40件中 21 - 30件表示
  • 渡邉恒樹

    渡邉恒樹から見た野間口貴彦野間口貴彦

    大学卒業後はNTT東日本に入社し、4年連続で都市対抗野球大会に出場した。の社会人野球日本選手権大会では野間口貴彦(シダックス)・能見篤史(大阪ガス)と優秀選手賞を受賞した。渡邉恒樹 フレッシュアイペディアより)

  • 関西創価中学校・高等学校

    関西創価中学校・高等学校から見た野間口貴彦野間口貴彦

    野間口貴彦 - 野球選手 (読売ジャイアンツ投手)関西創価中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 横川史学

    横川史学から見た野間口貴彦野間口貴彦

    常総学院高等学校へ進学後は、2001年の第73回選抜高等学校野球大会で全国優勝、全試合とも「7番・一塁手」で出場した。準決勝では野間口貴彦(関西創価高等学校)から決勝打放っている。同年夏の第83回全国高等学校野球選手権大会では2回戦で4番・一塁手で出場し、徐々に頭角を現す。2002年の第84回全国高等学校野球選手権大会3回戦では森岡良介・筧裕次郎を擁する明徳義塾中学校・高等学校と対戦し、6対7で惜敗したものの、3番(明徳戦では4番)・三塁手で先発出場を果たした。高校通算27本塁打。横川史学 フレッシュアイペディアより)

  • 前田智徳

    前田智徳から見た野間口貴彦野間口貴彦

    300二塁打:2005年10月4日、対読売ジャイアンツ21回戦(東京ドーム)、5回表に野間口貴彦から右翼線二塁打 ※史上44人目前田智徳 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の野球

    2004年の野球から見た野間口貴彦野間口貴彦

    7月19日 - 社会人選抜チーム対大学選抜チームの試合がジャイアンツ球場で行われ、1-1で引き分けた。共にドラフト候補のシダックスの野間口貴彦と明治大学の一場靖弘の投げ合いも実現した。2004年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 東野峻

    東野峻から見た野間口貴彦野間口貴彦

    オープン戦で先発として活躍、野間口貴彦、門倉健と先発6番手を争うものの、最終登板で結果を残せず開幕二軍となった。二軍では7試合に登板し1勝4敗、39回を投げ36奪三振、防御率は3.00だった。シーズン途中から一軍に帯同し、中継ぎで実績を積む。9月17日の横浜ベイスターズ戦でプロ入り初先発。そして6回を投げ2安打7奪三振2四球2失点(自責点2)でプロ入り初勝利を達成。9月23日の広島東洋カープ戦の延長12回裏に登板して18球を投げ、翌24日の広島戦に連投で先発マウンドに上がり、6安打9奪三振2四球2失点(自責点2)の成績でプロ初完投を記録するなど活躍した。11月17日、来シーズンからの背番号を17に変更することを発表。12月には磯山さやかと共に地元鉾田市から初代「鉾田大使」に任命された。東野峻 フレッシュアイペディアより)

  • 中村一生

    中村一生から見た野間口貴彦野間口貴彦

    初盗塁:2010年8月17日、対読売ジャイアンツ16回戦(ナゴヤドーム)、7回裏に二盗(投手:野間口貴彦、捕手:鶴岡一成)中村一生 フレッシュアイペディアより)

  • 能見篤史

    能見篤史から見た野間口貴彦野間口貴彦

    高校卒業後は社会人野球の大阪ガスに入社したが、故障が多く、熱心な大阪ガスのファンですらほとんど姿を見ることができず「幻の投手」とまで呼ばれた。後に本人は「5年目までやってダメだったら引退して社業に就くことを真剣に考えていた」と当時を振り返っている。から少しずつ登板数を増やし、同年11月の社会人野球日本選手権大会決勝戦では日産自動車と対戦するが、延長11回に伊藤祐樹にサヨナラ適時打を打たれ準優勝に終わる。は後にプロでチームメイトとなる渡辺亮、久保康友らと共に第22回ハーレムベースボールウィーク日本代表に選出され、その後の日本選手権では野村克也監督率いるシダックス戦で野間口貴彦と投げ合い勝利、JFE西日本との決勝戦では3番手としてリリーフ登板したが、延長15回に決勝ソロ本塁打を打たれ、2年連続準優勝となった。同年秋のドラフトで阪神に自由枠で入団。能見篤史 フレッシュアイペディアより)

  • 5月31日

    5月31日から見た野間口貴彦野間口貴彦

    1983年 - 野間口貴彦、プロ野球選手5月31日 フレッシュアイペディアより)

  • シダックス野球部

    シダックス野球部から見た野間口貴彦野間口貴彦

    野間口貴彦投手(2004年読売ジャイアンツ自由獲得枠)シダックス野球部 フレッシュアイペディアより)

40件中 21 - 30件表示

「野間口貴彦」のニューストピックワード