「すごく意識するようになった」らしい。22日の未明、日本テレビのスポーツニュースで赤松のプレーが特集された際に、マツダスタジアムに展示されている、天谷がフェンスによじ登ってホームランキャッチする姿を模した「激突!天谷くん」人形が紹介されており、僅か一夜明けてそれを現実の物としてしまった。なお後日、登ったフェンスのすぐ下にフマキラーがベープの広告を出していたため、同社から天谷にベープ、薬用ハンドソープなどが送られたことが、広報である比嘉寿光のブログで明らかになった。同様に赤松も、よじ登ったフェンスに広告を掲載していた石窯タカキベーカリーからパンの詰め合わせが贈られている。天谷宗一郎 フレッシュアイペディアより)

42件中 21 - 30件表示

「野間口貴彦」のニューストピックワード

  • Progressive Policy Institute

  • 大阪都構想

  • 政令市という権限と財源を残し、カジノよりも、市民が心豊かに暮らせる安心安全なまちづくりを進めたい